はずかしがりやの しろうさちゃん はずかしがりやの しろうさちゃん  はずかしがりやの しろうさちゃん の試し読みができます!
作・絵: 田島かおり  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
海辺の村のおばあちゃんの家ですごす夏休みのお話。はずかしがりやのこどもの気持ちを、丁寧な絵で描いた絵本。

こぎつねコンとこだぬきポン」 多夢さんの声

こぎつねコンとこだぬきポン 作:松野 正子
絵:二俣 英五郎
出版社:童心社 童心社の特集ページがあります!
本体価格:\1,500+税
発行日:1977年09月
ISBN:9784494012022
評価スコア 4.83
評価ランキング 135
みんなの声 総数 34
  • この絵本のレビューを書く
  • こどもっていいな。

    • 多夢さん
    • 50代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 女の子13歳

    表紙には、真っ赤な椿の花が咲いています。
    この椿の花を見ると、いつも子供のころを思い出します。
    私も小さい頃、椿の花びらなどで遊んでいましたから。

    つばきの花で遊んでいるのは、こぎつねコン。
    コンにはともだちがいません。

    ひとりかくれんぼして遊んでいるのは、こだぬきポン。
    ポンにはともだちがいません。

    「いっしょにあそぶ、ともだちいないかな。」

    コンとポンは、がけっぷちで、お互いむこうに見えるだれかさんを見つけます。

    「ともだちって、あの子のこと?」

    でも、お互いの親たちは、遊んではいけませんと怒ります。
    そして、コンの家でもポンの家でも、化け方の特訓が始まります。

    ある日、大嵐のせいで、がけに杉の木が倒れて橋のようにかかっているのに気が付きます。
    2匹は早速、一緒に遊びます。
    コンはたぬきに、ポンはきつねに化けくらべ。
    そして、お互いが入れ替わることになって・・・

    子どもは、誰だってともだちになれます。
    偏見で相手を判断しません。
    純粋で優しい子どもたちをみて、大人たちも心を変えます。
    理解がある親で良かったです。

    それにしても、怪我をしたとうさんきつねのために、
    コンに化けたポンが、お医者さんを呼びに、
    山ふたつ超えて走る姿は、感動しました。

    文字数が多くとても長いお話ですが、
    家族の対比の面白さや、コンとポンが友だちになれるかどうか、
    化け方の練習、ほんとは優しい親たち、などなど。
    最後まで飽きることなく読むことができると思います。

    コンとポン、ともだちになれて良かったです。
    お互いの親たちも、仲良くなれて良かったです。

    投稿日:2014/02/04

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「こぎつねコンとこだぬきポン」のみんなの声を見る

「こぎつねコンとこだぬきポン」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / はらぺこあおむし / もこ もこもこ / いないいないばあ / しろくまちゃんのほっとけーき / がたん ごとん がたん ごとん / ぐりとぐら / くだもの / ねないこ だれだ / おおきなかぶ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。


『ちかてつ もぐらごう』大森裕子さんインタビュー

みんなの声(34人)

絵本の評価(4.83)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット