だれのあしあと だれのあしあと だれのあしあとの試し読みができます!
作・絵: accototo ふくだとしお+あきこ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
雪のうえにのこったあしあと、さあ、だれの? あてっこ遊びができる絵本!

用寛さん」 みんなの声

用寛さん 作:杉山 亮
絵:藤本 ともひこ
出版社:フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1994年
ISBN:9784577009482
評価スコア 4.17
評価ランキング 16,696
みんなの声 総数 5
「用寛さん」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • おはなしめいろ

    • 金のりんごさん
    • 40代
    • ママ
    • 神奈川県
    • 女の子11歳、男の子8歳、男の子5歳

    用寛さんというお坊さんの冒険を「おはなしめいろ」で書いたおはなし。字を読みながら迷路を進み、分かれ道で間違った方に行くと、とんでもないお話になってしまいます。
    迷路が楽しめる上に、おはなしそのものも面白い。さらに、その間違ったお話も面白い。まさに二倍も三倍も楽しめる優れものです。
    おはなしの他に、しりとり迷路(これもスゴイ!)などのお楽しみもあります。
    我が家の長男が幼稚園時代からかぶりつきで、2年生になった今でも繰り返し読んで(遊んで?)います。
    迷路好きな子どもには、ぜひぜひお薦めしたい本です。

    続編にさらにパワーアップした『用寛さん 旅にでる』『用寛さん 空をとぶ』があります。

    掲載日:2005/10/13

    参考になりました
    感謝
    1
  • うわさどうり食らいつきです

    小学校の学級文庫用に購入しました。
    本はミッケよりひとまわり大きくてビックリしましたが,その分見やすいかな。
    噂どおり本の周りに子どもたちが集まりああでもないこうでもないと頭をつき合わせて読んでいます。本一冊でこんなに集中するとは。一丸となるとは。ミッケシリーズもおいていますが今は用寛さんが順番待ちです。迷路の道にお話が書いてあるので進む道が変わるとお話も変わります。だから何度読んでも新しい。
    きっと家にあったらねっころがって読むだろうな。うちの息子がもう少し大きくなったら家にも買おうと思います。本1冊でコミュニケーション・スキンシップがとれます。

    掲載日:2008/09/14

    参考になりました
    感謝
    0
  • 行き止まりも楽しい

    作者の杉山亮さんが書かれているおはなしめいろ『そんごくう』があまりにも面白かったので、
    同じようなシリーズのこちらも手にとってみました!
    おはなしが迷路をたどっていくことに進むのですが、
    違う道を行くと面白いお話ができあがっちゃいます。
    迷路は間違っているので、お話も終わっちゃうのですが、
    その間違いがなんとも面白く、
    息子はわざと間違えたりしながら楽しんでいます。
    読みながら楽しめる新しいタイプの絵本の1冊ではないかと思います。

    こちらは迷路の種類も色々あって、迷路好きのお子さんにはもってこいだと思いますよ!
    でもうちの子は、『そんごくう』の方がお話的にしっていたせいかそっちの方が気に入っていたようです。

    掲載日:2008/01/12

    参考になりました
    感謝
    0
  • ありゃ!また行き止まり

    • たれ耳ウサギさん
    • 40代
    • ママ
    • 群馬県
    • 女の子16歳、女の子14歳、女の子12歳

    ようかんさん? 
    あぁ、あの子供好きのお坊さんね。
    でも、何かちがうような気がする。
    ん〜〜〜それって「りょうかんさん」じゃない!!

    でも、ようかんさんもやっぱり、ユニークなお坊さん。
    冒険や旅が大好き。

    でも、この本、読むのが大変。
    だって、物語が迷路になっているんですもの。
    何度読んでも途中で行き止まりになり、その度に全然ちがう
    お話が出来上がる。
    ちょっといらつく、けどおもいろいよぉ。
    このお坊さん。

    掲載日:2007/10/11

    参考になりました
    感謝
    0
  • 迷路絵本

    • ぐるんまさん
    • 30代
    • ママ
    • 和歌山県
    • 女の子7歳、男の子1歳

     ナビで見て気になったので借りてきました。
    文字をたどりながら迷路を進むとストーリーが進んでいくという、変わった迷路絵本?でした。
    進む道によって、いろんなお話が楽しめます。
     読むというより楽しむ絵本かな。

    掲載日:2006/11/21

    参考になりました
    感謝
    0

5件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

どうぞのいす / はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / もこ もこもこ / てぶくろ / そらまめくんのベッド / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • クリスマスのほし
    クリスマスのほし
     出版社:国土社 国土社の特集ページがあります!
    クリスマスのプレゼントに!森の仲間たちとトナカイのトニーの素敵なクリスマスのおはなし。


『おやすみ、ロジャー 朗読CDブック』本屋さんインタビュー&体験レポート

みんなの声(5人)

絵本の評価(4.17)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット