くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜! くろくまくん トイレで ち〜!の試し読みができます!
作・絵: たかい よしかず  出版社: くもん出版 くもん出版の特集ページがあります!
むず むず もじ もじ してきたら…くろくまくんと一緒にトイレトレーニング♪
ぴょーん爺さん 60代・じいじ・ばあば

トイレトレーニング
全頁試し読みで読みました。2歳9ヶ月に…

きゃべつさんの公開ページ

きゃべつさんのプロフィール

ママ・40代・埼玉県、男の子13歳 男の子10歳

自己紹介
子供が面白い本がないか、幼稚園や学校の読み聞かせにいい本がないかと投稿してるうちに、上の子はあっという間に中学生になりました。本当に月日の経過を感じてます。
子供たちは絵本は卒業しつつありますが、私の学校での読み聞かせはまだ続いていて、今では子供たちは本選びの良き相談相手になってます。難しい時期に差し掛かりつつある子供たちですが、小さいころから親しんできた絵本というツールが、親子のコミュニケーションの手段にもなっています。
 こうして本と触れ合いながら生活できたのも、絵本ナビさんや皆さんの楽しいレビューのおかげだなと、しみじみ思うこの頃です。こんなに読んでも、まだまだ楽しい本がたくさんあってこちらにお邪魔してます。よろしくお願いします。                                                         2014年 7月
好きなもの
好きな作家
長新太・荒井良二・谷川俊太郎・レオ・レオーニ・いとうひろし・安野光雅・ねじめ正一 長谷川義史 大島妙子 高畠純
この人たちの作品には評価が甘いかもしれません(笑)

好きなこと
日本美術史を勉強してました。日本画・寺社仏閣だけでなく色んなジャンルの絵を見るのが好きです。なので、絵本もまず絵を見る癖があると思います。ピアノを習っていたせいか、読み聞かせにいってるせいか、文章のリズム感も絵本選びのポイントになってると思います。
最近は庭のガーデニングに凝っていて、花の写真を始めました。料理・食べること、大人の小説を読むのも好きです。

持っている

公開

本棚を公開するようですが、大人の私が楽しんでる本です。

  • ことりをすきになった山
  • 富士山うたごよみ
  • そのつもり
  • はっぴぃさん
  • たいようオルガン
  • アレクサンダとぜんまいねずみ
  • わすれられないおくりもの
  • 新・おはなし名画シリーズ(23) 対訳 鳥獣戯画
  • かぜはどこへいくの
  • つきよ
  • 雨ニモマケズ Rain Won’t
  • 絵本画家の日記・長新太+講演会DVD
  • 長新太 ナンセンスの地平線からやってきた
  • 空想の繪本
  • 銀河鉄道の夜
  • やまなし
  • ふしぎなえ
  • あいうえおの本
  • 壺の中
  • はやくはやくっていわないで
  • プレゼントはなあに?
  • ルラルさんのたんじょうび
  • おさるのかわ

きゃべつさんの声

1350件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 楽しい教室ファンタジー  掲載日:2014/12/12
びりっかすの神さま
びりっかすの神さま 作: 岡田 淳
出版社: 偕成社
テストでビリをとると見える小さな羽の生えた生き物、それがびりっかすの神様です。
だんだん、みんなでびりっかすの神様を見ようということになり、神様が見える子が増えてきます。しかし、点数が下がるかというと・・そうではありません。

この神様「びりっかすの神様」ではなく、本当は出来る子を作る神様なのでしょうね。
楽しい教室ファンタジーのお話だと思いました。小4の次男は先が知りたくてかなり集中して読んでいました。
中学生の長男もなぜか読んでいましたが、それなりに面白かったようです。

主人公と同じ年齢の時にこういう話を読みたいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 不思議なお話  掲載日:2014/12/12
あなのはなし
あなのはなし 文: ミラン・マラリーク
訳: 間崎 ルリ子
絵・あな: 二見 正直

出版社: 偕成社
あなが主人公という変わったお話でした。
それは、くつしたの穴から始まり、その穴が旅に出ます。ドーナツに出会ったり、カエルに出会ったりしながらプチ冒険をするわけですが、ほのぼのとしているかというと、
オオカミのおなかから穴をあけて出てくる場面などは、ミステリーでもありました。

チェコの民話だということですが、不思議な感性だなーと思いました。
ページに空いた穴を中心に進んでいきますので、小さなお子さんなら楽しみながら読み進めることができると思います。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う サンタの1年がほのぼのします  掲載日:2014/12/12
100にんのサンタクロース
100にんのサンタクロース 作: 谷口 智則
出版社: 文溪堂
やはりクリスマスの時期はこういう本が読みたくなります。

サンタさんが春からクリスマスに向けて準備をするお話です。
この手のお話は沢山ありますが、サンタさんがの絵が素朴でかわいらしいところがいいなと思いました。100人の村のサンタににそれぞれ役割があり、そして最後に寝坊のサンタさんという落ちがついているところも、ほのぼのとしていていいです。
ふんわりとクリスマスへの気持ちが盛り上がりますね。

この時期の読み聞かせに向いていると思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 動物たちがポップで素敵!  掲載日:2014/12/12
ドロシーと まほうのえのぐ
ドロシーと まほうのえのぐ 作・絵: デニス&アラン・トレ
訳: こみや ゆう

出版社: PHP研究所
ポップで素敵な絵がいいなーと思って手に取りました。こちらに来て知りましたが40年以上も前に書かれたお話とは驚きです!今でも全く違和感がありません。

ドロシーの描いた絵が、現実の動物となって飛び出してくるお話です。
その動物たちのかわいさにこちらも思わずほっこりします。
動物たちがどんどん増えて行って、大賑わい。ひょんなことからスーッと消えてしまいますが、楽しく最後まで読めました。
こういうファンタジーは私は大好きです。子供の心の中にこのような創造の気持ちがあるうちに、ぜひ読んでほしい一冊です。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい 滑り台のスリル  掲載日:2014/11/27
せかいいち たかい すべりだい
せかいいち たかい すべりだい 文: 加藤 志異
絵: 山崎 克己

出版社: 大日本図書
楽しい絵に惹かれて、試し読みさせていただきました。
高い高い妖怪の滑り台からたろうくんが下りていくお話です。
うちの子供たちも滑り台が大好きだったなー、怖いくせに階段をどんどん上がっていってしまった事があったなと懐かしく思い出しました。

画面が途中で縦になってて滑り台のスリリングな雰囲気が良く出ています。
最後のオチもよかったです。

きっと、ぼくは公園で夢でも見ていたのでしょうかね。
スリルはあるものの、ほのぼのとしたお話でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 食べたくなる  掲載日:2014/11/19
きょうのごはん
きょうのごはん 作: 加藤 休ミ
出版社: 偕成社
各家庭の晩御飯が、ページ一杯に描かれています。さんま、コロッケ、カレー、寿司・・どれも美味しそうで、思わず絵の中に箸を入れたくなってしまいます!
とにかく、この本はおいしそう!これにつきます。

晩御飯の風景を絵本にすると、こんなに温かくて素敵なストーリーができるのだなあーと、しみじみ思いました。

ただし、朝の読み聞かせにはちょっと酷かもしれません。朝からおなかがすいてしまいます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わくわくクリスマス  掲載日:2014/11/13
クリスマスのおかいもの
クリスマスのおかいもの 作: たしろ ちさと
出版社: 講談社
もうすぐクリスマスの季節です。こういう時期には、ついついクリスマス本が読みたくなってきます。
そんな時、たしろさんの暖かい絵のこのほんが目に留まりました。

クリスマスの準備のために買い物をする3匹のお話です。
ストーリーの中から、楽しいクリスマスにむけてのわくわく感が伝わってきて、クリスマスというイベントが、こどもにとって楽しいものなのだと再認識しました。

この本を読みおわったら、家もクリスマスツリーを出そうかなと思ってしまいました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 自分を考える  掲載日:2014/11/13
ぼくのニセモノをつくるには
ぼくのニセモノをつくるには 作: ヨシタケシンスケ
出版社: ブロンズ新社
「リンゴかもしれない」と同じ作者の方なので、気になって読んでみました。
こちらも哲学的な内容となっています。

自分のコピーロボットを作るために、ぼくはどんな人間なのか、ロボットに教えてきます。
人にはいろんな場面でいろんな立場があること、いろんな顔があることがわかってきます。そしてその経験や情報の積み重ねで「自分という人間」ができているのだなーと改めて読者側が気づかされていくのではないでしょうか。

小さい子よりも少し大きい子のほうが楽しく読めるかもしれません。
ちょっと変り種絵本でしたが、最後の落ちが面白かったです。早々自分のコピーなど作れるものではありませんね(笑)
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 夜中の楽器たち  掲載日:2014/11/12
いっしょにあそばへん?
いっしょにあそばへん? 作・絵: 岡田 よしたか
出版社: 金の星社
食べ物の擬人化?で知られる岡田さんの新作のようで
思わず手にとって読んでしまいました。

今度は食べ物ではなく、主役は子供たちが使う楽器です。
夜中に楽器たちが家を抜け出し、公園に集まって演奏をします!

考えてみるとちょっとホラーな展開ですが、そんなことがもしも起こっていたらどんなだろうなーと、想像を膨らませることのできる一冊でしたが
うどんやちくわに比べるとインパクトは少なかったかもしれません・・。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 神隠し!  掲載日:2014/11/5
かくれ山の冒険
かくれ山の冒険 作・絵: 富安 陽子
出版社: PHP研究所
4年生の息子が、富安陽子さんの児童書にはまってます。ちょっと変わった魔物が登場することの多い富安さんのお話ですが、今回は猫夫人です!

猫夫人によって神隠しの世界に引き込まれてしまった男の子が
日常の世界に戻るまでの冒険物語です。
勇気を絞って冒険する姿に、息子は自分を重ねるのか?それとも冒険ファンタジーを楽しんでるのか、すごい集中力であっという間に読み終わっていました。富安さんの作品なら、私も安心して与えることができます。

不思議な世界の存在を信じたい小学校中学年くらいの子に
ちょうど面白い一冊だと思います。
参考になりました。 0人

1350件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

出版社おすすめ


スペシャルコンテンツメニュー

全ページためしよみ
サイン本販売中