こけこけコケコッコー こけこけコケコッコー こけこけコケコッコーの試し読みができます!
作・絵: にしはら みのり  出版社: PHP研究所 PHP研究所の特集ページがあります!
『いもむしれっしゃ』のにしはらみのりが描く、じっくり楽しむ苔絵本! 

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4714件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 自立?  掲載日:2017/6/16
しげちゃんとじりつさん
しげちゃんとじりつさん 作: 室井 滋
絵: 長谷川 義史

出版社: 金の星社
『しげちゃん』の続編。
女優である室井滋さんの自伝エピソードのようですね。
小学生になったしげちゃんには、心配事がたくさんあるのですね。
おばあちゃんっ子であることから、「自立を!」と言われ、悩むわけです。
ということで、その悩みが「自立さん」というお化けで立ち上ります。
昔ながらの日本家屋ならではのエピソードでしょうか。
昭和の香りがします。
あとがきによると、おばあちゃんもそれなりに頑張ったようですね。
確かに、子どもとしては大変な体験談。
でもやっぱりほほえましいです。
長谷川さんの絵も、昭和テイストに寄り添って、軽快です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 奥が深い  掲載日:2017/6/16
たまごのカーラ
たまごのカーラ 作: 風木 一人
絵: あべ 弘士

出版社: 小峰書店
色々な方とコラボされている風木一人さん。
あべ弘士さんが絵を添えているのですが、
化学反応というのか、あべさんの新境地を見た印象です。
題名にまず惹かれました。
うーん、なるほど。
つやつやお肌のような容姿に納得。
そして、冒頭から衝撃的な展開が!
たまごのカラから、無事トカゲの子(!)が生まれますが、
お礼も言わずにさっさとどこかへ行ってしまうのですね。
その腹立たしさをエネルギーに(?)、カラはカーラと名乗り、
たくましく生きていくのです!
このあたりから、子離れした母のたくましさが感じられます。
自然界で生き抜く姿は、あべさんの絵が得意分野とするところ。
その迫力や美しさは逸品です。
ラストでは、まさかの再会。
その潔さがかっこよく、子の言動にもジーン。
実に奥の深い作品。
小学生くらいからでしょうが、思春期の子どもたちや大人にも、ぜひ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 日中に起こる幻想  掲載日:2017/6/16
真昼の夢
真昼の夢 作: セーラ・L・トムソン
絵: ロブ・ゴンサルヴェス
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
『IMAGENE A DAY』が原題。
『終わらない夜』を読んだ後だったので、その光がまぶしく感じました。
トリックアートなのですが、まさに白昼夢。
こんなに明るい世界で、こんなことが起こっていいの?と感じました。
決して違和感のある絵ではないのに、どこかで空間がねじれている?
とういうか、違う世界に溶け込んでいる、でしょうか。
私は内表紙の帆船がお気に入りです。
家の周りの堀も素敵です。
あ、ジグゾーパズルも、図書室も捨てがたいですね。
二次元の絵の情報から、読者の脳に取り込まれて三次元に再生される時の
トリック。
この驚きは、読者自身が作りだしたものなんですから、
まさに「IMAGENE」。
軽やかな世界を、じっくり楽しんでほしいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 次の瞬間  掲載日:2017/6/14
夢にめざめる世界
夢にめざめる世界 作: ロブ・ゴンサルヴェス
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
『IMAGINE A WORLD』が原題。
そう、その壮大な世界を楽しみましょう。
ロブ・ゴンサルヴェスによるシュールな作品に、自ら文章を添えた作品。
それだけに、その世界観がよりクリアーになっている印象です。
文章に耳を傾けながら、絵に目を向けると、
次の瞬間、本来は存在しない空間が立ち上ります。
それは、ごく自然に、いつの間にか。
その飛翔が鮮やかです。
アインシュタイン?も座布団一枚!の鮮やかさです。
私のお気に入りは、図書室の光景。
「本の1ページから すべてがはじまる。」
金原さんのスタイリッシュな訳文に、ため息です。
表紙にもある絵もお見事。
1枚の絵で2枚以上の見ごたえです。
シュールな世界へ、五感を研ぎ澄ませてみませんか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 見栄っ張りの腕自慢  掲載日:2017/6/14
狂言えほん そらうで
狂言えほん そらうで 作: もとした いづみ
絵: たごもりのりこ

出版社: 講談社
狂言えほん。
題名は漢字表記では空腕、つまりは、見栄っ張りの腕自慢ということのようですね。
もちろん、そこで騒動が起こるのが、狂言の笑いどころです。
おなじみの太郎冠者が、夕暮れ時に主人からお使いを頼まれます。
いつも強がりの言動に、刀も貸されて、しぶしぶ夜道を進みますが、
案の定、びびってしまう訳です。
心配な主人のいたずらも加わり、太郎冠者の見栄っ張りぶりが笑えます。
一種のとんち問答のような展開ですが、太郎冠者の頭の回転の速さに脱帽です。
小学生くらいから楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ドールハウスの人形  掲載日:2017/6/14
あそぼうよったらおやゆびさん
あそぼうよったらおやゆびさん 作: ジャン・マーク
絵: ニコラ・ベイリー
訳: 今江 祥智

出版社: BL出版
『FUN WITH MRS THUMB』が原題。
おやゆびさん?
ええ、ドールハウスの小さなお人形のこと。
ということで、ドールハウスくらいの大きさの猫が、
小さなお人形と遊ぼうとしてのハプニング。
おやゆびさんの顔がなぜかひきつっているように感じるのは気のせいでしょうか。
ずっと、猫の視点での独白が続きますが、
猫的には、悪気はない様子だけに始末が悪いですねえ。
でもやはりチェックしたいのは、
ドールハウスの精密さと調度の素敵さ。
うん、これは魅力的です。
おやゆびさんも可動式で、ちゃんと着せ替えもできるようですね。
猫好きにもたまらないと思います。
やや長い物語なので、小学生くらいから、じっくりと手に取って眺めてほしいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議な空間  掲載日:2017/6/14
終わらない夜
終わらない夜 作: セーラ・L・トムソン
絵: ロブ・ゴンサルヴェス
訳: 金原 瑞人

出版社: ほるぷ出版
『IMAGINE A NIGHT』が原題。
不思議な夜の世界が繰り広げられます。
カナダ生まれのロブ・ゴンサルヴェスの絵に、アメリカの作家が詩を添えています。
どの作品も、だまし絵というのでしょうか、独特の立体感があり、
一つの絵の中に、違う空間が出現します。
読者の認知・想像力とのコラボ、でしょうか。
夜の世界だけに、研ぎ澄まされた五感が、不思議な感覚を喚起します。
寝室から、畑の俯瞰とは、その鮮やかさに拍手!です。
光の当たり具合も絶妙です。
坂道の描写は、ジェットコースター並みのスリルです。
この絵の迫力、体感してほしいです。
絵も詩もシュールなので、中学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい あたまとしっぽの思いやり  掲載日:2017/6/14
ながいながいへびのはなし
ながいながいへびのはなし 作: 風木 一人
絵: 高畠 純

出版社: 小峰書店
題名の通り、あたまからしっぽまで長いヘビのおはなし。
これを、見開きで表現した作者二人にも拍手!
軽快な高畠さんの絵が、その滑稽さを見事に描いています。
もうこのあたりは、子どもたちのツボでしょうね。
ということで、大いに盛り上がったところで、
あたまとしっぽが、それぞれを思いやる展開へ。
このあたりから、物語は、友情というか兄弟愛というか、素敵なシーンへ一直線です。
ナンセンスな展開ですが、この感動は何でしょう。
そう、最後に添えられたツーショットがすべてを物語っていますね。
絵本ならではの表現方法です。
素晴らしい!
幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 1000単位の動物たち  掲載日:2017/6/14
にげろ!にげろ?
にげろ!にげろ? 絵: ジャン・ソーンヒル
訳: 青山 南
再話: ジャン・ソーンヒル

出版社: 光村教育図書
インドの昔話、と副題にあります。
正確には、お釈迦様の前世のお話、ジャータカの再話となります。
『あわてんぼうウサギ』と同じエピソードですが、淡々とした語り口です。
心配性のノウサギが、ヤシの葉の上に落ちたマンゴーの音にびっくりし、
逃げだして大騒ぎになるのです。
面白いのは、追随する動物たちが1000単位での大移動だということ。
なるほど、なかなかダイナミックです。
生息地もはっきり分かれていて、昔話らしい繰り返しがクリアーです。
もちろん、対峙するインドライオンは一頭。
お釈迦様の正体は最後まで明かされません。
どちらかというと、動物たちによる寓話に焦点を当てた印象です。
原題は『THE RUMOR』、うわさという意味です。
邦訳は、確かに直訳だと味気ないですね。
思い切った意訳に、拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい そうだったように  掲載日:2017/6/14
おおきな木のおはなし
おおきな木のおはなし 作・絵: メアリ・ニューウェル・デパルマ
訳: 風木 一人

出版社: ひさかたチャイルド
『A GRAND OLD TREE』が原題。
独特の世界観で一目置いている、風木一人さんが訳出されているということで、
手に取りました。
なるほど、文章の字体も味わい深く、内容も深いものでした。
おおきな木の姿を丁寧に語った作品です。
おおきな木の一年間、そして、その後。
死んでもなお、子どもたちに続く営み。
コラージュのような絵は軽快で滋味深いです。
生き物たちとの交流も、絵の中で息づいています。
小学生くらいから大人まで、しみじみ感じてほしいです。
参考になりました。 0人

4714件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

『あるかしら書店』発売記念<br>ヨシタケシンスケ×金柿秀幸 対談レポート

出版社おすすめ

  • オヤジの海
    オヤジの海の試し読みができます!
    オヤジの海
    作・絵:さくらせかい 出版社:自由国民社 自由国民社の特集ページがあります!
    『いしゃがよい』のさくらせかいこれが幻のデビュー作品!
  • 築地市場
    築地市場の試し読みができます!
    築地市場
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    豊洲への移転をひかえた市場の今を感謝の気持ちをこめて徹底取材!

全ページためしよみ
年齢別絵本セット