カミーユせんせいはまほうつかい!? きりんのカミーユ カミーユせんせいはまほうつかい!? きりんのカミーユ カミーユせんせいはまほうつかい!? きりんのカミーユの試し読みができます!
作・絵: ジャック・デュケノワ 訳: 石津 ちひろ  出版社: 大日本図書 大日本図書の特集ページがあります!
しょうがくせいっに、なったら〜 こんなに おもしろいこと あり!?
きーちゃんママさん 30代・ママ

楽しい学校
小学1年生の長女に借りてきました。 …

きゃべつさんの公開ページ

きゃべつさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子13歳 男の子10歳

自己紹介
子供が面白い本がないか、幼稚園や学校の読み聞かせにいい本がないかと投稿してるうちに、上の子はあっという間に中学生になりました。本当に月日の経過を感じてます。
子供たちは絵本は卒業しつつありますが、私の学校での読み聞かせはまだ続いていて、今では子供たちは本選びの良き相談相手になってます。難しい時期に差し掛かりつつある子供たちですが、小さいころから親しんできた絵本というツールが、親子のコミュニケーションの手段にもなっています。
 こうして本と触れ合いながら生活できたのも、絵本ナビさんや皆さんの楽しいレビューのおかげだなと、しみじみ思うこの頃です。こんなに読んでも、まだまだ楽しい本がたくさんあってこちらにお邪魔してます。よろしくお願いします。                                                         2014年 7月
好きなもの
好きな作家
長新太・荒井良二・谷川俊太郎・レオ・レオーニ・いとうひろし・安野光雅・ねじめ正一 長谷川義史 大島妙子 高畠純
この人たちの作品には評価が甘いかもしれません(笑)

好きなこと
日本美術史を勉強してました。日本画・寺社仏閣だけでなく色んなジャンルの絵を見るのが好きです。なので、絵本もまず絵を見る癖があると思います。ピアノを習っていたせいか、読み聞かせにいってるせいか、文章のリズム感も絵本選びのポイントになってると思います。
最近は庭のガーデニングに凝っていて、花の写真を始めました。料理・食べること、大人の小説を読むのも好きです。

きゃべつさんの声

1374件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 感情を表さないということ  掲載日:2015/3/26
なく、おこる
なく、おこる 文: 秋山さと子
絵: スズキ コージ

出版社: 復刊ドットコム
どんな目にあっても感情を表さない少年が、とうとう見世物にされてしまう!というちょっとショッキングな内容です。

「泣いたり怒ったりしないというのは、これほど大変なことなのだ。
とても大事なことなのだ」というメッセージを、子供が読み取れるかどうかは微妙だなーと思いましたが、間違いなく怖い話として子どもの心に残っているようです。
スズキコージさんの絵も怖いですので、インパクトは強かったです。

最近、うちの子も含め意思表示の下手な子、コミュニケーション不足な子が増えてると思ってたところに、この本を読んだので大人の私は考えさせられました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 思わず笑顔になれる本  掲載日:2015/3/24
わらうほし
わらうほし 作・絵: 荒井 良二
出版社: 学研
荒井さんらしい笑顔をテーマにした可愛いラストの絵本です。

荒井さんのにこにこ笑顔の絵を見ているうちに、こちらまで元気がでてきます。
「笑う」ということの大切さ、笑顔は人の心が和ませるのだなーと、改めて思いました。
落ち込んでるときに、読むといいかもしれません。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 逆さの意味でも通じてる  掲載日:2015/3/22
さかさのこもりくんとおおもり
さかさのこもりくんとおおもり 作・絵: あきやま ただし
出版社: 教育画劇
こうもり親子のお話です。逆さにぶら下がってるから、言葉の意味が逆さなのです。
くさいおならは「いいにおい」、美味しい蒲萄は「まずーーい」となります。

読み始めは???となりましたが、すぐに逆さの意味言葉ワールドに
引き込まれてしまいました。楽しい言葉遊びの絵本です。
こうもりの親子のテンポが絶妙なのが良いと思いました。

きっと読み聞かせでも低学年なら受けるのではないでしょうか。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼのと春を感じる  掲載日:2015/3/22
春 はる
春 はる 作・絵: 五味 太郎
出版社: 絵本館
この季節の絵本と言えば、春を見つけよう、桜の花が・・などと春にちなんだことをこれでもかとちりばめているものが多いと思うのですが、この本は違います。

見開きの右ページは窓枠です。
その窓枠を通り過ぎる子どもたちや蝶の風景が通り過ぎていきます。
そんな控えめな事なのに、ちゃんと[なるほど。春だ」と思えるのです。
さすが五味さんだなーと思いました。
シンプルですが、少し大きいこの方がこの本の味わいがわかるような気がします。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 哲学的です  掲載日:2015/3/14
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本
たぶん ほんと マッシュノートのおしゃれ絵本 文: 間部 香代
絵: ナタリー・レテ

出版社: マッシュノート
たぶんほんとのおはなしをします。という書き出しからして、何が始まるのだろうと思って読み進めました。
目線の違い、人の勘違い、感じ方。。いろんな方面に話が飛んでるように見えて、テーマは一つにつながっています。
ちょっと目線をちがえてみてみると、普段は気にしていない「たぶんほんと」がみえてくるということだと思います。

私のような大人の堅い頭には、哲学的で新鮮な絵本でした。また新しいタイプの絵本に出会いました。好みが分かれるところだと思いますが私は好きですね。本棚に置いておきたい一冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 元気が出ます  掲載日:2015/3/4
じゅんびはいいかい
じゅんびはいいかい 作: 荒井 良二
出版社: 学研
荒井良二さんの新作のようで、早速読んでみました。
タイトルの意味は「春の準備はいいかい」という意味です。
春になるのを待ちわびていたように、鳥はさえずり、花は咲き、子供はブランコに乗る。そんな風景が絵本になっています。

荒井良二さんらしいポップな色調で、元気の出る一冊です。
小さい子向けの2-3月の読み聞かせにもいいかと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 友だちは大切  掲載日:2015/3/4
サルくんとバナナのゆうえんち
サルくんとバナナのゆうえんち 作・絵: 谷口 智則
出版社: 文溪堂
さる君が、つるっとアナに落っこちて、モグラさんの案内で遊園地に行きます。
しかし、ウサギさんの姿が見当たらなくなって、サル君はさがしに行って助けに行きます。

うさぎさんを探しに行くサル君の思いやり、バナナが一本しかないけれど助け合う姿が良いです。
友だちの大切さ、みんなと遊ぶ楽しさを教えてくれるストーリーだと思いました。画風も私は好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 季節は流れ  掲載日:2015/3/4
てつぞうはね
てつぞうはね 作: ミロコ マチコ
出版社: ブロンズ新社
今、ミロコマチコさんがマイブームです。パワーあふれる少し抽象画っぽい画風が大好きです。

このお話は猫のお話なのですが、シンプルな文章の中にたくさんの深い意味を含んでいます。子供だけでなく大人が読んでもじーーんと着てしまいます。
飼っていた猫が亡くなっても季節は変わり、また新しい命が家に来て以前の猫と同じことをする。それは偶然なのでしょうかね。

輪廻転生とは少し違いますが「季節が巡る」ということについて、思いを馳せてしまいました。その起点を春に持ってきたところが、ニクイ演出です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 綺麗ごとじゃないところがいい  掲載日:2015/3/4
うそ
うそ 作: 中川 ひろたか
絵: ミロコ マチコ

出版社: 金の星社
中川さんの嘘についての文章に、ミロコマチコさんの大胆な絵が素敵な一冊です。
身近な嘘について考えているのですが、うそとお世辞といいわけの違いはなんだろうなーと思いながら読みました。嘘をついたほうがその場がうまくやり過ごせる場合もある場面の数々が、絵本になっています。

だんだん反抗期に差し掛かってくる小学校中学年以降ぐらいで読むと
より共感できるのではないかなーと思います。
「おこる」「泣いた」に続くシリーズですが、この「うそ」も子供の心に寄り添った良いテーマだと思いました。
子どもが大きくなっていけば、綺麗ごとは通用しなくなりますから、
こちらも大人として一緒に考えればいいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 友情  掲載日:2015/2/20
ヒワとゾウガメ
ヒワとゾウガメ 作: 安東 みきえ
絵: ミロコ マチコ

出版社: 佼成出版社
ミロコマチコさんの絵が好きなのでためし読みさせていただきました。

長生きのゾウガメとその背中に乗っている一羽の鳥のお話です。
「ゾウ」という生き物は長生きで、あなたの仲間に近いという話を聞き
さがしに行ってしまう一羽のヒワと、その背中の上に居なくなったことで初めてその存在の大切さに気付くゾウガメ。一言では言いきれない良いストーリーでした。
寿命の長さが違う者同士の友情が暖かく描かれていてほろりとしました。

繊細なテーマのストーリに、ミロコさんの大胆な絵がとてもマッチしています。特にゾウガメの表情がいいと思いました。
ちょっと大きい子向けかなーと思います。
参考になりました。 0人

1374件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中