あくたれラルフのクリスマス あくたれラルフのクリスマス
作: ジャック・ガントス 絵: ニコール・ルーベル 訳: こみや ゆう  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
わるい子は、プレゼントをもらえないのよ!
あんじゅじゅさん 40代・その他の方

確かに、あくたれ
「あくたれ」というなんだかパンチのある…

さとやまに はるがきた」 みんなの声

さとやまに はるがきた 作:松岡 達英
出版社:福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
本体価格:\390+税
発行日:2012年04月
評価スコア 4
評価ランキング 20,273
みんなの声 総数 2
「さとやまに はるがきた」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 春!

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子4歳、女の子2歳

    雪が解けて、花が虫が顔を出し、ああ春だ!と思える絵本です。
    リアルな絵でよかったです。
    私たちが住む場所は雪も滅多に積もらないところではありますが、同じ部分もあります。
    娘は水中の卵や桜に反応していました。桜はけっこう毎年いっしょに見ていますが、卵は見たことがないなー。さがせばあるかな?
    散歩等によって実際に季節を感じたくなります。

    掲載日:2015/12/10

    参考になりました
    感謝
    0
  • 春!

    松岡さんのアトリエは新潟県長岡市にあるそうです。
    この絵本はそんな松岡さんが暮らす土地の春の訪れが描かれているの
    ですが、私達が暮らす土地はお隣の長野県なので(たぶんわりと似て
    いると思うのです)、すごくよくわかりました。
    こんな風に雪がとけると、いっぺんに花が咲いて春が一気にやって
    くるのですよねえ。ただ、里山に住んでいるわけではないので
    こんな景色を見ようと思ったならば、お山に行かなければなりませんが。
    緻密に描かれたこの絵本を持ってお山に行けば、植物や虫達を観る助けに
    なりそうです。植物など、全く詳しくないので、かがくのともを携えて
    行きたいな。子どもの絵本なのでしょうが、大人にも役立っていいなあ
    って思います。

    付録にも書かれていましたが(この絵本は「月刊かがくのとも」です)
    里山の植物がどんどん減ってきているそうです。
    考えてみれば、そうですよね。里山自体も宅地開発なので減ってきて
    もいるでしょうから・・。ちょっと寂しい・・。

    掲載日:2012/07/06

    参考になりました
    感謝
    0

2件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

しろくまちゃんのほっとけーき / きんぎょがにげた / いないいないばあ / もこ もこもこ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



『いのちのはな』のぶみさん、窪田等さんインタビュー

みんなの声(2人)

絵本の評価(4)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット