しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほん しばわんこの和の行事えほんの試し読みができます!
絵・文: 川浦 良枝  出版社: 白泉社 白泉社の特集ページがあります!
お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

5050件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい よく練られたストーリー  掲載日:2018/5/14
どろぼうがっこう
どろぼうがっこう 作: かこ さとし
出版社: 偕成社
小学生の頃、図書室にあった作品ですが、興味があったものの、
泥棒というワードに引っかかりを感じて怖くて読めなかった事を思い出しました。
ということで、大人になってから読む泥棒学校は、なかなか新鮮でした。
小学生時代でも古風だなあ、という印象でしたが、
もちろん、古風はそのままですが、よく練られたストーリーに驚かされました。
題名の通り、泥棒学校の様子を描きます。
校長先生は、まるで、歌舞伎役者、
「かわいい」(!?)と称される生徒たちは強面の大人たち。
何と濃いキャラクターたちでしょう。
もちろん、宿題も泥棒なんですが、その展開がまさしくコント。
このノリはドリフターズに匹敵すると思います。
そして後半は遠足。
もちろん、豪勢な建物に潜入しますが、その展開がギャフン!のドラえもん的?
最初は紙芝居として作られたようですが、なるほど、子どもたちに大受けだったのも納得です。
校長先生の服や、建物などの文様にかこさとしさんのデザインセンスを感じました。
やはり、かこさとしさんは偉大です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこり学べる  掲載日:2018/5/14
ABCのえほん
ABCのえほん 作・絵: いもと ようこ
出版社: 金の星社
いもとようこさんの絵で、ほっこり、アルファベットに親しみを感じる事ができると思います。
アルファベットが右ページに、
そのアルファベットで始まる言葉の絵が左ページに。
言葉はそれぞれ二つ。
意外な組み合わせも、いもとようこさんの絵なら、ほら、ほんわか受け入れられますね。
私はHとOとVがお気に入りです。
発音もカタカタ表記でされいて、アクセント部分が太字で、
発音が苦手な読み手であっても、それなりに本物っぽく読める優れものです。
おまけで、家族の名称と、あいさつも。
そのシチュエーションもちゃんと伝わる絵の力に脱帽です。
英語学習におすすめしたいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 抱きしめているのは  掲載日:2018/5/14
ぎゅっ!してるのなあに?
ぎゅっ!してるのなあに? 作: やまじ ひとみ
出版社: チャイルド本社
乳児・小さい子向けおはなし会用にセレクト。
「ぎゅっ!」というのは、もちろん、抱きしめているということです。
この手の作品では、次の展開で抱きしめるというのが定番ですが、
まず抱きしめる光景があり、その対象が、いろいろな動物の赤ちゃん、というのがポイント。
最後のワニは、ひとひねりありますが、基本は同じです。
「ぎゅっ!」の心地よさを、親子で体感してほしいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 卒業記念の桜の木  掲載日:2018/5/14
おめでとうのさくらまんじゅう
おめでとうのさくらまんじゅう 作: 西本 鶏介
絵: 野須 あき

出版社: 絵本塾出版
これは実話なのでしょうか。
桜の季節に、そっと読んであげたいエピソードです。
60年前、卒業記念に校庭に植えられた桜の木。
植えた本人である、しょうきちさんが、校門前の和菓子屋を受け継ぎ、
桜の木を見守るのですね。
しょうきちさんの息子、たいちさんの入学記念で作ったさくらまんじゅうでしたが、
そのたいちさんを病気で亡くして傷心。
でも、新入生にそのさくらまんじゅうをプレゼントしようと思いつくのですね。
和菓子は、その繊細な工程に、いろいろな思いが込められていることが多く、
それだけに、心に沁みます。
さくらまんじゅうがいい供養になっているような気がします。
和菓子に込められた思いに、合掌です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う みんなのために  掲載日:2018/5/14
みんなうれしいクリスマス
みんなうれしいクリスマス 文: マックス・ルケード
出版社: 女子パウロ会
『ITSY BITSY CHRISTMAS』が原題。
主人公のねずみ、イトシー、ビトシー兄妹が目撃した主イエスの誕生ストーリーです。
ベツレヘムの町に王さまがやってくると聞いた兄妹は、そのうわさをみんなに伝えますが、
誰も相手にしてくれません。
でも、兄妹はその王さまをついに見ることができるのですね。
みんなのために、というメッセージが染み入ります。
そう、みんなというのは、読者そのもの。
優しい讃美歌のような物語です。
作者はマックス・ルカドと表記されていますが、
深い読後感が印象的な『たいせつなきみ』のマックス・ルケードですね。
心が澄まされるような、クリスマスストーリーです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい アートなアルファベット  掲載日:2018/5/14
ABCの本
ABCの本 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
へそまがりのアルファベット、と副題がありますが、
まさにその通りです。
あとがきによると、安野光雅さんが木製のアルファベットをデザインしたところに、
名編集者松居直さんがさらに昇華させ、作品が出来上がったようですね。
そもそも、この木製アルファベットが芸術です。
まずは、木目が美しいです。
そして、安野光雅さんらしいだまし絵などを潜ませつつ、
空間の歪みをもろともせず、ちゃんとそこに直立しているのです。
もちろん、その頭文字の物が提示されますが、それもまた、アート。
周りの植物文様の中にもほら、たくさん隠れていますね。
巻末にすべてのアイテムワードが添えられていますが、
日本語訳が無いので、ここは自分で調べましょう。
じっくり鑑賞したい作品だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ちょうちょ  掲載日:2018/5/14
紙芝居 いもむし ころころ
紙芝居 いもむし ころころ 脚本: 長野 ヒデ子
出版社: 童心社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
かわいいいもむしが主人公です。
こんな造形なら、虫が苦手な子も大丈夫ですね。
さっそく登場するのが、大きいいもむしのウンチ!
これはなかなか衝撃的ですね。
そして、大きいいもむしと面白い遊びに発展します。
ラストは華やかですね。
いもむしが眠ってちょうちょうになる、と科学紙芝居の一面もあります。
やはり春先に演じたいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 素敵なブックポスト  掲載日:2018/5/11
としょかんへ ぴょん! ぴょん! ぴょん!
としょかんへ  ぴょん! ぴょん! ぴょん! 文: アニー・シルヴェストロ
絵: タチアナ・マイ=ウィス
訳: 福本 友美子

出版社: 絵本塾出版
原題は『Bunny’s Book Club』。
本文を読んでいて、私だったら、題名は、
絵に描かれた「Bunny’s Book Club」だなあ、と思っていただけに、
原題を確認して、嬉しかったです。
もちろん、福本友美子さんの意訳も、これはこれで味わいがあります。
本の大好きなうさぎが主人公。
そのきっかけが、図書館の外でのおはなし会というから、いいですね。
ところが、夏が終わって、館内のおはなし会となり、
図書館に入れないうさぎのとった行動がすごいです。
夜間、ブックポストから図書館に忍び込むとは!
さらに、つられて動物たちも、という展開が愉快です。
もちろん、気づいた図書館員さんの対応も素晴らしいです。
図書館の決まりについても、学ぶことができますね。
なにより、読書の楽しさいっぱいで幸せ気分でした。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 確かにハッピー  掲載日:2018/5/11
ハッピーハンター
ハッピーハンター 作: ロジャー・デュボアザン
訳: 安藤 紀子

出版社: ロクリン社
『The Happy Hunter』が原題。
森の外れに住むボビンさんは、家の前を通るハンターたちの姿を見て、
真似してみることにするのですね。
本格的な狩りの装備のボビンさんですが、どうも、射撃する様子がありません。
銃を構えて咳をしたりくしゃみをしたり、
出会った動物たちとの交流を楽しんでいるようですね。
動物たちもそんな様子を察しているようで、ラストの光景がほのぼのです。
そう、ゆったり流れる、デュボアザンの世界。
確かにハッピーです。
繰り返しが心地よい展開です。
滋味深い味わいは、小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ナイト・ミュージアムを体感  掲載日:2018/5/10
はくぶつかんのよる
はくぶつかんのよる 文・絵: イザベル・シムレール
訳: 石津 ちひろ

出版社: 岩波書店
『あおのじかん』の作者による作品。
博物館の夜、展示物が動き出す、幻想的なストーリーです。
先導役の黄色いチョウが、夜の博物館に映えます。
化石、骨格標本、はく製、鉱石、隕石、道具や置物など、
一見古風ですが、こんな空間ならその魅力が輝いているようです。
フランスにあるコンフリュアンス博物館がモデルだとか。
小学校のおはなし会で読みました。
地味なアイテムばかりなので、退屈するかも、と危惧していましたが、
子どもたちは意外に興味津々。
物知りな子もいて、大いに盛り上がりました。
参考になりました。 0人

5050件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

20か国以上で大反響!プログラミングの魔法の世界へようこそ

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット