すうじかるた 100かいだてのいえ すうじかるた 100かいだてのいえ
作: いわい としお  出版社: 偕成社 偕成社の特集ページがあります!
かるた以外の遊び方もたくさん! 絵本から生まれたあたらしいかるた
りおらんらんさん 30代・ママ

買ってよかったです
100かいだてシリーズ。子供たちが大好…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5015件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい アートなアルファベット  掲載日:2018/5/14
ABCの本
ABCの本 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
へそまがりのアルファベット、と副題がありますが、
まさにその通りです。
あとがきによると、安野光雅さんが木製のアルファベットをデザインしたところに、
名編集者松居直さんがさらに昇華させ、作品が出来上がったようですね。
そもそも、この木製アルファベットが芸術です。
まずは、木目が美しいです。
そして、安野光雅さんらしいだまし絵などを潜ませつつ、
空間の歪みをもろともせず、ちゃんとそこに直立しているのです。
もちろん、その頭文字の物が提示されますが、それもまた、アート。
周りの植物文様の中にもほら、たくさん隠れていますね。
巻末にすべてのアイテムワードが添えられていますが、
日本語訳が無いので、ここは自分で調べましょう。
じっくり鑑賞したい作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょうちょ  掲載日:2018/5/14
紙芝居 いもむし ころころ
紙芝居 いもむし ころころ 脚本: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
かわいいいもむしが主人公です。
こんな造形なら、虫が苦手な子も大丈夫ですね。
さっそく登場するのが、大きいいもむしのウンチ!
これはなかなか衝撃的ですね。
そして、大きいいもむしと面白い遊びに発展します。
ラストは華やかですね。
いもむしが眠ってちょうちょうになる、と科学紙芝居の一面もあります。
やはり春先に演じたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なブックポスト  掲載日:2018/5/11
としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!
としょかんへ  ぴょん! ぴょん! ぴょん! 文: アニー・シルヴェストロ
絵: タチアナ・マイ=ウィス
訳: 福本 友美子

出版社: 絵本塾出版
原題は『Bunny’s Book Club』。
本文を読んでいて、私だったら、題名は、
絵に描かれた「Bunny’s Book Club」だなあ、と思っていただけに、
原題を確認して、嬉しかったです。
もちろん、福本友美子さんの意訳も、これはこれで味わいがあります。
本の大好きなうさぎが主人公。
そのきっかけが、図書館の外でのおはなし会というから、いいですね。
ところが、夏が終わって、館内のおはなし会となり、
図書館に入れないうさぎのとった行動がすごいです。
夜間、ブックポストから図書館に忍び込むとは!
さらに、つられて動物たちも、という展開が愉快です。
もちろん、気づいた図書館員さんの対応も素晴らしいです。
図書館の決まりについても、学ぶことができますね。
なにより、読書の楽しさいっぱいで幸せ気分でした。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かにハッピー  掲載日:2018/5/11
ハッピーハンター
ハッピーハンター 作: ロジャー・デュボアザン
訳: 安藤 紀子

出版社: ロクリン社
『The Happy Hunter』が原題。
森の外れに住むボビンさんは、家の前を通るハンターたちの姿を見て、
真似してみることにするのですね。
本格的な狩りの装備のボビンさんですが、どうも、射撃する様子がありません。
銃を構えて咳をしたりくしゃみをしたり、
出会った動物たちとの交流を楽しんでいるようですね。
動物たちもそんな様子を察しているようで、ラストの光景がほのぼのです。
そう、ゆったり流れる、デュボアザンの世界。
確かにハッピーです。
繰り返しが心地よい展開です。
滋味深い味わいは、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ナイト・ミュージアムを体感  掲載日:2018/5/10
はくぶつかんのよる
はくぶつかんのよる 文・絵: イザベル・シムレール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩波書店
『あおのじかん』の作者による作品。
博物館の夜、展示物が動き出す、幻想的なストーリーです。
先導役の黄色いチョウが、夜の博物館に映えます。
化石、骨格標本、はく製、鉱石、隕石、道具や置物など、
一見古風ですが、こんな空間ならその魅力が輝いているようです。
フランスにあるコンフリュアンス博物館がモデルだとか。
小学校のおはなし会で読みました。
地味なアイテムばかりなので、退屈するかも、と危惧していましたが、
子どもたちは意外に興味津々。
物知りな子もいて、大いに盛り上がりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物愛護センターの存在  掲載日:2018/5/10
のら犬 ボン
のら犬 ボン 作: たじまゆきひこ
出版社: くもん出版
田島征彦さんが、淡路島の野良犬や動物愛護センターのことを取材して描いた作品だそうですね。
野太い絵が重厚です。
としおが拾ってきた子犬は、家族に迎えられ、幸せに飼われていたのですが、
とうさんが東京転勤となり、家族全員で引越しすることに。
ボンと名付けられた犬は、とうさんが預けると嘘をついて捨てられてしまうのですね。
ボンは野良犬と一緒に過ごしますが、交通事故にあい、大けがしたうえ、
動物愛護センターに引き取られます。
ボンの数奇な運命が切ないです。
後半、戻って来た家族との再会も、いろいろと考えさせられます。
野良犬の現状、動物愛護センターの職員の思い、動物を飼うことについて、
深く考えさせてくれます。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う おなら音  掲載日:2018/5/10
けむしのおなら
けむしのおなら 作: 松村 正希
出版社: 京都新聞出版センター
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
なかなかインパクトのある題名です。
興味をそそられた所で、まずはいろいろな動物のおならが登場します。
赤ちゃんから始まって、だんだん大きくなる登場動物、そして絶妙な音。
その音が大きさも一つの絵として楽しめます。
もう、インスピレーションで読んでみましょう。
もちろん、子どもたちは純粋に楽しんでいましたよ。
スケールが大きくなったところで、けむし。
さあ、最大の謎は、しかし、明かされないまま!?
何だか人生の宿題を与えられた気分です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働く車のことがよくわかる  掲載日:2018/5/10
こうじのくるま
こうじのくるま 作: コヨセ・ジュンジ
出版社: WAVE出版
働く車といえば、おたすけこびとシリーズが印象的ですが、
そのコヨセジュンジさんによる、本格的なクオリティの解説本。
それぞれのパーツの解説など、図鑑さながらの内容です。
このあたりは大人も読みごたえがあると思います。
犬のキャラクターたちが添えられているので、親しみがあります。
ちょっとした息抜きクイズのページもあり、
まさしく絵本としても楽しめる、優れものです。
大きさなどは、キリンやゾウ何頭分くらいかの表記もあり、
子どもたちの理解に寄り添ってくれます。
全てひらがな・カタカナ表記というのもうれしいですね。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 人々の思い  掲載日:2018/5/6
「和」の行事えほん2 秋と冬の巻
「和」の行事えほん2 秋と冬の巻 作・絵: 野 紀子
出版社: あすなろ書房
「和」の行事の秋冬バージョンです。
こちらもかなり本格的です。
特に年末年始の行事も丁寧に扱ってあり、嬉しく思いました。
干支や七福神もありがたいです。
やはり、古来の人々の思いを感じずにはいられません。
もちろん、季節の草花、食べ物、気候の名称など、その豊かな世界を体感じました。
月の名称なども細かく解説してあり、驚きました。
春夏バージョンと合わせて、じっくりと読み込みたい作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 季節を大切に  掲載日:2018/5/6
「和」の行事えほん1 春と夏の巻
「和」の行事えほん1 春と夏の巻 作・絵: 高野 紀子
出版社: あすなろ書房
題名の通り、「和」の行事について、易しく解説してある作品です。
これは、春夏バージョン。
改めて読んでみると、大人の私ですら知らない知識もたくさんありますね。
日本人ですもの、せめて知っておくことも大切だと思います。
行事のみならず、旬のものや、気候についてなども、
そう、季節まるごと体感できそうです。
ナビゲーターのキャラクターは、親しみやすいけれど、控えめで、
程よい存在感に好感が持てました。
図鑑並みのボリュームですが、多すぎず、少なすぎずの塩梅がいいですね。
手元に置いて四季折々読み返したい作品だと思います。
参考になりました。 0人

5015件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

国際アンデルセン賞受賞記念 スペシャル対談 角野栄子さん×金柿秀幸

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット