話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美

南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美

  • 絵本
文・その他: 関屋 敏隆
出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,760

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

のびのび読みポプラ社

作品情報

発行日: 2018年12月12日
ISBN: 9784591160664

小3〜
サイズ 262mm x 290mm ページ数 44ページ

出版社からの紹介

地球で一番南の地点、南極点。
1968年、日本の南極観測隊は、日本人としてはじめて南極点にたどりついた。
この偉業は、隊長の村山雅美をはじめ、多くの男たちの情熱なくしては果たせないものであった。
ただひたすら、夢をおいつづけた「南極野郎」の物語。

ベストレビュー

これは村山雅美さんの情熱的な生き方か伝わってきます

私は昔から南極大陸に関心がありました。だからこの本を読ませて頂いて、とても感動しました。これは村山雅美さんの情熱的な生き方が伝わってくるからです。私は南極点に立ちたいという気持ちがひじょうによくわかります。隊長の村山雅美さんをはじめ多くの男たちのひたむきな生き方を思う時、私は胸が熱くなります。
(水口栄一さん 60代・その他の方 )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


関屋 敏隆さんのその他の作品

北極点 かけろ! クマ 犬ぞりアタック隊 / 鉄人衣笠 / 咸臨丸にかけた夢 幕末の数学者・小野友五郎の挑戦 / りゅうじんさまは歯がいたい / 北加伊道 松浦武四郎のエゾ地探検 / 龍馬の絵本 なかおかはどこぜよ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 日本文学、評論、随筆、その他 > 南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美

愛を伝える絵本 レビューコンテスト

南極点 夢に挑みつづけた男 村山雅美

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット