ポカポカフレンズのおでかけ布えほん・のりもの おでかけプップー ポカポカフレンズのおでかけ布えほん・のりもの おでかけプップー
イラスト: さつき ねむ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
かわいい「おでかけ布えほん」が出来ました!シャカシャカ、リンリン、楽しい音がいっぱい♪

きゃべつさんの公開ページ

きゃべつさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子13歳 男の子10歳

自己紹介
子供が面白い本がないか、幼稚園や学校の読み聞かせにいい本がないかと投稿してるうちに、上の子はあっという間に中学生になりました。本当に月日の経過を感じてます。
子供たちは絵本は卒業しつつありますが、私の学校での読み聞かせはまだ続いていて、今では子供たちは本選びの良き相談相手になってます。難しい時期に差し掛かりつつある子供たちですが、小さいころから親しんできた絵本というツールが、親子のコミュニケーションの手段にもなっています。
 こうして本と触れ合いながら生活できたのも、絵本ナビさんや皆さんの楽しいレビューのおかげだなと、しみじみ思うこの頃です。こんなに読んでも、まだまだ楽しい本がたくさんあってこちらにお邪魔してます。よろしくお願いします。                                                         2014年 7月
好きなもの
好きな作家
長新太・荒井良二・谷川俊太郎・レオ・レオーニ・いとうひろし・安野光雅・ねじめ正一 長谷川義史 大島妙子 高畠純
この人たちの作品には評価が甘いかもしれません(笑)

好きなこと
日本美術史を勉強してました。日本画・寺社仏閣だけでなく色んなジャンルの絵を見るのが好きです。なので、絵本もまず絵を見る癖があると思います。ピアノを習っていたせいか、読み聞かせにいってるせいか、文章のリズム感も絵本選びのポイントになってると思います。
最近は庭のガーデニングに凝っていて、花の写真を始めました。料理・食べること、大人の小説を読むのも好きです。

きゃべつさんの声

1327件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 軋んだ心がほぐれるとき  掲載日:2014/9/20
どんぐりのき
どんぐりのき 作・絵: 亀岡 亜希子
出版社: PHP研究所
すっかり涼しくなってきたので、秋の季節感のある本をと思い、試し読みさせていただきました。
「どんぐりかいぎ」「まいごのどんぐり」など、どんぐりをテーマにしたお話は、なぜか良作が多い気がします。このお話も間違いなく良作です!

かつて、りすたちに実が「まずい」と言われたどんぐりの木は、それから木に実をつけなくなります。それ以後ひねくれ者として暮らしていたどんぐりの木ですが、その木に住むようになった一匹のリスとの出会いから気持ちが少しずつほぐれていきます。とても素敵なお話でした。

心が解き放たれる時って、ほんの些細なきっかけなのかもしれません。頑なになるときも同じですね。
難しい時期に差し掛かってる子供たちとも、些細な言葉の行き違いがあります。親の私の在り方に置き換えて考えてしまいました。

字も読みやすく絵も素敵で、この本が欲しくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う こんな買い物だったら・・  掲載日:2014/9/20
かいものへいこう
かいものへいこう 作・絵: タミ・ヒロコ
出版社: 学研
買い物に行こうと思ったら、道が迷路になっていたり大きな犬に会ったり・・奇想天外なことがたくさん起こります。

こんな買い物だったら大変ですが、ナンセンスでほのぼのとした展開と、
ページを開くたびに次に何が起こるだろうというわくわく感に、楽しく読むことができました。ポップな絵なので親しみやすいと思います。
読み聞かせのおまけにもいいと思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ごま一粒から幸せになるまで  掲載日:2014/9/20
ごまひとつぶで…
ごまひとつぶで… 作: 水谷章三
絵: 岩田健三郎

出版社: 太平出版社
他の方も書いてますが、韓国版のわらしべ長者というとぴったり来ます。

一粒のゴマから始まってゴマを食べたネズミ→ネズミを食べたねこ→という風にどんどん動物が大きく立派になっていきます。
しまいに、どんなふうになるかは読んでのお楽しみにしますが、
どんどん豪華になっていく雰囲気は、読んでいてわくわくしてきます。

普通に交換する日本のわらしべ長者のほうが私は好きかなーと思って、星ひとつ減らしてしまいました。
でも、どの国の民話もどこか滑稽でユーモアのある部分のあるお話は楽しいですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい みんなが寝れる場所は・・  掲載日:2014/9/20
ねむたいピクルスくん
ねむたいピクルスくん 絵・文: 五十嵐 昭子
出版社: 至光社
ピクルスが主役の絵本を今まで読んだことがなかったので
題名に惹かれてためし読みで読ませていただきました。

ピクルス君が眠くなったせいで、野菜もハムもみんなが眠くなってしまうというストーリーに、くすっと笑ってしまいました!
みんながとある場所に寝ることで落ち着くのですが、思わず「そう来たかー」と思いました。朝になったら、この家の家主のおいしい朝食ですね。

夜中の食材たちのほのぼのトーク、楽しい一冊でした。
参考になりました。 2人

自信を持っておすすめしたい こんな展開とは・・  掲載日:2014/9/18
ソメコとオニ
ソメコとオニ 作: 斎藤 隆介
絵: 滝平 二郎

出版社: 岩崎書店
学校の図書整理で見つけました。見かけは「モチモチの木」によく似ていますが、中身は全然違いました(笑)

鬼にさらわれた女の子のことを、皆心配するのですが、
鬼のほうが女の子に手を焼いてしまって、親に引き取ってもらうというお話です。
画の雰囲気からまじめな物語を予想していたのですが、楽しく読めました。

昔ながらの子供らしい子供のソメコと、優しい鬼の姿に思わずほんわかする一冊でした。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 楽しい回文  掲載日:2014/9/13
ぞうからかうぞ
ぞうからかうぞ 作: 石津 ちひろ
絵: 藤枝 リュウジ

出版社: BL出版
2年生の読み聞かせに使った方がいて、知りました。

しんぶんし のようなシンプルな回文ではなく、
石津さんの頭の中からあふれ出たユーモアたっぷりの回文が見開きで2つずつ紹介されてます。
どれも面白かったですが、子供たちよりも
一緒に聞いてた先生や大人のほうが楽しんでいたかもしれません。

だまるだるま きからはがき などシンプルなものからちょっと長めのものまで楽しく頭の体操をさせてもらいました!
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 子どもも気を使うのですね・・  掲載日:2014/9/12
健ちゃんの贈り物
健ちゃんの贈り物 出版社: 理論社
中学生の息子が学校で借りてきました。

もうすぐ誕生日を迎える健ちゃんですが、お父さんの会社のやりくりが苦しくて、誕生日プレゼントを巡ってお父さんとお母さんが喧嘩をしてるのを聞いてしまいます。
そこで、健ちゃんと健ちゃんのお友達が秘策を考えだします・・。

子どももだんだん思春期に突入すると、大人の事情が少しだけわかるようになってきます。子どもの友達にも両親の不仲な子がいたりするようなので、このお話に共感する子も多いかもしれないです。
親の立場から読むと、ちょっと切なく複雑な気持ちになりますが・・。

短いストーリーの中にいろんな深い要素が入った良作だと思います。
小学校高学年くらいから読めると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんわか身長測定  掲載日:2014/9/5
どうぶつしんちょうそくてい
どうぶつしんちょうそくてい 文: 聞かせ屋。けいたろう
絵: 高畠 純

出版社: アリス館
大好きな高畠さんの本なので試し読みさせていただきました。
期待を裏切らない身長測定のお話でした!

動物の身長ってこんな長さなのだなーと、ちょっとしたミニ知識にもなりましたし、
高畠さんの何とも言えないゆるい感じのユーモアワールドに
こちらも思わず笑みがこぼれました。

身体測定の前に読み聞かせがあれば、ぜひ利用したいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 可愛いお化けです  掲載日:2014/9/2
おばけの飼いかた育てかた
おばけの飼いかた育てかた 作・絵: ジェラルド・ホースクリー
訳: 渡辺 順子

出版社: 文溪堂
小4の息子が自分で図書館で借りてきました。最近は随分大人びた本も読むなーと思ってたのですが、まだまだ、こんなかわいい本も借りてくるものです。

タイトル通り、お化けの飼育方法の指南書?のようなものです。ユーモアたっぷりで、楽しいですね。こんなお化けだったら、かわいくて飼ってもいいかなと思ってしまいます。
暗いと2階に行くのを怖がる次男が、こんな本を読んでいて
ますますお化けを信じてしまうのではないかなーと思いました(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 循環するしくみ  掲載日:2014/9/2
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ
ちきゅうがウンチだらけにならないわけ 作: 松岡 たつひで
出版社: 福音館書店
今年の3-4年生の読書コンクール課題図書だったの興味を持って読みました。
色々な動物のうんちと、本のタイトル通りうんちだらけにならない理由について述べられた本です。
といっても、絵本ですので難しくなく子供たちにわかりやすく、微生物の役割や、資源の循環の仕組みを教えてくれます。
自然って本当によくできているんだなー、一つとして無駄な生物などいないのだと改めて感心しました。

この本で中学年の子が、自分の意見を述べつつ感想文を書くのはなかなか難しいと思いますが、
自然について、人間社会についてこちら側で考える問題を色々提示してくれた一冊でした。
参考になりました。 0人

1327件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ

  • やじるし
    やじるしの試し読みができます!
    やじるし
    作・絵:平田 利之 出版社:あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!
    新しいのに懐かしい何度でもページをめくりたくなる絵本。

全ページためしよみ
サイン本販売中