キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2 キキとジジ 魔女の宅急便 特別編その2
作: 角野 栄子 画: 佐竹 美保  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

いちこうさんの公開ページ

いちこうさんのプロフィール

ママ・30代・兵庫県

いちこうさんの声

111件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 仕掛けが楽しい  掲載日:2017/9/14
さわって学べる算数図鑑
さわって学べる算数図鑑 監修: 朝倉 仁
出版社: 学研
書店で見本を触って楽しそうに遊んでいたので、購入しました。
算数の図鑑や本はたくさんありますが、仕掛け絵本は珍しいなと感じます。
早速破ってしまった場所もありますが、触って遊びながら、数や形を理解していってくれたら言うことなしです。

九九の図鑑も持っていますが、仕掛けはこちらのほうが断然楽しいです。
2歳の子供も興味津々で触り、破ってくれますが、修復しながら楽しく触って遊んで学んでくれたらいいなと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい だいすけお兄さん!  掲載日:2017/9/14
kodomoe2017年10月号
kodomoe2017年10月号 出版社: 白泉社
毎号楽しみにしていますが、今号のロングインタビューは、横山だいすけさん。
だいすけお兄さんは私も子供も大好きなので、とても嬉しかったです。
プライベートな一面を知ることのできたインタビューでした。
子供に邪魔されず、ゆっくり読みたくなる一冊です。
絵本の付録はどちらもとても楽しくて、くるまの図鑑は丁寧で詳細に描かれていて、細部まで見入ってしまいます。
オムライスの絵本も、キャラクターがとっても生き生きと描かれていて楽しい絵本でした。
ハロウィン飾りつけや、手作りアイテムなども、これからの時期にピッタリで、内容が充実した一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 面白い考え方  掲載日:2017/9/8
たす
たす 著: 石川 善樹 石川 理沙子
出版社: 白泉社
思わず、そうきたか、と唸ってしまう絵本です。
1+1=2
という概念を取り払った「たす」という考え方。
アイディアがたくさん詰まった絵本です。
ママ+りんご=ウサギのリンゴ
が個人的にとても好きです。
子供は???と不思議顔でした。
子供に、多方面から物事を見て、色んな考え方を知ってほしいと思っていた時期なので、いいきっかけになりそうな一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う かわいい絵本  掲載日:2017/9/8
しゃっくりくーちゃん
しゃっくりくーちゃん 著者: 竹下 文子
絵: 岡田 千晶

出版社: 白泉社
とってもかわいい、くーちゃんのしゃっくりを止めるお話です。

しゃっくりが止まらなくて困ったくーちゃんに、お友達があれやこれやとしゃっくりを止める方法を教えてくれます。
そういえば、私もしゃっくりが止まらなくて困ったときは同じようなことをしたり、友達が教えてくれたことを思い出しました。
なかなか止まらないしゃっくりに、子供も真剣に読み進めていました。
果たして、くーちゃんはしゃっくりを止めることが出来るのか?
ドキドキする絵本です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 4歳でも楽しめます  掲載日:2017/9/8
はじめてであうすうがくの絵本3
はじめてであうすうがくの絵本3 作・絵: 安野 光雅
出版社: 福音館書店
子供が一番好きなのは「まよいみち」のところです。
絵を真剣に眺めたり、まよいみちを指でなぞったりして楽しんでいます。
安野光雄さんの本は、丁寧で細かい描写がとても魅力的です。
この絵本は繰り返し繰り返し読むうちに、考え方の基本が身につくように感じます。
1、2と購入しましたが、3が一番お気に入りのようです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み聞かせにもいいかも  掲載日:2017/9/6
1から100までのえほん
1から100までのえほん 作・絵: たむらたいへい
出版社: 戸田デザイン研究室
1から10までの絵本はよく見かけますが、こちらは100まで。
数字が好きな息子は、手に取ってパラパラとめくり数を数えていました。

ストーリー仕立てになっているので、読み聞かせとしてもいいと思います。
なかなか100までひとつずつ数えるのは大変ですが、イラストが丁寧に描かれていて見るのも楽しいです。

数に慣れ親しませたい年ごろにお勧めです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 表紙がお気に入り  掲載日:2017/9/6
まわして学べる算数図鑑 九九
まわして学べる算数図鑑 九九 監修: 朝倉 仁
出版社: 学研
書店でみほんを見て、算数図鑑と九九図鑑、どちらにしようかと迷いました。
子供に選ばせると迷うことなく九九図鑑を選びました。
仕掛けがあり、特にぐるぐる回る表紙がお気に入りのようです。
私自身は算数図鑑がほしかったのですが。。。
九九とはいえ、12段まで解説してあります。
今はパラパラ仕掛けをめくっているだけですが、解説を読み、九九の仕組みを理解してくれたらと思います。
仕掛けがあり楽しく九九を理解できる本だと思います。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい お寿司に興味を持った時に読みたい  掲載日:2017/8/3
おすしのずかん
おすしのずかん 作: 大森 裕子
出版社: 白泉社
お寿司の図鑑ってとっても斬新です。
回転ずしに興味を持ち始めた子供にちょうどピッタリでした。
「いらっしゃいませ〜何にしますか〜」
と図鑑を見せながら聞いてきたり
「これ好きなやつ」
と図鑑を指して教えてくれます。

一番のお気に入りは軍艦の「?」
我が家では「なんだ?巻き」と呼んでいます。
粘土で作ってみるほど気に入っている「なんだ?巻き」
親子で楽しめる図鑑です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 歯磨き啓発  掲載日:2017/7/28
はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう!
はみがきれっしゃ しゅっぱつしんこう! 作: くぼ まちこ
出版社: アリス館
歯磨き嫌いの時期に出会っていたら、変化があったかな?と思う絵本です。
変化がなかったかもしれませんが。。。

こういった絵本で歯磨きがスムーズになれば親としては嬉しいです。
食べかすを奇麗に磨いていく様子がとてもうまく描かれているなぁと思います。
今では歯磨きを嫌がりませんが、絵本を読んだ後は、歯磨きをする際に
「はみがきれっしゃ!」と言って歯磨きをしていました。
心に響く絵本の影響は大きいです。
歯磨き嫌いのお子さんでなくても、読むとなにか変化があるかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 親子で楽しめる  掲載日:2017/7/28
ノラネコぐんだん あいうえお
ノラネコぐんだん あいうえお 著者: 工藤 ノリコ
出版社: 白泉社
あいうえおに初めて触れるお子さんには難しいかもしれません。
あいうえおに慣れ親しんだお子さん向けかな、という印象を持ちました。

細かなイラストで、とても楽しいです。
どこからかストーリーが生まれてきそうで、見ているだけで飽きません。
斬新なあいうえおの絵本だと思います。
のらねこぐんだんファンにはたまらない一冊ではないでしょうか。
親子で楽しめるあいうえおの絵本です。
参考になりました。 0人

111件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

『トリック オア トリート!』岡村志満子さんインタビュー

出版社おすすめ

  • あっぷっぷ
    あっぷっぷ
    作:中川 ひろたか 絵:村上 康成 出版社:ひかりのくに ひかりのくにの特集ページがあります!
    「にらめっこしましょ あっぷっぷ!」「もっかい やって!」と繰り返し遊べるあかちゃん絵本です。
  • どんぐりちゃん
    どんぐりちゃんの試し読みができます!
    どんぐりちゃん
    作:アン・ドヒョン 絵:イ・ヘリ 訳:ゲ・イル 出版社:星の環会 星の環会の特集ページがあります!
    小さなどんぐりちゃんと落ち葉の優しく切ない命のつながりの物語

全ページためしよみ
年齢別絵本セット