もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

生きとし生けるもの」 夏の雨さんの声

生きとし生けるもの 作・絵:M.B.ゴフスタイン
訳:谷川 俊太郎
出版社:ジー・シー
本体価格:\1,500+税
発行日:1990年05月
ISBN:9784915619304
評価スコア 4.43
評価ランキング 9,222
みんなの声 総数 6
「生きとし生けるもの」は現在購入できません
  • この絵本のレビューを書く
  • 悲しみのひとはけ 

     絵本編集者の末盛千枝子さんは、この絵本の作者ゴフスタインについて「どこかに悲しみの影があるというか、悲しみのひとはけが塗られているから」彼女の本が私たちの心を打つと言っています。
     「悲しみのひとはけ」というのは美しい言葉ですが、とても難しい言葉だとも思います。
     何故ならゴフスタインの絵本には特に悲しいことが描かれているわけではありません。
     むしろ「仕事」をテーマに描いている作家ですから、もっと強いものがあります。
     けれど、末盛さんの言うようにゴフスタインの作品には「悲しみのひとはけ」を感じます。
     
     それは何故か。
     おそらく私たちが生きるということの中に避けることのない「悲しみ」があるからではないでしょうか。
     私たちは必ず死を迎えます。そのことによる別れの「悲しみ」は誰にでもあります。
     ゴフスタインの絵本の大きなテーマである「仕事」もまた私たちが必ず受け持つ営みですし、ゆえにそこには「悲しみ」も生まれる。
     そのことを感じとって、末盛さんは「悲しみのひとはけ」と表現したのではないでしょか。

     原題が「NATURAL HISTORY」というこの作品はもっと広い世界を描いています。
     とても美しくて、「遠くからはとても平和に見える」私たちの星。けれど、そこでは人々が殺しあったり自然を壊したりしている。
     「豊かさをわかちあおうと」生まれてきたはずなのに。
     そして、ゴフスタインはこう強いメッセージを出しています。
     「すべての命を苦しみと恐れから守るのだ!」。
     谷川俊太郎さんの訳がゴフスタインと共鳴し合う瞬間といっていい。

    投稿日:2018/12/09

    参考になりました
    感謝
    1

※参考になりましたボタンのご利用にはメンバー登録が必要です。

さらに「生きとし生けるもの」のみんなの声を見る

「生きとし生けるもの」にみんなの声を投稿された方は、こんな絵本にも投稿しています

はらぺこあおむし / からすのパンやさん / もこ もこもこ / ぐりとぐら / きんぎょがにげた / しろくまちゃんのほっとけーき / おつきさまこんばんは / じゃあじゃあびりびり / 100万回生きたねこ / すてきな三にんぐみ

絵本の人気検索キーワード

ぐりとぐら /  はらぺこあおむし /  バムとケロ /  こびとづかん /  はじめてのおつかい /  そらまめくん /  谷川俊太郎 /  ちいさなちいさな王様 /  いないいないばあ /  いやいやえん /  スイミー /  飛び出す絵本

出版社おすすめ



大自然の中に遊びにいこう!米国で人気のシリーズ第四弾

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43)


全ページためしよみ
年齢別絵本セット