すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

赤いろうそくと人魚」 みんなの声

赤いろうそくと人魚 作:小川 未明
絵:堀内 誠一
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,165+税
発行日:1982年04月
ISBN:9784251063014
評価スコア 4
評価ランキング 23,130
みんなの声 総数 1
「赤いろうそくと人魚」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 堀内誠一さんが描く小川未明の世界

    『赤いろうそくと人魚』といえば小川未明。子どもの頃によく読んだ短編です。

    堀内誠一で検索していたら、堀内さんの描く『赤いろうそくと人魚』という小川未明短編集を発見して見たくなりました。

    どことなく人魚の絵が、竹久夢二を彷彿とさせるものがあります。中の挿絵も大正ロマン風。

    何となく堀内さんの挿絵というと洋物が多い感じだったのですが、もこのような和物の世界もあること、そしてまた作風が作品によって違うことを再確認して、やっぱり堀内さんってすごいと思ったのでした。

    堀内さんというと洋物という思いがするのは、すっきりと晴れた空のような明るい作風のものが堀内さんの本には多いからだと思います。

    小川未明が作品を描いた時代の陰りのようなもの、時代性がこの本を読んでいると蘇ってくるような気がしました。

    掲載日:2011/10/12

    参考になりました
    感謝
    0

1件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!


どんな子の口もあーん!はみがきれっしゃがやってくる

みんなの声(1人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット