貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

レイラさんの公開ページ

レイラさんのプロフィール

ママ・50代・兵庫県

自己紹介
HNのレイラは『絵本 千の風になって』のヒロインからお借りしました。
最近、この詩と自分との深い縁を実感しています。

司書資格を持っており、絵本が好きで、我が子の通っていた小学校の学校図書館ボランティアで引き続き読み語りをしています。
日々、川西市立中央図書館、中央公民館分室にはお世話になっております。

絵本はもともと好きでしたが、松居直さんの「絵本のよろこび」というNHK講座に感銘を受け、
読み聞かせの奥の深さを実感しています。
数年前から、ブックトークの講座の受講をきっかけに、ブックトークにもチャレンジしています。
おかげさまで、市内の小学校数校の授業にも入りました。
他市からはゲストティーチャーにもお招きいただきました。
市の子ども読書サポーター養成講座終了。
ストーリーテリング、エプロンシアター、パネルシアター、ペープサートもデビューしました。
読書サポーターとして幼稚園にも行っています。
児童文学者、梓加依先生主宰の読み語り研究会にも参加し、指導を受けております。
その研究会の一環として、未就園児のおはなし会も担当しています。
数年前からは、中学校の読み語りのお手伝いもしました。
ということで、気が付けば、おはなし会は乳児から中学生までが守備範囲となりました。
市の学校支援地域本部にてコーディネーターのお仕事をいただき、市内の図書ボランティアの組織作りを担当しています。
好きなもの
アメリカ先住民の世界観に深い共感を覚えます。
マヤ・アステカ・インカやエジプト・ギリシアなどの古代文明も好きです。
高校時代は音楽部で合唱をする傍ら、芸術選択では書道、合間に美術展覧会めぐりということで、
宗教曲、オペラ、美術、書芸術など幅広く惹かれています。
理解はできませんが、数学の美しい世界には憧憬を感じます。
物理・化学・生物・地学も同様です。
ひとこと
レビューを書くことでいい記録ができ、選書の際とても重宝しています。
また、レビューを読むことで、各種絵本ネタを仕入れることができ、
ブックトークの時にはいろいろ盛り込ませてもらい、とても受けがいいです。
お気に入りに登録してくださっている方がたくさんいてくださって嬉しいです。
皆さんと絵本の楽しさを共有できることに感謝です。
親子で図書館のヘビーユーザーしています。
ちょっと嬉しい親子コミュニケーションです。

このたび、読み語りでご指導いただいている梓加依先生との共著で
本を出版させていただきました。
乳幼児向けおはなし会プログラムについてまとめてあります。

『絵本であそぼう、このゆびとまれ! 乳幼児からの集団での絵本の読み語り』素人社
第1章 0歳から、なぜ絵本?―幼い子どもに絵本を読む意味
第2章 小さな子どもたちの集団での読み語り
第3章 プログラムを作ってみましょう
第4章 テーマ別で絵本を探してみましょう
第5章 小さな子どもたちとお母さんたちの絵本のグループ作り
第6章 小さな子どもたちと絵本を通して―子育て支援グループ「いないいないばあ」のメンバーによる感想

私は第3章と第4章を執筆いたしました。

絵本ナビでもお取り扱いしていただいております。
皆様のお役に立てると嬉しいです。

(2014.10.08)

レイラさんの声

4913件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 銭湯情緒  掲載日:2018/1/6
おもちのおふろ
おもちのおふろ 作: 苅田 澄子
絵: 植垣 歩子

出版社: 学研
おもちのもーちゃんとちーちゃんの銭湯エピソードです。
昔ながらの昭和な銭湯が見所でしょうか。
やってくるのが、野菜や魚、寿司、パン、豆腐、団子!?
さあ、どんなお風呂なんでしょうか。
醤油の足湯、このちょっと加減がいいですね。
きな粉の砂風呂、なるほど、ね。
衝撃的なのが、トースターサウナ。
なかなかスリリングです。
既視感はありましたが、寄せ鍋の湯にほっこりです。
なるほど、来客層に合わせたお風呂屋さんなんですね。
そこここにある銭湯情緒に、拍手!です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 図書館の機能  掲載日:2017/12/26
もりのとしょかん
もりのとしょかん 作: ふくざわ ゆみこ
出版社: 学研
ふくざわゆみこさんが描く、理想の図書館像でしょうか。
細部まで見どころいっぱいの作品です。
森の杉の木に住むふくろうさんは読書家、ということで、
家には本がいっぱいあるのです。
ある日、関心を持った動物たちがやってきて、
ふくろうさんの家は、図書館のようになるストーリーです。
居心地のいい図書館、素敵ですね。
図書館が図書館であるための大切な要件が、ちゃんとわかるようになっています。
図書館地図も分類がユニークで、これならみんなワクワクしそうです。
本は古風な装丁で、年代を感じますが、ふくろうさんの感性ということで。
注目は、動物たちが、それぞれの個性に応じて読書を楽しんでいるところです。
そう、読書って、奥が深いのです。
私も行ってみたいです。
小学生くらいから。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 水を体感  掲載日:2017/12/26
水はめぐる
水はめぐる 作: ロシェル・ストラウス
出版社: 汐文社
小学校5年生のブックトーク授業にて、環境学習のテーマで取り上げた作品。
カナダの環境教育コンサルタントが書いているということで、
子どもたちに分かりやすいように解説しているところが伺えます。
地球規模の水問題を考えさせてくれます。
特に水というものが、地球上の生き物にとってどういう存在なのか、
という点を詳しく解説してあります。
もちろん、今自分ができることについても触れてあり、
学んだことを実践するという行動につなげていけそうです。
もちろん、大人にとっても知らなかった知識を学ぶことができるでしょう。
水問題について考える資料としていいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 時間とは  掲載日:2017/12/25
とけいのおうさま
とけいのおうさま 作: こすぎ さなえ
絵: たちもと みちこ

出版社: PHP研究所
時計や時間について考えられる作品です。
時計の国は、時計の王様の顔にある時計通りの生活が義務付けられているのですね。
なかなかなビジュアルですが、意外に親しみやすい造形が見事です。
ところが、王様がのんびり屋だったことからの騒動ですね。
時間に縛られず、自由に伸び伸びしたいというのは、共感ポイントですが、
同時に、時間が決められていることで、安心できる部分もあることがわかりますね。
キュートな絵が、テンポよく物語を進めてくれます。
時計に関心が向くと思います。
幼稚園児くらいからでしょうか。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 5と10  掲載日:2017/12/19
5のすきなおひめさま
5のすきなおひめさま 作: こすぎ さなえ
絵: たちもと みちこ

出版社: PHP研究所
1から10の国のおはなしです。
それぞれ、その数字の好きな人が暮らしているという訳なんですね。
注目は世界の風俗が描かれていること。
そのあたりも味わいたいですね。
たちもとみちこさんの絵は、コラージュでしょうか、ポップな世界がキュートです。
数字が繰り返されるので、親しみを感じてもらえそうです。
さて、5が好きなおひめさまが、気に入った贈り物をしてくれた王子さまと結婚すると宣言しての騒動ですね。
なるほど、5個は譲れないのですね。
10の国の王子さまの折衷案?はなかなかなもの。
うーん、結婚の本質をついているような気もします。
数字の好きな幼稚園児から楽しめそうです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 語りと絵のコラボ  掲載日:2017/12/19
ねずみくん、どうするどうするクリスマス
ねずみくん、どうするどうするクリスマス 作: ドン・ウッド オードリー・ウッド
絵: ドン・ウッド
訳: 今江 祥智

出版社: BL出版
『Merry ChristmasBIG HUNGRY BEAR!』が原題。
この邦題も滋味深いです。
クリスマス準備中のねずみくんに、ナレーターが語りかけます。
たくさんのクリスマス・プレゼント、はらぺこおおぐまが取りに来るかも、と。
さあ、ねずみくんの対策がすごいです。
ところが、はらぺこおおぐまの話を聞いている途中で、路線変更したらしく、
ねずみくんは意外な行動に出ます。
トムとジェリー並みの、ジェットコースター的感情の起伏に翻弄されます。
しかも、ナレーターの語りかけだけで、その様子が伝わってくるから不思議です。
注目は、当のはらぺこおおぐまは姿を現さないこと。
でもほら、この存在感、すごいです。
この語り芸、脱帽です。
小学生くらいから、大人まで、じっくり楽しめると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う クリスマス劇  掲載日:2017/12/19
きょうはクリスマス
きょうはクリスマス 絵・文: 小西 英子
出版社: 至光社
主人公の男の子が体感したクリスマス物語です。
最初は、ケーキ屋さんでサンタクロースの扮装でお手伝い。
次は、急きょ、クリスマス劇に羊飼いで出演することになるのですね。
有名な、イエスさま誕生のシーンの、本格的な物で、
劇も忘れてそのストーリーに感動する男の子の姿がほほえましいです。
男の子がこんな体験ができたのも、運命でしょうか。
そう、クリスマスって、そんな存在なのかもしれません。
小学生くらいから、クリスマス本来の意味を体感できると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 様々な願いの末  掲載日:2017/12/19
もみの木のねがい
もみの木のねがい 再話: エステル・ブライヤー ジャニィ・ニコル
訳: おびか ゆうこ
絵: こみね ゆら

出版社: 福音館書店
もみの木が主人公の物語ですが、シュタイナー教育に携わってきた母娘による再話ということで、
こんなストーリーが語り継がれてきた思いを感じました。
もみの木は自分の葉っぱのとがった様子を嘆き、理想の葉っぱをいろいろと願うのですね。
その願いは妖精によってかなえられますが、どの葉っぱも、意外な結末に。
最後に元に戻してもらったら、素敵な結末が待っているのですね。
幸せの意味がじんわりと伝わってきます。
まさしく、真のクリスマスにふさわしいです。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 道案内  掲載日:2017/12/19
サンタさんからきたてがみ
サンタさんからきたてがみ 作: たんのゆきこ
絵: 垂石 眞子

出版社: 福音館書店
郵便屋さんのねずみが主人公です。
初版が1989年ということで、どことなく昭和テイストの郵便屋さんですね。
クリスマスの前の日、ねずみはうっかり滑って、一通の手紙を濡らしてしまい、
宛名がわからなくて困ってしまうのです。
前半はその推理ストーリー。
後半は、そのメッセージからの展開です。
サンタクロースから道案内を頼まれるなんて、郵便屋さん冥利です。
圧巻はクリスマスツリー。
派手ではないのに、柔らかい輝きがとても素敵です。
頼りにされる嬉しさが伝わってきます。
幼稚園児くらいから、サンタクロースのイメージにふんわりと寄り添ってくれると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 働くということ  掲載日:2017/12/18
なんにもせんにん
なんにもせんにん 作: 唯野 元弘
絵: 石川 えりこ

出版社: 鈴木出版
ベタなダジャレ本かと思ったら、れっきとした日本民話の再話でした。
山口県に伝わる昔話だそうです。
ある村の、働かずに遊んでばかりの若者が主人公。
若者はある日、小さいつぼの中にいた小さな男に出会い、不思議な体験をするのですね。
この男、同居の者が遊んでいると大きくなり、働くと小さくなるとは、
インパクト大です。
でもそのおかげで、働くことの楽しさを知るきっかけになったのですから、
そのめぐりあわせに敬服します。
マイナスイメージがある、働くということですが、
こんな喜びもあるということが伝わってきます。
一種の教訓話でもあるのですね。
なかなか滋味深い昔話です。
小学生くらいからでしょうか。
参考になりました。 0人

4913件中 41 〜 50件目最初のページ 前の10件 3 4 5 6 7 ... 次の10件 最後のページ

投票ランキング発表!受賞レビューも決定

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット