こくん こくん
作: 村中 李衣 絵: 石川 えりこ  出版社: 童心社 童心社の特集ページがあります!
「だいじょうぶ、きっとできる」ともだちとの心の響きあいを描いた絵本
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
ちょっぴりおかしなどうぶつえん
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

ちょっぴりおかしなどうぶつえん

  • 絵本
作・絵: アリソン・ジェイ
文: 蜂飼 耳
出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!

在庫あり

月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,700 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

  • ちょっとためしよみする

発行日: 2017年07月31日
ISBN: 9784198644451

3歳から
28センチ・24ページ

みどころ

きょうは日曜日。パパとママとおにいちゃんとわたしでやってきた動物園。
でもここはちょっぴりおかしな動物園みたい。
まず、門のところから何か変。緑の生垣から、たくさんの生き物が顔を突き出してる。
中に入ってみると……、わあ、イルカやアシカがのびのび泳いでる。
あれ、ペンギンが飼育員さんの後をついて歩いて「もしもし、1ぴきちょうだいな」ってお魚をねだっている。
トラもライオンも、檻なんかなくて、みんな自由に歩き回っているみたい!

おひるごはんの時間には、子ゾウがミルクをのみ、シロクマはアイスを食べて、わたしたちもテーブルでサンドイッチ。
ページをめくれば、カラフルな鳥や、木の上で楽しそうなサルたち。
そこらじゅうに、自由にくつろぐ動物たちがいて……。
とにかく絵本のすみずみまで、描かれている動物園が魅力的!

本書は、人気絵本作家アリソン・ジェイの“文字のない絵本”に、詩人の蜂飼耳さんが文をつけたもの。
軽やかな言葉に誘われ、ふしぎな動物園の世界を、画面いっぱい味わえます。
巻末の「どこにいるのか、さがしてみよう!」「ページをめくってどうなるかたどってみよう!」という絵探しクイズにも夢中になっちゃいます。
飛ばされた帽子はどうなったのか、ダチョウのたまごはどこにいくのか、飼育委員はダチョウをつかまえられるのか?
あちこちに隠れているサイドストーリーをお楽しみに!

同じようにアリソン・ジェイの“文字のない絵本”に蜂飼耳さんが文をつけた作品に、『みつばちさんと花のたね』があります。
作者の遊び心があふれる絵本を、あわせて味わってくださいね。

(大和田佳世  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

今日は日曜日。家族みんなで動物園にやってきました。ここは、ちょっぴりおかしな動物園。動物たちが、おりに入ることなく、自由に歩きまわっています。さあ、どんな動物にあえるかな? 人気の絵本作家アリソン・ジェイによる、遊び心あふれる文字のない絵本に、詩人の蜂飼耳が文章をつけました。絵のなかで起こるさまざまなできごとを追いながら、何度もちがった楽しみ方ができる絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


アリソン・ジェイさんのその他の作品

きのうをみつけたい! / みつばちさんと花のたね / クリスマスの夜 / くるみわりにんぎょう / 空のおくりもの / ママのキスは、ね

蜂飼 耳さんのその他の作品

マザーグースのうた / ふくろうのオカリナ / イソップえほん アリとキリギリス / イソップえほん キツネとぶどう / イソップえほん ずるいコウモリ / イソップえほん アリとハト



【連載】10周年でかえってきた! しごとば・取材日記 その5

ちょっぴりおかしなどうぶつえん

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス
絵本ナビxブロンズ新社


全ページためしよみ
年齢別絵本セット