たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ たのしい かわいい きっとよろこぶメモでおりがみ
 出版社: サンリオ サンリオの特集ページがあります!
メモ&付箋96枚いり!おてがみがもっとたのしくなる折りてがみアイデアがいっぱい♪

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4602件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ブランコで遊び尽くす  掲載日:2017/2/28
ぶららんこ
ぶららんこ 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
そうそう、ブランコのこの浮遊感。
さあ、ブランコで遊び尽くす作品を楽しみましょう。
公園のブランコで遊んでいる女の子が体験した、ブランコの楽しみ方、でしょうか。
言葉遊びも兼ねているので、ブタやみつばちも登場という訳ですね。
ブランコの旅というのは、爽快です。
うーん、その気持ち、わかりますが、子どもならこんな冒険でもへっちゃらなんですね。
もちろん、あっぱれな着地に拍手!
ブランコ、乗ってみたくなりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豪快  掲載日:2017/2/28
す〜べりだい
す〜べりだい 作: 鈴木 のりたけ
出版社: PHP研究所
読書フォーラムで、島根県立大岩田英作先生に読んでいただきました。
さすが、男性が読んで下さるとその迫力もアップです。
題名と表紙の通り、豪快な滑り台が次々に登場しますよ。
もちろん、言葉遊び付きですから、音読するだけで、面白さもヒートアップするのはうれしいです。
たかが、滑り台?
されど、滑り台!
ここまで来ると、達人ものです。
やはり一押しは「す」「べ」「り」「だ」「い」の個々の滑り台。
完成度は高いです。
ファイナルは完璧です。
おはなし会では盛り上がりそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 少女おふく  掲載日:2017/2/22
おにはそと!ふくはうち!
おにはそと!ふくはうち! 文・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
いもとようこさんが描く日本むかしばなし。
なんと節分の由来に関するおはなしです。
再話の詳細が描かれていなかったのが残念ですが、
谷真介さん再話の伊豆地方の『鬼といりまめ』でしょうか。
日照りに困ったお母さんが、雨乞いの時につい口を滑らせて、
娘のおふくを鬼に差し出すことになったのですね。
でも大丈夫、お母さんの機転で、無事帰宅できたものの、
追いかけてきた鬼を追い払うアイテムが煎り豆という訳です。
確かに、この説を取れば、煎り豆ということに納得ですね。
少女おふくも、健気に逆境に打ち勝つ勇気があると思います。
いもとさんが添えた、ちょっとしたつぶやきもアクセント。
柔らかい絵も、雰囲気たっぷりです。
幼稚園児くらいからですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みかんが風邪ひき!?  掲載日:2017/2/22
はりきりみかん
はりきりみかん 作・絵: じゃんぼ かめ
出版社: 国土社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
みかんの子どものおはなしです。
元気いっぱいで遊ぶ子どもの姿そのものという所が、ほほえましいです。
もちろん、失敗もご愛嬌ですが、みかんが風邪ひき!?
ちょっと衝撃的ですが、ちゃんと言いつけを守って療養すれば、
ほら、大丈夫。
冬ならではの展開です。
お母さんの優しいまなざしにもジーンときました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 「こわい」の感覚  掲載日:2017/2/13
こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし
こわい、こわい、こわい? しりたがりネズミのおはなし 文: ラフィク・シャミ
絵: カトリーン・シェーラー
訳: 那須田 淳

出版社: 西村書店
ドイツの作家さんによる、「こわい」考、でしょうか。
子ネズミのミナは、お母さんネズミが体験したという「こわい」という感覚がわからないのですね。
そこで、知りたがりの性格のために、「こわい」を探しに行く趣向です。
確かに、「こわい」という感覚は経験値そのもの。
子どもにとっては未経験だとわかりにくい物なのですね。
この視点、子ども理解では実は大切だと思います。
さて、その探し物の旅は、ちょっととんちんかんで面白いですが、
ラストで大ヒット。
なるほど、子どもでもわかる本能でしょうか。
うーん、納得。
ちょっとおっかないあのお方が登場するので、怖がりのお子様には
読み手が先に下読みして吟味されると良いと思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夏野菜もゲスト出演(笑)  掲載日:2017/2/13
ふゆやさいのふゆやすみ
ふゆやさいのふゆやすみ 作: 林 木林
絵: 柿田ゆかり

出版社: ひかりのくに
『あきやさいの あきわっしょい!』の言葉遊びが愉快だったので、
こちらも読んでみました。
題名の通り、冬野菜たちがダジャレで冬休みを楽しむ趣向です。
相変わらず、苦しいダジャレも混じっていますが、ご愛嬌。
インドア派もアウトドア派も満足でしょうか。
なんと、夏野菜たちも、すごろくでゲスト出演。
これは見事です。
オチは何となく既視感がありましたが、温野菜のバリエーションには脱帽。
やっぱり、おいしそうなので、めでたしです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 死と向き合う  掲載日:2017/2/13
このあと どうしちゃおう
このあと どうしちゃおう 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
ヨシタケシンスケさんのユーモア哲学、なんと、死の考察です。
おじいちゃんの死後、遺品整理で出てきたノートには、
「このあとどうしちゃおう」というテーマで、死後の希望が描かれてあったのですね。
自分の死後の状態の予想などが、実に自由な発想で描かれています。
「ぼく」は、おじいちゃんの心理をも読み取りつつ、
自分も真似してみようと考えるのですね。
ラストのオチも、いつもながらのクオリティ。
子どもらしい受け止め方がとてもほほえましいですが、
しっかりと考えているところにはいたく感心しました。
さりげなく出てくるりんごは、ヨシタケ哲学の象徴でしょうか?
タブー視したくなる「死」について、ユーモアを交えてもしっかり考えさせてくれる作品です。
小学生くらいから大人まで、死と向き合うことができると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 命の源  掲載日:2017/2/13
すっすっはっはっ こ・きゅ・う
すっすっはっはっ こ・きゅ・う 作: 長野 麻子
絵: 長野 ヒデ子

出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会で紹介しようと思っています。
音楽と身体の関係について研究する作者による、
「呼吸の素晴らしさ」体感絵本です。
呼吸があらゆる感情を表現できるツールということは、
大人でもなかなか意識していないですからね。
さあ、絵本の進行と一緒に、吸ったり吐いたり、声に出したりして、
色んな声を楽しみましょう。
難しいかもしれませんが、インスピレーションで読めば大丈夫。
長野ヒデ子さんの軽快な絵がリードしてくれますよ。
呼吸を意識することって、感情をコントロールするうえでも実は大切なことだと思いますから、
この感性、大切にしたいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 枝の上、枝の下  掲載日:2017/2/13
ふくろうおやこ おやここうもり
ふくろうおやこ おやここうもり 作: マリー=ルイーズ・フィッツパトリック
出版社: BL出版
『OWL BAT BAT OWL』が原題。
文章のない、絵だけで語るストーリーです。
木の枝でおやすみ中のフクロウ親子。
その枝の下にやって来たのは、コウモリ親子。
さあ、お互いに気になって仕方ありません(笑)
ところが強風が吹き、みんな吹き飛ばされてしまうのですね。
さあ、大変。
親は必死で我が子たちを助けるのですが、最後には、あれれ?
状況的に読み取りはやや難易度が高いですが、
その分、自由に読者の想像力とのコラボができるでしょうか。
時間の経過は月の様子で分かります。
最後はそのお月さまがとても効果的な役割を果たしてくれていますね。
上下反対にして再読することもできます。
また違った味わいです。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 実現可能!?  掲載日:2017/2/4
おいしそうなしろくま
おいしそうなしろくま 作・絵: 柴田 ケイコ
出版社: PHP研究所
題名からして、妙な違和感。
い、一体何が起こるのでしょう?
まあまあ、ご安心ください。
食いしん坊のしろくまくんの、「食べ物の中に入る」一種の妄想ですが、
なかなか説得力がありますよ。
もちろん、想像の世界ですから、共感してみると、ほほえましいです。
ちくわの穴に入る、なんて、あるあるの発想じゃあないですか!
おもちが妙にリアルなのはご愛嬌でしょうか。
もちろん、オチも見事。
そっかあ、実現できるんだ!と妙に納得してしまいました。
幼稚園児くらいから、乗ってくれそうです。
参考になりました。 2人

4602件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

視点を変えて…もしあなたが桃太郎だったら?!

出版社おすすめ

  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット