だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

ティモシーとサラともりのようせい」 みんなの声

ティモシーとサラともりのようせい 作・絵:芭蕉みどり
出版社:ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
本体価格:\1,200+税
発行日:2005年08月
ISBN:9784591087138
評価スコア 4.22
評価ランキング 15,456
みんなの声 総数 8
「ティモシーとサラともりのようせい」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く

立場で選ぶ

並び替え

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
  • 切ないお話

    可愛い絵に魅かれて、私が選んで借りてきました。ふたごのこねずみティモシーとサラがお父さんとお母さんとキャンプへ。森で遊んでいると「森に住む妖精だ」という男の子と出会います。男の子は嘘をつくのですが、「もう来ないくせにまた来るというやつの方が嘘つきだ」と言うのです。なんだか切なくなりました。社交辞令でよくいう言葉ですが、子供には通じないもの。知らないうちに傷つけてることもあるんだろうなと自分自身考えさせられました。

    掲載日:2012/05/02

    参考になりました
    感謝
    0
  • 森の妖精

    『ティモシーとサラのパーティー』を持っていて娘はかわいいティモシーとサラが大好きで何回も読み返していました。シリーズ化されているとは知らず、今回図書館でこのシリーズを見つけた娘は大興奮でしていました(笑) お話もかわいいけれど、娘はなにより絵がお気に入りみたいです。
    キャンプや栗拾い、木登り、きれいな夜空をみること、娘はどれもこれも自分もやりたいらしく、楽しそういいなぁと思いをはせていました。森のようせいの気持ちの変化がキュンとさせます。

    掲載日:2011/12/09

    参考になりました
    感謝
    0
  • ティモシー

    ティモシーとサラが登場する絵本だったので選びました。仲の良い様子がひしひしと伝わってくる描き方が気に入りました。森の自然を家族で謳歌しているので私も真似したくなりました。両親が主人公達が思うままに自由にさせているので素晴しいと思いました。キャンプの魅力を感じられる絵本でした。ますますティモシーとサラの絵本が好きになりました。

    掲載日:2010/07/03

    参考になりました
    感謝
    0
  • 素直に信じる子供の気持ち♪

    ティモシーとサラのシリーズは親子で大好きです。

    このお話は、双子のこねずみ ティモシーとサラが家族で森にキャンプに行くのですが・・・


    そこで不思議な少年に出会います。森のようせいだと信じるティモシーとサラですが、3人は仲良く遊んでいるように思えますが、少年はどこかさみしげです。

    小さな子には少し理解が難しいかもしれませんが、絵もとってもかわいいし、最後に少年の気持ちがとても良く分かり納得です。

    無邪気で子供らしく、妖精を信じているティモシーとサラがかわいいです。やっぱり子供は現実ばかりではなく、夢を持っていてもらいたいとつくづく思いました。

    掲載日:2010/04/25

    参考になりました
    感謝
    0
  • 秋を満喫

    秋の穏やかな1日ティモシーとサラは家族でキャンプ場へ。
    森の秋を満喫しつつ楽しいキャンプの様子に
    まだキャンプ経験がない娘は羨ましそうに眺めています。
    ちょっと天邪鬼なもりのようせいに出会って
    甘酸っぱいような別れのシーンは
    深まり行く秋の雰囲気にとてもよく似合っています。
    ティモシーとサラの絵本には意識的に・・・でしょうか
    見開き1Pになんにも文章のないところがありますね。
    それがとてもいい効果になっているのか
    娘は勝手にセリフを付け加えていたりします。

    掲載日:2009/02/26

    参考になりました
    感謝
    0
  • またあおうね。

    キャンプにやってきたティモシーとサラ。
    いたずら好きの「もりのようせい」に出会います。

    もりのようせいのせつない気持ちがよく描かれています。
    正直このシリーズは絵が甘すぎてあまり好きではなかったのですが、とてもいいお話でした。

    簡単に「またくるね」とか「またね」と大人はいう。
    そういえば、私も大人のそんな言葉を信じて、ずーっと待っていたこともあったっけ。
    子供は言葉のまま信じるんですよね。
    ティモシーとサラの「またね」がどうか真実のものでありますように。
    最後のリボンを結んでいるシーンもよかったですが、
    もう一度再開するシーンがあってもよかったかな。

    でも2歳の息子にはちょっと話が長すぎたのか?
    いつも最後の数ページを読む前に「おしまい!」とされてしまいます。
    一番いいところなのに〜!

    掲載日:2007/03/20

    参考になりました
    感謝
    0
  • 深まりゆく秋にぴったり!

    • すずらんぷさん
    • 30代
    • ママ
    • 大阪府
    • 女の子11歳、女の子9歳

    おなじみのティモシーとサラのシリーズ。今回は森へのキャンプに出かけるお話しです。秋も深まった今の季節にぴったりの絵本でした。森の風景の描写がとても丁寧に美しく描かれていて、そこに溶け込むティモシーとサラがとてもかわいく描かれています。
    私もこのシリーズの絵は、「ちょっと甘すぎるかな?」と以前から感じていたのですが、この絵本に関しては、色調が落ち着いているからなのか、とてもお話しにマッチしていて良かったです。
    お話しもティモシーとサラと「もりのようせい」の交流が丁寧に描かれていて、もりのようせいの素直になれない気持ち、せっかく仲良くなってもみんなすぐに帰ってしまうことへの、寂しい気持ちがすごくよく伝わってきます。

    大きな木に上ったもりのようせいをティモシーとサラが見上げている絵がとても印象的。この絵本で秋を満喫して下さい。

    掲載日:2006/10/24

    参考になりました
    感謝
    0
  • よかったです

    子供が大好きな、ティモシーとサラのシリーズです。
    でも、母にはちょっと、かわいらしすぎるかな…と思っておりました。

    でも、このお話、よかったです。
    キャンプに出かけたティモシーとサラ。
    そこへ、もりのようせいと名乗る男の子が現れます。
    いろいろと二人に意地悪をしかける男の子。
    でも、彼がそんな行動に出るのには、わけがありました。

    アングルとか、色調で、男の子が感じている寂しさや悲しみが、ひしひしと伝わる絵です。

    正直、このシリーズの他のお話は、まっとうすぎて、大人には面白くないかも、と思っていましたが、
    今回は、そのまっすぐさに救われました。
    「またもりのようせいに会いにきます」と言ったおかあさんと、
    ようせいから貰ったガラス玉を大切に持っているサラ。
    本当に読んでいて嬉しかったです。

    最後のページ、木にサラのリボンを結んでいる男の子の絵も、よかったですね。

    掲載日:2006/04/10

    参考になりました
    感謝
    0

8件見つかりました

最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

この作品にレビューを投稿された方は、こんな作品にも投稿しています

はらぺこあおむし / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / おつきさまこんばんは / きんぎょがにげた / いないいないばあ / ぐるんぱのようちえん / もこ もこもこ / はじめてのおつかい / がたん ごとん がたん ごとん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!
  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『キッズペディア 地球館 生命の星のひみつ』 編集者 秋窪俊郎さんインタビュー

みんなの声(8人)

絵本の評価(4.22)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット