キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4778件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 雪景色の中でも元気いっぱい  掲載日:2017/9/6
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ
かわうそ3きょうだいのふゆのあさ 作・絵: あべ 弘士
出版社: 小峰書店
あべ弘士さんが大好きなかわうそを描くのですが、その冬バージョン。
旭川の凄まじい寒さをよく語っておられたので、絵にもリアリティを感じます。
さて、カワウソ3きょうだい、今回は寒い冬を満喫します。
雪景色はもちろんのこと、凍った水面下に大きな魚発見!
もちろん、人懐っこい3きょうだいは、魚と戯れます。
そう、振り払われても、雪の上なら大丈夫!?
どうです、この、楽しそうな満足顔。
あべ弘士さんの分身のようにも感じました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ママの目は真ん丸  掲載日:2017/9/6
おさかなちゃんの できた!
おさかなちゃんの できた! 作・絵: ヒド・ファン・ヘネヒテン
文: 古藤 ゆず

出版社: 学研
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
おさかなちゃんの住む海の中が黒色で表現されています。
普通なら、かなり暗い印象なのですが、
きれいな色彩で展開するお話にスポットが当たるような効果で、絶妙です。
見返しの水の泡、「ぷくぷく」も是非音で楽しみたいものです。
おさかなちゃん、今日は石で積木をしているようです。
ところが、石が壊れたり、崩されたり。
それでも健気に頑張る姿がいとおしいです。
フォローしてくれる仲間と、「すごい!!」と言ってくれるママの存在が素敵です。
どうです、おさかなちゃんのこのドヤ顔!
子どもたちにも体験させてあげたいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 水辺の生きもの  掲載日:2017/9/6
キャベツをもって
キャベツをもって 作: 浦中 こういち
出版社: クレヨンハウス
『バナナをもって』の続編です。
女の子が、キャベツを持って、どうやら、かばくんを探している様子ですね。
ということで、水辺を探しますが、現れたのは、カエル、ブタ、カッパ!?
もちろん、ラストでは無事、かばくんに会えます。
シンプルな構成で、「かばくん あ・そ・ぼ」の繰り返しがいいですね。
クイズ風にも楽しめそうです。
かばくんが意外にキュートで、餌がキャベツというのも納得です。
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 故郷に帰る  掲載日:2017/9/6
マダム・ミャーゴのひみつのいえ
マダム・ミャーゴのひみつのいえ 作・絵: 青山 邦彦
出版社: フレーベル館
青山邦彦さんが「秘密の家」、となれば、素通りできませんね。
何やら賑やかな表紙絵に、期待感がアップします。
まちなかで逃げている奇妙な動物が主人公。
遠い国の森で捕獲され、ペットとして飼われていたハクビシンは、
森に帰りたいと思っていたところ、猫から隠れ家を教えてもらうのですね。
それが、表題の家。
何でも、珍しい動物たちがかくまわれている様子。
そして、ここでは、滞在の条件として、秘密の家を作るというミッションが与えられているのですね。
なんでも、マダム・ニャーゴの理想の家らしいのですが、
奇妙なのが興味をそそります。
そして後半、その理由が明らかになります。
ハムスターの回し車?のような装置が、なるほど!
そのアイデアにも拍手ですが、
マダム・ミャーゴのリーダーシップというか、みんなをその気にさせる手腕にも脱帽です。
人間の勝手でペットにされる野生動物の哀愁も感じました。
もちろん、精巧な建築物のクオリティにも満足です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う カケスの視点  掲載日:2017/9/6
ようこそ森へ
ようこそ森へ 作: 村上 康成
出版社: 徳間書店
森のカケスの視点から見た、キャンプにやって来た親子の様子を描きます。
木にぶら下がったりゆすったりするのをとがめたり、
森のいい所を自慢したり。
夜のたき火の明かり、満天の星など、その描写が圧巻です。
カケスだからこその、絶妙なアングルからの描写もすごいです。
じっくり絵を体感してほしいです。
夏のキャンプシーズンに読んであげたい作品。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわうそ夏バージョン  掲載日:2017/9/4
かわうそ3きょうだい とらのまき
かわうそ3きょうだい とらのまき 作: あべ 弘士
出版社: 小峰書店
あべ弘士さんお気に入りのカワウソ3きょうだいの夏バージョン。
相変わらず、愛嬌のあるカワウソたちにほっこりです。
森でいちばん強いのは誰か、ということで、トラを探しに行ったカワウソたち。
無邪気さですっかり気に入られて、トラと遊ぶ様子がほほえましいです。
何といっても、迫力あるトラの様子が圧巻です。
子どもたち受けするおしっこネタも豪快に。
その躍動感に、ただただ拍手!
脇役ですが、森の生き物たちの姿も要チェックです。
幼稚園児くらいから、生き物たちの躍動感を体感してほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 北国での実話がベース  掲載日:2017/8/31
手おけのふくろう
手おけのふくろう 文: ひらの のぶあき
絵: あべ 弘士

出版社: 福音館書店
動物写真家の作者が、北国での実話をベースに書いた作品です。
絵は、フクロウにも詳しい、あべ弘士さんですから、安心ですね。
民家の脇の桜の木で子育てをしていたフクロウ夫婦。
ところが、ある春の日、その桜の木が倒れていたのですね。
困ったフクロウ夫婦は、民家の軒先につるしてあった手おけを巣にすることにしたのです。
たまたま乾かそうとつるされていた手おけ。
木のうろと違って狭いですが、フクロウ夫婦は懸命に子育てするのですね。
もちろん、そのことに気付いた民家のおじいさんもそっと見守ります。
人と自然が共存する、里山ならではのエピソード。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 調べてみたい!  掲載日:2017/8/31
ダーウィンのミミズの研究
ダーウィンのミミズの研究 作: 新妻昭夫
絵: 杉田 比呂美

出版社: 福音館書店
科学の原動力は、調べてみたい!という好奇心。
そんな好奇心をくすぐられるのではないでしょうか。
筆者は動物学者です。
そんな筆者が読んだ、ダーウィンのミミズの研究の本の紹介と、
筆者のその後の行動、つまり二人の「調べたい!」を知ることができます。
ダーウィンと言えば、進化論で有名ですが、
実は、40年以上も、ミミズの研究をしていたのですね。
『ミミズの作用による肥沃土の形成とミミズの習性の観察』。
ダーウィンの実験は、仮説と証明の様子を実感できますね。
ミミズの糞を1年間全て拾うとか、何十年も定点観察で肥沃土を調べるって、
すごいです。
もちろん、そんな意気込みに呼応するかのように、
筆者の読後の行動にも拍手!です。
調べてみたい!の心に共感してもらえたらうれしいですね。
小学校高学年くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 時空を超え、無国籍(笑)  掲載日:2017/8/31
これはすいへいせん
これはすいへいせん 文: 谷川 俊太郎
絵: ツペラ ツペラ(tupera tupera)

出版社: 金の星社
谷川俊太郎さんのつみあげうたです。
有名な『これはのみのぴこ』の二番煎じか、と思いきや、
さらに進化している印象です。
まず、題名から。
すいへいせん、がポイント。
この線が、全編を貫いています。
それは、地平線であったり、机だったり。
また、ページ脇にインデックスがあります。
積み上がっていく様子が一目瞭然です。
さて、内容は、実に奇想天外、時空を超え、無国籍状態、
ここがツボでしょうか。
もちろん、谷川さんの創作ですが、ここに、ツペラツペラさんのスタイリッシュな絵が絡みます。
読み手はかなり大変ですが、しっかり発声練習して臨みましょう。
幼稚園児くらいから楽しめそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳を澄ませ、絵を感じる  掲載日:2017/8/31
よるのおと
よるのおと 作: たむら しげる
出版社: 偕成社
まず、しっかりと表紙の絵を感じてください。
夜の一軒家の前に広がる池、カエルやコイ、ホタル、フクロウやシカの気配。
男の子がこの一軒家に向かっている様子。
池の脇を通るわずかな時間に繰り広げられる、生き物たちの様子を描きます。
添えられるのは、控えめな擬音のみ。
耳を澄ませ、絵を感じる作品です。
あとがきを読むと、松尾芭蕉の「古池や 蛙飛びこむ 水の音」がモチーフだそう。
確かに、波紋のシーンは幻想的、いえ、宇宙的に感じます。
これはすごいです。
幼稚園児くらいから、体感してほしいです。
参考になりました。 0人

4778件中 11 〜 20件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

4つのコースをつなげて長〜い線路に!汽車が走るしかけ絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット