ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4831件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 朝顔  掲載日:2017/10/11
しゃぼんだま ぷわん
しゃぼんだま ぷわん 作: こわせ・たまみ
絵: おかべ りか

出版社: 鈴木出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
女の子がシャボン玉で遊んでいる姿を描きます。
シャボン玉って、あの不思議な色合いや、動きが魅力的です。
特に、割れる瞬間!
だからこそ、子どもたちにも大人気なんですね。
小鳥たちや猫、犬も寄り添っていますね。
何気ない光景に、シンプルな展開ですが、ほっこりです。
朝顔の花が印象的でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「漢字」を感じる生活風景  掲載日:2017/10/8
みんな生きている
みんな生きている 文: 中川 ひろたか
絵: きくち ちき

出版社: 小学館
小学校1年生で学習する漢字80字すべて使った文章となっています。
それでいて、子どもたちの生活風景が余すところなく描かれているのが素敵です。
寄り添うのは、きくちちきさんのピュアな絵です。
題名に呼応するかのように、生命力を感じさせてくれます。
注目は、控えめですが、漢字も絵の一つであること。
手書き文字がなんとも味わい深いです。
ほら、小学校生活の楽しさまで伝わってきます。
そのうえで、「生きている」ことを体感させてくれるなんて、素晴らしいです。
小学生におすすめです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 雄大な草原で繰り広げられる、お弁当箱  掲載日:2017/10/8
おべんとうばこの なかから
おべんとうばこの なかから 文: 中川 ひろたか
絵: 岡田 よしたか

出版社: 世界文化社
はらぺこしりとり、と副題にあります。
そう、お弁当箱の中身でしりとりをする趣向です。
といっても、栄養学的にはやや問題があるのが難ですが、
まあ、そもそもナンセンスな展開ですから仕方ないですかね。
ともあれ、お弁当の定番、ウィンナーから始まって、果物やクリ、渋いところでこんにゃくも。
で、ウィンナーの「う」に戻るという、きりなししりとりです。
登場の仕方に擬音たっぷりで、もちろん面白い仕草ですので、
笑いどころでしょうか。
私的には、アマノジャク視点から、キリンやゾウもいる雄大な草原で繰り広げられるということで、
背後にも着目。
なるほど、こんな舞台なら、飛び跳ねたい気分も分かります!?
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 月から科学  掲載日:2017/10/8
月へ行きたい
月へ行きたい 文・絵: 松岡 徹
出版社: 福音館書店
お月さまを見たら、こんな本で月への行き方を考えるのもよいのではないでしょうか?
男の子と女の子が、月への生き方について考えます。
空想的な物もありますが、小学生が3億人つながってようやく着く、というような感覚が素敵です。
そして、一気に科学の領域へいざないます。
ロケットの仕組み、月への旅程で必要なものなどなど。
そう、まだまだ研究中、という所が魅力的だと思います。
高度な内容もありますが、じっくりと何年もかかって読み解いてくれると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う いろいろな動物のうんち  掲載日:2017/10/8
うんち でるかな?
うんち でるかな? 作: 新井 洋行
出版社: 講談社
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
いろいろな動物が登場し、うんちをする趣向です。
「うーん」といきんでいる表情が何とも言えません。
仕掛け仕立てで、うんちの形状がわかるのですが、
一種の科学絵本のようですね。
金魚のうんちが一番インパクトあるでしょうか。
もちろん、最後は赤ちゃんがうんちトレーニング。
かわいいうんち、という表現が気に入りました。
補助便座に親しむきっかけにもなりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 耳を澄ませて、見て、感じて  掲載日:2017/10/8
なく虫ずかん
なく虫ずかん 作: 大野 正男
絵: 松岡 達英

出版社: 福音館書店
科学の絵本でよくリストアップされていて、気になっていました。
題名の通り、虫の鳴き声図鑑です。
最初のページで、鳴き声がいくつか提示され、
次のページで、虫の絵が示され、答え合わせができます。
そう、鳴き声・名前・姿が確認できる優れものです。
注目は、全部の虫ではなのですが、鳴いている姿が描かれていること。
これはうれしいです。
また、巻末には、音を出す仕組みについても詳しい解説があります。
さらには作曲家による採譜?まで。
なるほど、これなら、リズムも含めて分析できそうですね。
虫の鳴き声テープなどから聞き取り、文・音・文字・絵を、
それぞれの専門家が担当しているクオリティにも感嘆です。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う アレンジ編  掲載日:2017/10/8
エリック・カールのイソップものがたり
エリック・カールのイソップものがたり 絵: エリック・カール
訳: 木坂 涼

出版社: 偕成社
題名の通り、エリック・カールによるアレンジが施された作品。
見開き1ページで1話完結の構成です。
アレンジとはいえ、メインストーリーは変えていないので、
イソップ入門としては、エリック・カールの絵ということで、親しみやすいのではないでしょうか。
私としては、「アリとキリギリス」の結末に新鮮味を感じました。
改めて読んでみると、イソップものがたりって、奥が深いですね。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大きな真っ青な星  掲載日:2017/10/8
ねこまるせんせいの おつきみ
ねこまるせんせいの おつきみ 作: 押川 理佐
絵: 渡辺 有一

出版社: 世界文化社
なかなか雄大なお月見ストーリーです。
町はずれのこども園「こざかなえん」の見習いの先生が、ねこまる先生。
なんと、本物の猫ですって。
猫の手も借りたい?という理由に納得です。
ともあれ、こざかなえんでお月見団子などの用意をしていると、
ハプニング発生。
ひょんなことから、不思議な町へ!?
うさぎたちが、青い団子を用意しているところにお邪魔して、
不思議な光景を目にします。
大きな真っ青な星がポイント。
なるほど、そういうことでしたか。
この青色が印象に残りますね。
もちろん、無事にこざかなえんに着地。
スケールの大きなお月見に、拍手!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい リアルなのに、温かい  掲載日:2017/10/8
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ?
ぽつぽつぽつ だいじょうぶ? 作: しもかわら ゆみ
出版社: 講談社
リアルなのに愛らしいネズミの姿に惹かれました。
雨が降った時の動物たちの様子を描きます。
傘の代わりになる物を持った姿、もちろんこれはフィクションですが、
このフィット感が心地よいです。
そう、だからこその、愛らしい表情なんですね。
雨というシチュエーションに、ゆったり流れる空間。
小さい子から、感じることができそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ヨガを体感  掲載日:2017/10/8
きみは ライオン!
きみは ライオン! 作・絵: ユ・テウン
訳: 竹下 文子

出版社: 偕成社
たのしいヨガのポーズ、と副題にあります。
ニューヨーク在住の韓国人作家による作品です。
子どもたちが登場し、ヨガのポーズをする趣向です。
注目は、動物になったつもりのポーズということ。
ライオン、蝶、犬、などなど。
産後ケアのヨガで、ねこのポーズは知っていましたが、
なるほど、こんなイメージですると、効果抜群のような気がします。
最後のポーズは山。
このイメージは効きそうです。
幼稚園児くらいから、参加型で楽しめそうです。
もちろん、大人も。
参考になりました。 0人

4831件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

「てざわりえほん」シリーズ <br>編集者・清水剛さんインタビュー

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット