しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

とかいのネズミと いなかのネズミ」 梨華さんの声

とかいのネズミと いなかのネズミ 作:ケイト・サマーズ
絵:マギー・ニーン
訳:まつかわ まゆみ
出版社:評論社 評論社の特集ページがあります!
本体価格:\1,300+税
発行日:1998年
ISBN:9784566006287
評価スコア 4.46
評価ランキング 9,072
みんなの声 総数 12
「とかいのネズミと いなかのネズミ」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 慣れた生活が1番?!

    • 梨華さん
    • 30代
    • その他の方
    • 北海道

    田舎で一生懸命に働き質素ながらも何不自由なく暮らすティリーと都会でお洒落で贅沢な暮しとはいえ、危険と隣り合わせのミリーは、お互いのお家へ遊びに行く事になりました。
    お洒落な生活は憧れてしまうけれど、ワタクシでしたらやはり、田舎のティリーの生活を選ぶと思います(^_^;)自分の身の回りの事だけでもしっかり維持し、安心して平和に暮らせる方が幸せに感じられます。時々は、都会も良いな〜なんて憧れてしまう事もあるでしょうが、ミリーのように身を削ってまでは・・・・・・(>_<)
    ミリーにとっは、当たり前の慣れた生活でしょうが、恐ろし過ぎます(>_<)
    ですが、育った環境なのでしょうね(o^_^o)誰だって、慣れた生活が良いに決まっておりますよね♪
    どちらかが良い、悪いとは言い切れないお話でございました(o^_^o)
    イラストがとても可愛らしく心温まる作品でございました♪

    投稿日:2006/07/31

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「とかいのネズミと いなかのネズミ」のみんなの声を見る

「とかいのネズミと いなかのネズミ」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / ぐりとぐら / わたしのワンピース / もこ もこもこ / いないいないばあ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / はじめてのおつかい / からすのパンやさん

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(12人)

絵本の評価(4.46)

何歳のお子さんに読んだ?


全ページためしよみ
年齢別絵本セット