雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4660件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 生まれることの奇跡  掲載日:2017/4/27
うぶめ
うぶめ 作: 京極 夏彦
絵: 井上 洋介
編: 東 雅夫

出版社: 岩崎書店
「妖怪えほん」1、悲のマーク。
うぶめは、産女、姑獲鳥と表記される、胎児とともに死んだ妊婦のこと。
つまり出産できずに亡くなった、妊婦の悲しみと悔しさの妖怪、でしょうか。
主人公とお父さんの会話で、状況が紡がれます。
どうやらお母さんは、出産事故で亡くなったようですね。
そして、お母さんの幻聴を聞くのです。
うぶめという鳥の鳴き声、と、お父さんは否定しますが…。
ストーリーの帰結は、残されたものたちへの慰めとしての妖怪の存在、
ととらえたいです。
同時に、生まれることの奇跡も体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい キノコ増殖!?  掲載日:2017/4/27
狂言えほん くさびら
狂言えほん くさびら 作: もとした いづみ
絵: 竹内 通雅

出版社: 講談社
狂言えほん。
くさびら、とは、茸と表記し、つまりは、キノコのことです。
ということで、キノコ騒動のおはなし。
修行中の山伏が、キノコ駆除の依頼を受けます。
依頼者の家で増殖するキノコをまじないで駆除してほしい、というものですが、
山伏がいい加減な呪文を唱えるため、キノコがますます増殖して、とんでもないことになるのですね。
確かに、キノコって、不思議な存在感があるだけに、増殖する様は面白いです。
実際の狂言舞台で見ると、簡素な被り物や傘で変身できて、見栄えがしますね。
演目としての着眼点に拍手!です。
竹内さんのナンセンスな画風も、表紙から笑わせてくれますね。
これからキノコを見ると思いだしそうです。(笑)
幼稚園児くらいから、受けそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 手作りおやつがうれしい  掲載日:2017/4/27
きょうのおやつはなんだろな?
きょうのおやつはなんだろな? 作・絵: ふじもと のりこ
出版社: 鈴木出版
小さい子向けおはなし会用にセレクト。
おやつの食材が登場し、出来上がるおやつを考える趣向です。
注目は、手作りおやつであること!
素朴なふかしイモや焼きトウモロコシもあるのが、嬉しいです。
コーンスープやぜんざいもあります。
そう、おやつって、子どもの補食でもあるので、実は大事なんですね。
リアルな絵が、本当においしそうです。
もちろん、作るのが大変なおやつもありますが、たまには、ね。
ママがおいしくしてくれる「魔法」を、ぜひ。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 大阪人魂  掲載日:2017/4/27
そらとぶてっぱん
そらとぶてっぱん 作・絵: 岡田 よしたか
出版社: ひかりのくに
おお、大阪人にはたまりませんね。
大阪名物、粉モンのお好み焼き、焼きそば、タコ焼きストーリーが、
コテコテの関西弁で、吉本新喜劇並みのノリで展開していきます。
暑がりのお好み焼きが文句を言ったため、鉄板が空を飛んでお出かけするのです。
遊園地に通天閣、そして海!?
もちろん、最後は元通りの終焉。
屋号が「やいたろう」って、そりゃあ、焼きにこだわったお店だから、
でしょうか。(笑)
幼稚園児くらいから受けそうですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 子どもらしい発想  掲載日:2017/4/27
みかんの めいさんち
みかんの めいさんち 作: 平田 昌広
絵: 平田 景

出版社: 鈴木出版
『すいかのめいさんち』を読んだからには、こちらもチェックしておかねば、ね。
親戚のおじさんから、みかんがたくさん送られてきて、
みかんの名産地を、子どもらしい発想で想像するのですね。
確かに、箱詰めのみかんを見たら、そんな気持ち、わかります。
でも、町中ことごとくみかんって、なかなかすごい光景です。
みかん餅は実際にありますが。
究極の発想は、おじさんのところに行く方法。
うーん、お見事。
まさに子どもらしい発想です。
でも、あるある!だと思います。
幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい いのちのハンバーグ  掲載日:2017/4/27
オオカミがキケンってほんとうですか?
オオカミがキケンってほんとうですか? 作・絵: せき ゆうこ
出版社: PHP研究所
題名に似合わない、キュートな表紙絵のひつじが主人公。
「オオカミ キケン!」の張り紙を見たひつじは、
「噂を信じてはいけない」「わからないことは自分で調べる」という
お母さんの言いつけを守り、その真相を探ります。
そのつぶらな瞳が、無垢な性格そのもののようです。
すると、意外にみんなの思い込みに過ぎないことがわかるのですね。
そして、お母さんに報告しようと帰宅すると、急展開!
こ、これは、かなり衝撃的です。
前半でも、思い込みという、深いテーマを考えさせますが、
後半は、別の意味で深いです。
小学生から大人まで、深く考えさせてくれる作品です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 頭を柔らかくして  掲載日:2017/4/27
なぞなぞはじまるよ
なぞなぞはじまるよ 文: おおなり 修司
絵: 高畠 純

出版社: 絵本館
ナンセンスな作風のお二人がコラボ、しかもなぞなぞ、これは避けて通れませんね。
いわゆる言葉遊び的なラインナップですが、難易度は標準的でしょうか。
もちろん、問題文の絵に、絶妙にヒントがありますので、
頭を柔らかくして臨みましょう。
英語の素養も若干要りますが、小学生でも知っていてほしいレベルです。
やはり、高畠純さんの絵は軽妙でいいですねえ。
ある意味へんてこりんな世界を見事切り取ってくれます。
小学生から大人まで、頭の体操にもおすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 豪快なお母さん  掲載日:2017/4/27
つかまえた!
つかまえた! 作: 鈴木 まもる
出版社: 講談社
タンポポ綿毛の季節にぴったりの作品です。
題名よろしく、次々とつかまえていく趣向です。
タンポポ綿毛をつかまえたテントウムシ、そのテントウムシをつかまえるトカゲ。
だんだんと大きなものにつかまえられるのが、ダイナミックです。
とうとうクジラまで!?
でも、唖然なのが、ラストの光景。
夕日に照らされたその姿、迫力満点です。
シンプルな構成なので、幼稚園児くらいから盛り上がりそうです。
小学校のおはなし会で読みましたが、大受けしましたよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 波と友だちになる!?  掲載日:2017/4/26
ぼくのうちに波がきた
ぼくのうちに波がきた 作: キャサリン・コーワン
絵: マーク・ブエナー
訳: 中村 邦生

出版社: 岩波書店
メキシコの作家さんが原作、ということで手に取りました。
ラテンアメリカ文学を少し学んだことがあるのですが、
物語に多彩な寓話が込められていて、奥が深いのです。
この作品も、原作はかなり重厚のようですが、
アメリカの児童文学作家さん方が軽快に絵本に翻案していているようですね。
海水浴中に一抱えの波と仲良くなった「ぼく」は、波と一緒に暮らすことにするのです。
波の造形は波そのもの。
不思議な光景が繰り広げられます。
波には感情があり、原作で濃厚に表現されていた女性を感じさせてくれているようです。
手に負えなくなった波の顛末は少し切ないですが、
「ぼく」は次の友だちを妄想するところが唖然ですね。
豪快な発想が印象的です。
夏の季節に、小学校高学年以上くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 「こわくないけど」で乗り越える  掲載日:2017/4/26
とうふこぞう
とうふこぞう 作: 京極 夏彦
絵: 石黒 亜矢子
編: 東 雅夫

出版社: 岩崎書店
「妖怪えほん」4、笑のマーク。
ということは、怖くない?
いえ、最初はかなり怖いんですけど、それを乗り越えるので、
怖がりさんには、ちょっとしたエールにもなりそうです。
ただし、出だしは覚悟していないと、かなりすごいです。
ただ、それが、自分の不安のなせる技、と思えたらいいんですけど、
やはり見えてしまうんですから、仕方ないですよね。
怖がりの男の子が遭遇したのは、豆腐小僧。
豆腐を持った子ども、というだけで、男の子は怖さが吹っ飛んでしまうのですね。
「こわくないけど」で乗り越える、でしょうか。
しかも仲良くなってしまうとは!
おばけって、案外そんなものなのかもしれませんね。
豆腐のように、ぷるるんと、でも滋味深い味わいでした。
参考になりました。 0人

4660件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

『とびだせビャクドー! ジッセンジャー』森田まさのりさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット