アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵 アンダーアース・アンダーウォーター 地中・水中図絵の試し読みができます!
作: アレクサンドラ・ミジェリンスカ ダニエル・ミジェリンスキ 編: 徳間書店児童書編集部  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 誰のおうち?  掲載日:2017/5/16
バナナをもって
バナナをもって 作: 浦中 こういち
出版社: クレヨンハウス
あそび作家の浦中こういちさんの作品。
ということで、劇場的な展開となっています。
男の子が、バナナを持ってさるくんのおうちを探す趣向です。
いろいろなおうちの扉をノックして、違う動物たちが出てきてしまうのですね。
出てくる動物たちが、迫力満点で、盛り上がりそうです。
でもみんな親切そうで、安心です。
バナナというアイテムが親しみやすくていいですね。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 夏の星座を家族で観測  掲載日:2017/5/15
夜空をみあげよう
夜空をみあげよう 文: 松村 由利子
絵: ジョン・シェリー
監修: 渡部 潤一

出版社: 福音館書店
家族で星について語り、観測するストーリーです。
ベランダでの観察から、屋上、さらにはキャンプ場へと、
両親の解説で学び、実際に流れ星を観測するなんて、素敵でしょう?
観測に必要なグッズもちゃんと紹介されています。
国際宇宙ステーションも盛り込まれているのもうれしいです。
なんて素敵な学びでしょう。
星への興味がぐんと増しそうな気がします。
小学生くらいから、星の学習のお友にも。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パンを作る楽しさ  掲載日:2017/5/15
ぼくのぱん わたしのぱん
ぼくのぱん わたしのぱん 作: 神沢 利子
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
題名が魅力的です。
そう、自分たちで作るパンということですね。
イーストで発酵させて、こねて、オーブンで焼く、と、
工程は本格的です。
生地が膨らむさまなど、子どもにとってワクワクする工程がいいですね。
成形のところは、日頃粘土で鍛えた子どもの方が上手だと思います。
作業場にさりげなく時計があり、時間の経過も感じ取れるところは、さすがです。
もちろん、焼き上がったパンはとてもおいしそうです。
林明子さんの描く子ども像が、生き生きしていてキュートです。
分量とかは記載がなく、どちらかというと工程をじっくり観察することに力点が置かれています。
そう、料理も一種の科学です。
幼稚園児くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大体数えるコツ  掲載日:2017/5/15
だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう
だいたいいくつ? 数えてみよう・はかってみよう 作: ブルース・ゴールドストーン
訳: まつむら ゆりこ

出版社: 福音館書店
大体数えるコツ、興味深い視点です。
表紙から圧倒されますね。
アヒルのおもちゃを5時間かけて1100羽並べたんですって。
要は小さな一部分を数えて、掛け算でとらえる、なんですね。
測り方だと、基準の物と比較して推測するのです。
頭の回転の遅い私には、やや難易度が高かったですが、この視点大切だと思います。
でも、見るものすべてが数える対象になる感覚は面白いです。
掛け算の要素が必須なので、小学校高学年くらいからでしょうか。
大人も頭の体操にいいと思います。
願わくは、全ての解答があればよかったのですが、少し無理なお願いかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい かぞえられちゃった  掲載日:2017/5/15
10までかぞえられるこやぎ
10までかぞえられるこやぎ 作: アルフ・プリョイセン
絵: 林 明子
訳: 山内 清子

出版社: 福音館書店
ノルウェーの作家さんによる作品に、林明子さんが絵を添えています。
ということで、北欧民話テイストを感じます。
題名の「10」には「とお」と振り仮名があります。
そう、これは数の世界でもあるのですね。
10まで数えられるようになったこやぎは、早速いろいろな物を数えるのです。
ところが、出会った動物たちには数がわかりません。
ということで、「かぞえられちゃった」と騒動になる展開です。
民話のように、次々と繰り返されるシーンがスリリングでもあり、愉快です。
そのハラハラも頂点に達したところで、「数える」ことの意外な効用が明らかになります。
そう、数が数えられることって、素晴らしいのです!
数の楽しさを体感してもらえると思います。
小学校のおはなし会で読みます。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい あめふりの日に  掲載日:2017/5/15
はっぱのおうち
はっぱのおうち 作: 征矢 清
絵: 林 明子

出版社: 福音館書店
シンプルですが、奥深い味わいがある作品だと思います。
庭で遊んでいたさちは、雨が降ってきたので、葉っぱのおうちで雨宿りするのです。
そこで、いろいろな虫たちと出会うのですね。
幼児らしい、あるあるの世界でしょうか。
もちろん、虫たちがしゃべったりはしませんが、
語りかけると、なんとなく反応が返ってくるようです。
雨の様子や、さりげなく佇むカタツムリも見所です。
ラストの展開はやはり素敵です。
本当のおうちがあってこその、はっぱのおうち。
あめふりの頃に読んであげたいです。
好奇心旺盛な幼稚園児に。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う パパと一緒に盛り上がる!?  掲載日:2017/5/10
ふわふわでんしゃ
ふわふわでんしゃ 絵: 小坂タイチ
出版社: 交通新聞社
パパとよむわくわくえほん。
なるほど、電車ならパパも盛り上がりそうですね。
いろいろな風船を、しゅっしゅっしゅっと膨らませ、何になるのかをワクワクする趣向です。
出来上がるのが、電車関連アイテムという訳です。
新幹線、ドクターイエロー、と、やや高度で無理もありますが、
まあ、電車ということで、ご愛嬌でしょうか。
読み聞かせ初心者のパパ向けに、読み方の手ほどきもありますよ。
これは強い味方ですね。
いろいろ遊べそうです。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 哀愁  掲載日:2017/5/2
おやゆびひめ
おやゆびひめ 作: ハンス・クリスチャン・アンデルセン
絵: リスベート・ツヴェルガー
訳: 江國 香織

出版社: BL出版
有名なアンデルセン童話の一つですね。
江國香織さんが丁寧に訳してくださっています。
繊細で哀愁を感じさせる、何とも言えない絵を、ツヴェルガーさんが添えます。
そう、おやゆびひめには次々と困難が立ちはだかるのです。
次々と誘拐され、飢え凍えそうになったり、
ヒキガエルやモグラのお嫁さんにされそうになったり。
懸命に生きる姿は、植物から生まれてきたことに通づるようにも感じました。
だからでしょうか、ツヴェルガーさんが描くおやゆびひめの造形は、
芯の強いハイティーン。
ハッピーエンドですが、明るい色調で終わるのでなく、
あくまで、おやゆびひめの、内面の成長を垣間見る印象でした。
小学校中学年以上くらいからの方が、より深く味わえると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 滝登り  掲載日:2017/5/2
こいのぼりぐんぐんこどもの日!
こいのぼりぐんぐんこどもの日! 作: ますだ ゆうこ
絵: たちもと みちこ

出版社: 文溪堂
こどもの日のアイテムがまんべんなく盛り込まれ、豆知識もうれしい作品です。
病気がちなたつやは、こいのぼりのアオと仲良くなり、滝登りを目撃するのですね。
このシーンは迫力満点!
これはなかなか素敵なエールです。
柏餅に見立てた雲で腹ごしらえって、見事すぎます。
端午の節句、柏餅やちまきなど、子どもの日アイテムについても詳しく解説してあるので、
大人も勉強になります。
五月の風を感じるさわやかな読後感です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 環境学習に  掲載日:2017/5/1
ペンギンかぞくのおひっこし
ペンギンかぞくのおひっこし 作: 刀根 里衣
出版社: 小学館
ペンギンたちの目を通して、地球温暖化・温室効果ガスについて考えさせてくれる作品です。
昨年小学校のブックトークで環境学習を担当しただけに、
興味深く読ませていただきました。
地球温暖化でよく取り上げられる、氷が溶けることによって、住みかを無くしたペンギンたちの旅です。
でも、どこへ行っても、心地よい場所がなく、地球に愛想をつかすのです。
でも、お月さまから見た地球は、やはり、美しい!
だからこそ、何かできることをやってみようという気になりますね。
シンプルなストーリーですので、環境学習入門としても使えそうです。
このイメージ、大切だと思います。
参考になりました。 0人

4660件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『こどものアトリエ』西巻茅子さんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット