うまれてきてくれてありがとう うまれてきてくれてありがとう
作: にしもとよう 絵: 黒井 健  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
プレゼントにも喜ばれています。いのちの大切さを伝える1冊

ぶらんこさんの公開ページ

ぶらんこさんのプロフィール

その他の方・20代・北海道

ぶらんこさんの声

63件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 赤ちゃんが生まれたら・・・  掲載日:2004/5/27
わたしのあかちゃん Welcome To
わたしのあかちゃん Welcome To 作・絵: たかばやしまり
出版社: のら書店
赤ちゃんが生まれてからの生活を素敵な挿絵で紹介しています。子育てするのに必要な品物や、成長の過程で体験していくことを、リズムの良い言葉とかわいい挿絵のバランスが良いです。でも、赤ちゃんへのファーストブックとしては、挿絵のサイズが小さく、色も多彩なので少し向かないかも知れません。どちらかというと、お母さんが読んでうれしい絵本になるでしょうか?しかし、使い方はいろいろあります。マタニティの方が読んで心の準備をする、少し大きくなった子どもたちが、赤ちゃんの頃の自分を感じる。女の子が大好きな要素のたっぷりつまった絵本です。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣き虫誰だ?  掲載日:2004/5/27
べそっかきフンガくん
べそっかきフンガくん 作・絵: 国松エリカ
出版社: 小学館
歯医者さんに行くのがいやで、迷子になって、心細くて泣いてしまうフンガくんのおはなし。1冊に5編のおはなしが収録されていて、1作品が短いので、寝る前に読むにはぴったりな長さです。子どもたちの経験にある「泣いてしまう」気持ちがフンガくんを通じて伝わってきます。きちんと解決して最後には笑顔になるので、明るい気持ちで読んであげることができます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 新しい家族を受け入れるときに読みたい  掲載日:2004/5/25
きょうもいいこねポー!
きょうもいいこねポー! 作・絵: チンルン・リー
訳: きたやまようこ

出版社: フレーベル館
ポーという犬と飼い主エイプリルの仲良し生活が描かれています。ポーの健康チェックの仕方や他の動物を飼うときの接し方も絵本のなかできちんと書かれているので、これから新しい家族としてペットを迎えるときに親子で一緒に読みたい作品です。子どもたちにもわかりやすく犬のことを紹介しているのは、日本語訳のきたやまようこさんの言葉も的確だからでしょう。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 学校にはもう慣れた?  掲載日:2004/5/25
ぜったいがっこうにはいかないからね
ぜったいがっこうにはいかないからね 作: ローレン・チャイルド
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
「ぜったい○○しないからね」シリーズの新作です。入学を控えた妹ローラは、学校に行くことに魅力を感じていません。そこに、お兄ちゃんのチャーリーが、すごく的確に、ローラの気持ちを揺り動かすのです。学校での生活や楽しい出来事を、例え話を使ってユーモアたっぷりに紹介しています。斬新なコラージュ作品で仕上げられた挿絵と子どもの気持ちを上手にプラスに変化させていく言葉は、とても気持ちを明るくさせてくれます。子どもの視線で生活を表現しているところが良いと思います。新生活で不安を感じている子どもたちにぜひ、オススメです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ともだち作りのヒケツ  掲載日:2004/5/25
ともだちがほしいの
ともだちがほしいの 作: 柴田 愛子
絵: 長野 ヒデ子

出版社: ポプラ社
引越しであたらしい幼稚園に通うことになったふうこちゃんは、新しい環境やともだちに馴染むことができません。自分にとって馴染み深い、絵本の世界に閉じこもりがちでした。夏休みになったら前の場所で仲良しだった友だちが遊びに来ます。たくさん遊んで、笑って、友だちと時間を共有することの喜びを思い出します。新学期に幼稚園に行くのは少し気が重かったのですが、勇気を出して「いっしょにあそぼう」と言えたのです。それからは声も明るく元気に、仲間の中心にいるのがふうこちゃんです。子どもの心の声をきちんと伝えている言葉と、長野ヒデ子さんのイキイキとした挿絵が素晴らしいです。子どもたちの芯の強さを信じることの大事さを教えてくれます。

参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい パン屋さんに行こう  掲載日:2004/5/22
リュックのおしごと
リュックのおしごと 作・絵: いちかわ なつこ
出版社: ポプラ社
 パン屋さんに住んでいる、リュックにはたくさんの仕事があります。おねぼうなパン職人ジーナを朝一番に起こすこと。パンがおいしそうに並べられていること。そして、一番の大仕事は、焼きたてのパンの味見です。全編にわたって香り豊かなパンの匂いを感じることのできるおいしい絵本です。細部まで描かれた挿絵はパン屋さんのお仕事を少しだけ覗いているような気分になります。とても、おいしそうなパンがたくさん登場します。パン好きな子どもたちにはたまりません。
参考になりました。 1人

自信を持っておすすめしたい ホットケーキにトローリ  掲載日:2004/5/22
はちみつってどこからきたの?
はちみつってどこからきたの? 作・絵: ナンシー・エリザベス・ウォーレス
訳: ふしみみさを

出版社: PHP研究所
 絵本のスタイルで「はちみつ」を社会学的に説明しています。ハチが蜜をつくり、養蜂家が蜜をあつめ、ビンに詰められて売られて、手元に届くまでを、美しい切り絵で表現しています。細かい説明まで丁寧にされているので「はちみつ」をわかりやすく説明するには一番の本かも知れません。でも、難しい本ではありません。とってもかわいらしい絵と子どものなんで?に答えるには役立ちの絵本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 眠れなーい  掲載日:2004/5/22
あしたえんそく! らんらんらん
あしたえんそく! らんらんらん 作・絵: 武田 美穂
出版社: 理論社
 初めての遠足に出かける、前の日のような眠れないほどのワクワク感とウキウキした気持ちがとても上手に描かれています。子どもたちは、主人公と同じように、大人は懐かしい気持ちに、すごく頷けます。イラストが明るく、ハッキリとした色彩で描かれているのでとても楽しく読めます。これからの遠足シーズンに活躍しそうな1冊です。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う お散歩に出かけませんか?  掲載日:2004/5/22
ふわふわあひるのこ
ふわふわあひるのこ 作: ジェーン・ワーナー・ワトソン
絵: アリス・プロベンセン マーティン・プロベンセン
訳: 劉優 貴子

出版社: 講談社
 あひるの子が農場のなかをひとりで散歩にでかけます。いろいろな動物に出会います。動物の数が1つずつ追加されていく数遊びと、リズム良い文章がとても心地よいです。繊細な挿絵がとても美しいのんびりした絵本です。やさしい文章なので3歳ぐらいから一緒に楽しめます。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う ラーメン食べたい  掲載日:2004/5/22
ラーメンのかわ
ラーメンのかわ 作・絵: 赤川 明
出版社: 講談社
 なんとも奇想天外なおはなしにびっくりしますが、子どもたちには大ウケ、ありえない世界におなかをかかえて笑い転げてくれます。なんといっても、ラーメンが川になって生みに繋がっているのですから・・・。ラーメンどんぶりが川に移動したようです。5歳ぐらいの子が多いおはなし会ではすごーく受けました。読んでいるだけでもよだれがでてきそうです。「お昼にラーメン食べに行こうね」って帰った子もいたほどです。
参考になりました。 0人

63件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

木村カエラはじめての絵本出版記念連載

出版社おすすめ

  • うさぎのおうち
    うさぎのおうち
    作:マーガレット・ワイズ・ブラウン 絵:ガース・ウィリアムズ 訳:松井るり子 出版社:ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!
    じぶんの居場所をみつける子うさぎ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット