いっしょにあそぼ しましまぐるぐる いっしょにあそぼ しましまぐるぐる
絵: かしわら あきお  出版社: 学研 学研の特集ページがあります!
0歳0カ月から!赤ちゃんもママも楽しい「しまぐる」は、プレゼントにピッタリです★

虎落笛」 てぃんくてぃんくさんの声

虎落笛 作:富安 陽子
絵:梶山 俊夫
出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
本体価格:\1,400+税
発行日:2002年12月
ISBN:9784251009340
評価スコア 4.25
評価ランキング 17,980
みんなの声 総数 3
「虎落笛」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 日本人の粋

    ある風の強い冬の日、男の子が凧をあげようと道をゆくと 「きょうの虎ぁでえかいぞー」と声がしました。
    周りを窺うと鉄砲を持った兵士が虎を狩っていました。その声がだんだん近くなり、藪が揺れます。
    冬に木々を揺らして吹き荒れる冷たい風を虎落笛(もがりぶえ)といいますが、その風が迫り来て少年を追い越してゆくまでを虎になぞらえて文章に起こした見事な作品。


    絵と文章が見事にマッチしていて、虎落笛を知らずに読んだ私にもそれが冬の強い風が鳴らす音なのだとすぐに理解できました。
    臨場感あふれる虎、そして去り際の虎(風)の言葉が作者らしくていい。なんだか冬の冷風が好きになりそう、そして楽しめそう。そんな季節の楽しみ方を子供にも贈りたい。そして引き継いでもらいたい。
    寒いだけでなんでもない風に こんな呼び名をつけてしまう日本人て、やっぱり粋だなぁ。

    投稿日:2006/04/14

    参考になりました
    感謝
    0

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「虎落笛」のみんなの声を見る

「虎落笛」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / もこ もこもこ / がたん ごとん がたん ごとん / おつきさまこんばんは / ぐりとぐら / だるまさんが

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…


ワクワクドキドキのつちのしたツアーにでかけよう

みんなの声(3人)

絵本の評価(4.25)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット