いっこ さんこ いっこ さんこ いっこ さんこの試し読みができます!
作: 及川 賢治 竹内 繭子  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
100%ORANGE新作! リズムと色と形で楽しむ新しい赤ちゃん絵本です

天使のケーキちゃんさんの公開ページ

天使のケーキちゃんさんのプロフィール

その他の方・10代以下・静岡県

自己紹介
私は、小学2年生の女の子です。
私は、赤ちゃんのころから、本が大好きで、お母さんと毎日いっしょに読んでいたので、もう2000さつくらい読みました。
私は、本を読むと、なんだかそのお話の世界の中に自分もいるみたいで、楽しく思えるのです。
私は、きれいな絵を見ると、その絵をまねしてかきます。
私は、楽しい本が大好きです。もっともっといろいろな本を読みたいです。

2017年1月
私は、今、中学生になりました。
毎日忙しいけれど、本はかわらず大好きです。
将来は、作家になりたいと思っています。
いつもたくさんの本を読んでいます。最近は、岩波の国語辞典を買いました。
夢を持ち続けて、子どもの頃の心を忘れず、いつか自分自身の本を書きたいです。


私が「天使のケーキちゃん」というニックネームにしたりゆうは、お母さんのニックネームの「ガーリャ」という名前が、ロシア語の女の子の名前で、白いという意味があるので、私もお母さんと同じ真っ白なイメージにしたくて、「天使のケーキちゃん」にしました。
好きなもの
☆好きなもの
犬。本。絵をかくこと。ピンク色。チョコレート。

2017年1月
馬、狐、狼(動物全般)、乗馬、暗記

☆好きな作家
あんびるやすこさん、たかどのほうこさん、富安陽子さん、中川李枝子さん、どいかやさん、松谷みよ子さん、大島妙子さん、つちだのぶこさん、エルサ・ベスコフさん、今西乃子さん、中川ひろたかさん、みやにしたつやさん、飯野和好さん、ふくざわゆみこさん、植田真さん、みやこしあきこさん、あだちなみさん。

2017年1月
富安陽子さん、上橋菜穂子さん、荻原規子さん、友麻碧さん、成田サトコさん
ひとこと
いろんな人にたくさんの本をしょうかいして、読んでもらえるように、がんばりたいです。

2017年1月
本というと、文字がずらりと羅列していて、読書が嫌いという人もいると思います。
でも、物語を読むと、クスリと笑って、感動して泣いて、ハラハラ、ドキドキして・・・思わず
惹きこまれます。
私はそんな読書の楽しみをもっと多くの人に知ってもらいたいです。
大げさと思うかもしれないけれど、一冊の本によってあなたの人生が変わるかもしれません。
さあ、物語の1ページ目をめくってみませんか?

天使のケーキちゃんさんの声

127件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 数学って楽しいんだ!  掲載日:2017/1/25
天と地の方程式(1)
天と地の方程式(1) 著: 富安 陽子
画: 五十嵐 大介

出版社: 講談社
私は数学が嫌いで、方程式という言葉が目に飛び込んできたとき、
難しい本なのかなあと少し、心配になりました。
でも、主人公はアレイという少年で、十三歳・・・同じ年ということも
あり、読んでみようかなと手にとりました。
古事記を下敷きに書かれていて、アレイ達が不思議な別世界へと
迷い込んでしまうお話です。
そこで、そこから脱出するには、間違い探しをしなければなりません。
私みたいに方向音痴な方は、もしかしたら、学校で迷子になり、
うっかり別世界へ迷い込んでしまうかもしれません。
この本を読み進めていくうちに、どんどんお話の中へ惹きこまれて
いきました。
ハラハラドキドキして、「数学ってこんなに楽しいんだ!」と思える
一冊です。

参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 言霊の力  掲載日:2017/1/19
シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり
シノダ!(10) 指きりは魔法のはじまり 作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉

出版社: 偕成社
「指きりげんまん うそついたら 針千本のーます 指きった!」と
私も幼い頃、約束をする時によく言っていました。
でも、言葉には言霊、魂が宿ると言われ、神様との約束は
絶対だそうです。
モエがした指きりから、信田家は、またまた事件に
巻き込まれてしまいます。
でも、たまにはいいこともあるみたい。
チビ竜との感動の再会を果たしました。
七色に光る竜たち。きっと流星群のようにきれいなんでしょうね。
神様は、やっぱり心の中まで全てお見通しなんだなあと思いました。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい 山のにぎわい  掲載日:2017/1/19
シノダ!(9) 夏休みの秘密の友だち
シノダ!(9) 夏休みの秘密の友だち 作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉

出版社: 偕成社
子どもなら、毎年、学校が休みになる夏休みを心待ちにしている
ことでしょう。
お祭りに行く人も多いと思います。
みんな踊って、食べて、飲んで、騒いでいる裏で、実はちょっと変わった
お祭りが開かれています。
それは、お祭りに招待されたのが、全員人ではない者ということです。
土地神や精霊、妖怪達が、人間達と同じように
わいわいと楽しんでいます。
うっそうと草が生え茂る裏の山で、不思議なお祭りが開かれていると
思うと、少し怖くなったり、でも好奇心が顔を出し、お祭りをのぞいて
みたいと思ったり・・・。
夏の夜にそっと耳を澄ましてみれば、にぎやかなお囃子が、
山の方から聞こえてくるかもしれません。
参考になりました。 2人

なかなかよいと思う 自分の中にある特別なもの  掲載日:2017/1/17
しちふくじん
しちふくじん 作: 立川 志の輔
絵: 中川 学
編: 倉本 美津留

出版社: 岩崎書店
私の得意なことって何だろう? 
作文や物語を書くこと。
他には・・・。
でも、何も特技がないのに、かくし芸をやれって言われても、
つらいよね。
みんなの前で恥をかくのも嫌だし、からかわれるかもしれない。
そんな時に現れた救世主が、七福神の神様。
みんなもお正月に初詣で、神社におまいり行くと思う。
一年に一回ぐらいの参拝で願いが叶うとは思えないけれど、私にも
神様に助けて欲しいときが、たくさんある。
例えば、苦手な数学のテストや嫌いなマラソン。
神様だったら、ちょちょいのちょいだと思う。
けれども、たまに神様でもお手上げって時があるみたい。
生きていると、必ず他人と比較される。
嫌なことだけど、これはもう仕方がない。
私が、「ぼく」よりも、ほんの少しの人生の先輩として言いたいことは、
「自分を好きになること」だ。
私には私の、友達には友達にしかない良いところがきっとある。
自分にしかない特別なものを見つけて、自信をもってほしい。


 
参考になりました。 4人

自信を持っておすすめしたい 幸せってなんだろう?  掲載日:2017/1/17
シノダ! (6) キツネたちの宮へ
シノダ! (6) キツネたちの宮へ 作: 富安 陽子
絵: 大庭賢哉

出版社: 偕成社
 それぞれ人には人の生き方があります。阿久里ちゃんは、
狐と人間のハーフで、捨てられた子どもだと知らされずに生きて
きました。
私が阿久里ちゃんだったら、自分のことだから、本当のことを
包み隠さずに言ってほしいと思うけれど、やっぱり聞かされたら、ショックだと思います。
母親の弥生さんは、自分の子どもじゃなかったとしても、阿久里ちゃんのことが大切で、一番の宝物だと思いました。
阿久里ちゃんのことを思って、阿久里ちゃんのことを守ろうとして、
とった行動だと分かりました。
お母さんが読んだら、共感できる本だと思います。
幸せって何だろうと時々考えます。
あなたにとっての『幸せ』とは、何ですか?
私は、周りの人から見てではなく、己の気持ちだと思います。
自分が幸せって感じられることが一番です。
そのことがよくわかる一冊です。
参考になりました。 3人

自信を持っておすすめしたい 命の重み  掲載日:2017/1/11
命のバトンタッチ
命のバトンタッチ 出版社: 岩崎書店
 わたしは、この本を読むまで、動物愛護センターは、
保健所と違って、動物を愛して守ってくれる所だと思っていた。
なのに、実際には、未来ちゃんたちのように、
新しい飼い主に引き取られるのは、10パ―セントよりも少なくて、
あとの残りの犬と猫たちは、1年間で4万匹近くも、
何の罪もないのに殺されると知って、とても悲しくなった。
せっかく生まれてきた大切な命なのに。

 愛護センターなんて名前でなく、たとえば、「命を落とす場所」
という呼び方にしたら、残酷すぎるように思えるけど、
そのほうが、みんなが犬や猫を捨てようとした時、
「本当にそれでいいのかな?」と考えて、
1匹の命が救われるんじゃないかな、と思う。

 愛護センターの職員さんたちだって、心の中では、
こんな辛い仕事はしたくないと思っているはず。
本当は、飼い主がやらなければいけない仕事なんだよね。
愛護センターに連れて行くことは簡単だけれど、
その時に、もう1度
「命ってこんなに重いんだな」と
感じてほしい。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 雨は涙の残り  掲載日:2015/12/10
美雨13歳のしあわせレシピ
美雨13歳のしあわせレシピ 作: しめのゆき
絵: 高橋 和枝

出版社: ポプラ社
私も、雨の日が好きです。
雨音を聞いていると、心が落ち着きます。

私は、雨は涙の残りだと思います。
人生には、雨つぶの数ほど、つらいことなどもあると思うからです。
しかし、雨つぶは、しょっぱくありません。
それは、痛いことも乗り越えられたしょうこだと思います。
この本にも、明日に向かって進んでいく美雨の姿が描かれていました。

しめのゆき先生、子ども創作コンクール授賞式でお会いできて、
うれしかったです。素敵なサイン本、ありがとうございました。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 人間の心のおろかさ  掲載日:2015/12/8
100万回生きたねこ
100万回生きたねこ 作・絵: 佐野 洋子
出版社: 講談社
人間に振り回され、100万回死んで、100万回生きたねこ。
人間の心のおろかさが分かります。
最後はやっと猫らしく死ねたので、それは「幸せ」だったのではないかと思います。

動物も人間と同じように、心を持ち、自分の意思を持っている。
このことを忘れずに、心のすみにいつも置いておきたいと思います。
生きる楽しみにやつらさ、悲しみ、いろんなことがつまった人生を
大切に過ごしたいです。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい たった1つの命と人生の光  掲載日:2015/12/1
命はどうしてたいせつなの?
命はどうしてたいせつなの? 著: 大野 正人
絵: ハラアツシ

出版社: 汐文社
 生と死は、常に隣り合わせのものだと感じました。
この世に「永遠」という言葉は無く、人はいつかは死に至ります。

 私のおばあちゃんも、1年半前に天国へと旅立ちました。
私は、おばあちゃんが遺してくれた古毛糸やボタンや布切れで、
いろんな小物を作っています。おばあちゃんの思い出のつまったものが、
1つずつ、新しい物に生まれ変わるたびに、おばあちゃんの命も
生まれ変わってくるみたいで、うれしくなります。
私も、おばあちゃんに命の糸をつないでもらって、生まれてきたんだな、
と実感します。

  私は12歳で、老人から見れば、人生の時計を刻み始めたばかりです。
しかし、神様から見れば人の一生は、短く、儚いものでしょう。
けれども、私達は一生懸命1日1日を生きています。
 まだ子供の私には、自分の未来がどうなっているか想像もつきません。
私は、目の前にある今日を生きます。

 死は、かけがえのない命を奪うおそろしいものです。
でも、この先にある人生の道のりは、真っ暗の闇だけではありません。
必ず光が射し込み、いつか自分が生まれてきた理由を知る日が来ます。
 だから、世界でたった1つの命を自分から投げ出さないでほしいです。
クラスでも、いじめが起こらないために、この本を読んで、
命の大切さを改めて考えてもらいたいです。

 世界には、生きたくても生きられない人がいます。
私は、生まれてきた自分にほこりを持って人生を歩みたいと思います。
そして、いつの日か心をこめて、
「ありがとう。」
と伝えられる日がおとずれることを願っています。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい 応援したくなる  掲載日:2015/8/24
それが神サマ!? 一の巻「あらわる」
それが神サマ!? 一の巻「あらわる」 著: 橘もも
絵: コトコト

出版社: 講談社
けいかいなテンポのやりとりが、読んでいておもしろかったです。
何事も、一生けん命じたばたと運命を変えようとする颯月は、
応援したくなりました。
地味で暗いイメージの神社ですが、この本を読んで、この土地を見守る
良い所なんだな、と思えるようになりました。
心がなんだかすっと軽くなるお話です。
参考になりました。 2人

127件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

可愛いプリンちゃんのお話4作目は、お父さんとおでかけ♪

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット