雨ニモマケズ 雨ニモマケズ 雨ニモマケズの試し読みができます!
作: 宮沢 賢治 絵: 柚木 沙弥郎  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
闘病生活のさなかに賢治が書きとめられたその言葉は、 作品として書かれたものではなく、 賢治の「祈り」そのものだった・・・・・・。
りひまるさん 40代・ママ

たくさんの人に
宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」こういっ…

koyokaさんの公開ページ

koyokaさんのプロフィール

じいじ・ばあば・50代・兵庫県

koyokaさんの声

824件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 私を笑わせてくれる内容でした。  掲載日:2017/6/20
七福神の大阪ツアー
七福神の大阪ツアー 作: くまざわあかね
絵: あおき ひろえ

出版社: ひさかたチャイルド
大阪在住ではないのですが
関西人のおばあちゃんの私です。
七福神のメンバーが慰安旅行だなんて
おもしろすぎます。
それも特徴をよくつかんでいて、
個性いっぱいの関西弁のやり取りは、
中高年の団体そのもので
笑いが止まりませんでした。
大阪観光も知ってる地名ばかりで、
私も参加したいと思うぐらい
楽しさが伝わってきました。
七福神、関西弁、大阪の名所に
まったくなじみがなければ
どこまでそのおもしろさがわかるかな。。と
思いました。
まだ知らないお子さんには
七福神、大阪、関西弁も
知ってほしいな。。というのが
私の感想です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夢がある可愛らしい絵本  掲載日:2017/6/19
リルリルちゃんとおかしパーティー
リルリルちゃんとおかしパーティー 作・絵: きたがわ めぐみ
出版社: 白泉社
小さなリルリルちゃんの お菓子パーティー。
動物たちに招待状を出して
みんなもそれぞれ おいしいものを作って
持ち寄りパーティーなんですね。
絵がとても可愛いので
どのページも見ているだけでも和みます。
「おいしいもの」みんなお菓子を用意しているんですね。
それで お菓子の家を作って
夢のあるお話だと思いました。
あまい においにさそわれて
もりのお友達が集まってきたり
最後のページの カメさんの様子も
微笑ましい終わり方だと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 心に残るさくひんでした。  掲載日:2017/6/16
みてみて おかあさん
みてみて おかあさん 文: LEE
絵: みやこし あきこ

出版社: 白泉社
表紙の女の子の表情、
全体的に暗いというより 明るすぎない色づかいの絵ですが、
それが一層 お話の内容を物語っているような気がします。
私は3人の子育てを終えて 孫がいる世代です。
このお話を読んだ時、自分自身が母親目線で
読んでいました。
30年ぐらい前、第2子の長男を産んだ頃、
2歳2ヶ月だった長女に寂しさを味あわせていたことを
思い出しました。
子育てに追われていましたから。
頑張っていろいろ学んで成長していく主人公と
長女を重ね合わせて読んでしまいました。
そんな長女も今となっては
私と同じように3人の子育てを頑張るママに
なりました。
子どもにとって
ぬいぐるみや おもちゃが大切な存在なのも
子育てを通じて私自身も実感していたことでした。
絵本の中の場面が印象に残りました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とても丁寧に描かれています。  掲載日:2017/6/16
とびきりおいしいデザート
とびきりおいしいデザート 文: エミリー・ジェンキンス
絵: ソフィー・ブラッコール
訳: 横山 和江

出版社: あすなろ書房
読み応えのある内容でした。
大人の私も絵本の世界に引き込まれました。
4つの時代、4つの家族、4つのお話で構成されていました。
それも300年くらい前からのスタートです。
長い歴史の中で同じデザートを作って食べる親子、
家族の様子が丁寧に描かれていて
見比べてしまいます。
長い歴史の中で進化して便利になっていく生活や
使いやすくなっている道具類。
基本となるものは受け継がれているということが
わかります。
デザートを作る楽しみ、喜びも伝わってきます。
小さいお子さんには長く感じるかもしれませんが
興味が持てるようになったら
ぜひオススメしたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 日本の言葉って素晴らしい。  掲載日:2017/6/16
ことばのこばこ
ことばのこばこ 作・絵: 和田 誠
出版社: 瑞雲舎
これは子供たちだけではなく
大人も。。
中高年から高齢者まで
ぜひ読んでおきたい絵本だと思います。
日本語の言葉のおもしろさ、
言葉遊び、絵を見ながら
声に出して読みたいと思いました。
なるほど。。そうくるのか。。
発見があります。
私は勉強の中では算数より
国語や文字の方が得意でした。
この年齢になって
教科書(テキスト)に出会ったような
新鮮さを感じることができました。
大人になっても絵本は最高です。
学ぶことができますね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う それぞれに 最高の日ですね。  掲載日:2017/6/16
ほんと さいこうの日
ほんと さいこうの日 作: レイン・スミス
訳: 青山 南

出版社: BL出版
BL出版さんらしい 絵本だと感じました。
外国の作品で のどかな
それでいて独特な絵と文章だと思います。
小動物から くまさんまで
それぞれに ひだまりの居心地の良さ、
それぞれに好きな場所と時間があります。
大きなくまさんがやってきたら。。
のどかな風景ですね。
くまさんに 取られちゃった気がするけれど
最高の日がどんなものか
とてもあたたかな幸せなイメージを感じることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とっても可愛いです!  掲載日:2017/6/16
ねがえり ごろん
ねがえり ごろん 作: 斉藤 洋
絵: ミスミヨシコ

出版社: 講談社
赤ちゃんの最初の1年間は
とても変化があって 個人差もあって
寝返りも得意だったり 苦手だったり
見守るのも楽しい時期だと思います。
子育て真っ最中は そんな余裕もなく
私も孫がいる年齢になって
そんな気持ちの余裕ができたのかもしれません。
「ねがえり ごろん」
とても微笑ましい様子が
絵本の中にあふれています。
可愛らしい様子を感じることができました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 郷土玩具が並んでいます。  掲載日:2017/6/16
こけしが こけて
こけしが こけて 作・絵: 新井 洋行
出版社: 鈴木出版
こけしがこけて。。
表紙を見たときは それほど興味が持てませんでした。
「こけし」は 昔を思い出すというか
なつかしさはあるけれど もう忘れていましたから。
読んでみると 
なつかしい郷土玩具が並んでいる。
私世代なら どれも知っていて
そういえば子供のころ あったような。
飾ってあって
こけしがこけたら(倒れたら。。)
あっ!そういう展開になるのも
ユーモアがありますね。
表情も面白さが感じられます。
今の子供たちは
こんな郷土玩具を見たことがあるかな?
興味を持ってほしいし、
伝統工芸の素晴らしさも知ってほしいと思いました。
読み終えて印象に残る絵本でした。 
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 専門的な絵本です。  掲載日:2017/6/14
さくら研究ノート
さくら研究ノート 著: 近田文弘
絵: 大野 八生

出版社: 偕成社
桜の木は とてもなじみがありますね。
校庭には必ずと言っていいほどあって、
入学式のころには そこで写真を撮る風景。
子育ても終わり 歳を重ねた今でも
4月になると お花見にわざわざ行かなくても
近くの学校の桜が見ごろになるのが楽しみです。
それほどなじみがあり 好きな花ですが、
私には詳しい知識はありませんでした。
絵本なので 私にもわかりやすいかと思いましたが、
思った以上に専門的なことが描かれています。
絵本ならスグに読み終えるのですが、
今の私には こちらはじっくり読みたいものでした。
私にちょうどいい教科書のようです。
タイトルの さくら研究ノートというのも
ふさわしいと思いました。
何歳ぐらいから興味が持てるかは
わかりませんが、このような絵本は
成長に応じて 子供さんに出会ってほしいと思いました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 初めて読みました。  掲載日:2017/6/9
わんぱくだんのおかしなおかしや
わんぱくだんのおかしなおかしや 作: ゆきのゆみこ 上野 与志
絵: 末崎 茂樹

出版社: ひさかたチャイルド
シリーズ21作目だと聞いて驚きました。
私は今まで知らなかったのです。
末崎茂樹さんの絵本は
何度か見たことがあり
動物や こどもの表情、奥行きというか、
立体感というのでしょうか、
はっきり感じられて
私も大好きな絵です。
こちらはストーリーとも合っていて
お菓子などがとても美味しそうに見えます。
子供たちの様子もわかりやすく
ワクワクするお話ですね。
シリーズの最初から読むと
3人のこともよくわかるのでしょうね。
少しずつ読んでいこうと思いました。
参考になりました。 0人

824件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『にじいろのネジ』安田真奈さん、はりたつおさん、河野裕さん

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット