宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

ぐるんまさんの公開ページ

ぐるんまさんのプロフィール

ママ・30代・和歌山県、女9歳 男3歳

自己紹介
 娘7才、息子1才8ヶ月です。
 娘が小さい頃は読み聞かせブーム?検診や育児本などで『読み聞かせは子供にいい』と盛んに言われていた事もあって、読んでやらなきゃ的に毎日読みながら娘共々絵本好きになっていきましたね〜
 絵本屋さんでの紹介冊子や配本サービスのチラシや新聞や雑誌から、おすすめ絵本を調べたりしていました。
 古本屋で、たまたま、ほ○ぷさんの配本の古本がどさっと出た時に出くわし、大量にまとめ買い。この時に有名と言われる本はだいぶ揃いました。
今では300冊位あると思います。
 絵本を買い始めた時期は、赤ちゃん向けの絵本とかはこんなに少ないページ数で単純な展開でいい値段するよなあ・・・と思っていましたが・・・(ごめんなさい。)今では、読みつがれている絵本は本当に値段に見合うものだと思います!!親子ともにその一時一時の喜び、後々に心に残っていくもの、じゅうぶんじゅうぶんもとはとりますよね!!
 古本屋さん大好きですが、娘が読んでみて手元におきたいと欲しがった本は新しくても買ってます(笑)

  
好きなもの
古本屋、本屋、図書館、ショッピングセンター、公園
ひとこと
 新聞で絵本ナビの事を知ってから毎日のように見てます。(今まで知らなくて損してたなあ・・・)皆さんの感想を読んで借りてみよってメモしたり、特集からも借りたい本をメモ。本当に役だってます。
 娘のために、読み応えのあるようなちょっと長めの童話とかのおすすめも教えてもらえたら嬉しいです。楽しみにしてます。
 自分の思ったことを文章にするのって本当に難しいです。娘と息子と私が読んでおすすめだよっって思うことを書いていきたいなあと思います。






ぐるんまさんの声

100件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい おもしろい!  掲載日:2006/12/9
がたごと がたごと
がたごと がたごと 作: 内田 麟太郎
絵: 西村 繁男

出版社: 童心社
 下の子が図書館に行ったとき、自分で持ってきました。
その時は表紙だけ見て、「電車の本やん。やっぱり好きやなあ。」と思って借りてきました。
 家で読んでみると、のどかな町をがたごとがたごと電車がいきますーみたいな感じを想像していたので「なにこれ〜おもしろい!」とビックリ。
 がたごとがたごと汽車にゆられているうちに、動物やお化け?妖怪?江戸時代?の人々が出てきて!何事もなかったかのようにぞろぞろぞろぞろ降りていきます。
 私が最初一回読んだときは「色々降りてきたわー」って思っただけで、前に出てきた人が変身したんだって事に気づかず・・・娘に教えられました(>o<)「洋服や持ってるもん一緒やん」って
 娘はページを何度も前後にペラペラめくって、「この人がこの人。この人は?どこ行ったん?」と長い間楽しんでいました。弟にも教えてあげていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな木がほしいね  掲載日:2006/12/9
おおきな きが ほしい
おおきな きが ほしい 作: 佐藤 さとる
絵: 村上 勉

出版社: 偕成社
 ナビで見て、図書館で借りてきました。
 『自分だけの秘密基地』は、子供にも、かつて子供だった大人にもあこがれの場所なんでしょうね。
娘は、「秘密基地なんよー」と言いながら、机の下や狭い隙間に入り込んで遊んだり、庭に段ボール箱を集めて遊んだりしています。
私も子供の頃、竹藪の中やおがくず置き場(今と違ってのどかでした・・・)とかを秘密基地にして遊んでたなあ・・・と懐かしく思い出されます。
 「あったらいいなあ、ほしいなあ、大きな大きな木・・・」から始まるかおるの想像に読み手もグイグイ引き込まれ、夢中で読んでいきます。
それはきっと読んでる方もあったらいいなあと思う事だからでしょうね。
 太くて大きな大きな木。春夏秋冬それぞれの楽しみ方ができて、とっても素敵な木ですよね。
木が本当に太く高く伸びゆく姿を、絵でも存分に物語ってくれています。見開きが縦になったりするところは、読み手も一緒に大きな木に登って行きそうです。 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ブヒブヒがかわいい  掲載日:2006/12/7
いえでだブヒブヒ
いえでだブヒブヒ 作・絵: 柳生 まち子
出版社: 福音館書店
 図書館で借りてきました。

 こぶたの兄弟。取り合いでけんかしたり、嫌いなものを食べなかったり、ちらかしたり・・・
どこの家でも繰り広げられている日常ですよね。
 お母さんのかみなりで、いえでだブヒブヒと出て行っちゃいます。ブヒブヒがかわいいです。
三人一緒だし心強いんでしょうね。
そんなに怒ってばっかりだったら、出て行っちゃうぞって思う子供心も分かります・・・冒険してみたい気持ちもあるだろうね。本当にされたら心配でしょうけど。
 いろんな家の子にしてもらいながらも、やっぱりお母さんのいる自分の家へ帰っていくのが安心できました。
 絵も細部まで凝っていて、いろいろ見つけて楽しめます。
裏表紙の地図もよかったです。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う 手伝って!チビねずくん  掲載日:2006/12/6
チビねずくんのあつーいいちにち
チビねずくんのあつーいいちにち 作: ダイアナ・ヘンドリー
絵: ジェーン・チャップマン
訳: くぼしまりお

出版社: ポプラ社
 チビねずくんシリーズだったので、借りてきました。
 あつーい一日。オオねずくんは一生懸命に忙しく動いているのに・・・比べてチビねずくんは遊んでばかり。
 「手伝ってよー」と言うオオねずくん。チビねずくんにはチビねずくんの”やること”があったようですが、先に手伝って二人で一緒にしたら、早く終わって二人でゆっくりできたのに〜チビねずくんったら・・・って思ってしまいました。
 絵は色彩豊かで明るくて素敵です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大きな大きな月でした  掲載日:2006/12/6
パパ、お月さまとって!
パパ、お月さまとって! 作・絵: エリック・カール
訳: もり ひさし

出版社: 偕成社
 以前から気になっていた本でしたが、読んだことがなくって、ナビで見るといいよ〜って感想が多かったので是非読みたくなり、借りてきました。
 お月さまとって!とせがむ娘にパパは長い長いはしごを持って実際に取りにでかけちゃう。本当になんて夢のあるお話でしょう。
 娘も大きな大きな月のページをじっと見入っていて釘付けでした。小さい頃は、夜に車窓から見える月に「いつもおつきさま、ついてきてる。」家に着くと「ついてきてわたしの家の近くでやすんでる。」って喜んでたなあ。その頃に、この本に出会っていたら、娘も「パパ、お月さまとって!」って言ったかなあ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 眠れない・・・夜に  掲載日:2006/12/6
チビねずくんのながーいよる
チビねずくんのながーいよる 作: ダイアナ・ヘンドリー
絵: ジェーン・チャップマン
訳: くぼしまりお

出版社: ポプラ社
 チビねずくんシリーズだったので、借りてきました。
 物音が気になって眠れない・・・いったん気になりだしたら色々考えちゃって、羊を数えてみても頭をからっぽにしてみても眠れない。娘も夜に布団に入ってから「ねむれない〜」ってよく言うので、チビねずくんの眠ろうといろいろやってみてるのに眠れない気持ちがよーくわかる様でした。大人でもそんな時ありますよねー
 狭くなるし寝るときはゆっくり寝たいよーって思う気持ちもわかるし、ぬくもりを感じながらだったら眠れるよ、安らぐよ〜って思う気持ちもわかります。
 部屋が明るくて温かい色調でとっても素敵です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クレリアにありがとうを伝えたい  掲載日:2006/12/3
クレリア えだのうえでおきたできごと
クレリア えだのうえでおきたできごと 作・絵: マイケル・グレイニエツ
訳: ほその あやこ

出版社: らんか社
 ナビで見て、図書館で借りてきました。
 クレリアが大きな木の長い枝でうーんと伸びて休んでいると、クモ、バッタ、テントウムシ、チョウ、コガネムシが次々に「やすませて」とやってきます。
クレリアは虫達に少しずつ、少しずつ場所を譲ってあげて…あれ??最後には姿が消えてなくなります…
手分けして探す虫達。ポスターも作って森中探します。
クレリアどこへ行ったの??
 私も最初に読んだときはビックリっ。娘もなんで消えちゃったの??どこへいったの?枝から落ちちゃったのかなあ、チョウチョになって飛んでいったのかなあとかいろいろ考えたようです。
 自己を犠牲にして他の虫達に枝を譲ってあげて、消えてしまったとは思いたくないですよね。縮み過ぎて風で飛ばされてしまったけど、またいい枝を見つけてゆっくり伸びて休んでるんだろうなあとか、蝶になって遠くへ飛んでいったのかなあとか思います。
クレリアに会ったら、クレリアのお陰でみんな素敵な夢を見ることができたよ。よかったね!ありがとう!って伝えたいですよね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 二人でいると暖かいね。  掲載日:2006/12/3
チビねずくんのクリスマス
チビねずくんのクリスマス 作: ダイアナ・ヘンドリー
絵: ジェーン・チャップマン
訳: くぼしまりお

出版社: ポプラ社
 図書館で借りてきました。
絵がとってもかわいいです!
 クリスマスの準備に忙しいチビねずくん。ヒイラギを探しに出かけます。
 お空がこわれたー、透明かいじゅうがつけてくるよー、水にはネズミかいじゅうがぁーと初めての経験に、驚いてびっくり、逃げ回るチビねずくん。
 怖くて不安な気持ちをオオねずくんが暖かく包み込みます。
お空が壊れたんじゃなくて雪だよ、透明かいじゅうじゃなくて自分の足跡だよ、水に映ったのは自分の姿だよ、とゆっくり諭すように教えてあげるオオねずくん。心が温かくなります。
 かわいい飾りを飾った暖かな部屋で、二人でサンタクロースを待ちます。本当に仲良しだね。二人でいると暖かいね。
サンタクロース、早くこないかなあ。
参考になりました。 0人

ふつうだと思う やってみたいな、ペット大会  掲載日:2006/12/3
1ねん1くみペット大会
1ねん1くみペット大会 作: アンドリュー・デイビス ダイナ・デイビス
絵: アンドリュー・デイビス ダイナ・デイビス
訳: おかせいこ

出版社: 岩崎書店
 娘が図書館で借りてきました。
1ねん1くみでは、飼っているペットを学校へ連れてきて、見せ合うペット大会を開くことになりました。
 娘は「みんないろいろ飼ってるんやなあ。飼いたいなあ。おもしろそうだなあ。クラスでもやってみたいよなあ。」といろいろ言ってました。
 クラスで一番小さくて一番おとなしい女の子のプーナンが連れてきたペットは・・・なんと6ぴきの大きなライオン!
お友達をライオンに乗せる手助けをしたりと積極的なプーナンのお陰で、みんなでライオンにのって遊んだり楽しい時間を過ごせました。
 ペット大会が終わった後のプーナン、言わなきゃいけないことは、はっきり言えるようになりました。よかったね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う そんなとき…の状況がおもしろい  掲載日:2006/12/3
そんなときなんていう?
そんなときなんていう? 作: セシル・ジョスリン
絵: モーリス・センダック
訳: たにかわ しゅんたろう

出版社: 岩波書店
 『くつがあったらなにをする?』と同じ作者かなと思ったら違いました。絵は一緒でセンダックです。(好きです。)
 ”若き紳士、淑女のための礼儀作法の本”と書かれています。
・・・が、
 紳士がみんなに赤ちゃん象をあげていたり、買い物をしてるとワニにぶつかったり、公爵夫人の屋敷の屋根に自家用機でつっこんで穴を開けちゃったり・・・と
「そんなとき・・・」の状況が、かなり特異で実際に起こりえず、参考にはならないけれど(笑)、そこがおもしろかったみたいです。
 その場、その場に応じて、きちんとした挨拶のできる子になって欲しいですよね。
参考になりました。 0人

100件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

ひゅ〜どろどろどろだらけ〜♪おばけ野菜がいっぱい!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット