新刊
トラといっしょに

トラといっしょに(徳間書店)

美しいイラストで描いた心に残る絵本

  • 学べる
  • ギフト
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

かきバターを神田で

かきバターを神田で

著: 平松 洋子
絵: 下田昌克
出版社: 文藝春秋

税込価格: ¥715

「かきバターを神田で」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2019年11月07日
ISBN: 9784167913908

288ページ

出版社からの紹介

熱いバター醤油にまみれた立派なかき、清らかなせん切りキャベツ、黄色い芥子。
あの光景を思い浮かべただけで―ー平松さんが悶絶する、冬の名物・かきバター定食。

寒い夜、家に戻る途中「肉豆腐が待っている」と思うだけでものすごく安心する――
昨日より豆腐に味が染みて、ねぎもとろとろに甘く…「煮汁につけておいたゆで卵」!

冬の煮卵、かきバター焼定食、山形の肉そば、ひな鶏の素揚げ、デミグラスソースがたっぷりかかったトンカツ、あるいは、ちぎりトマトにサザエカレーに水茄子…

世の中の美味しいもの、美味しい味を生むお人柄、美味しい料理の背景。
週刊文春人気エッセイをオリジナル文庫化した一冊。

解説・堂場瞬一

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


平松 洋子さんのその他の作品

下着の捨てどき / 遺したい味 わたしの東京、わたしの京都 / 肉とすっぽん 日本ソウルミート紀行 / すき焼きを浅草で / 本の花 料理も、小説も、写真も / 食べる私

下田昌克さんのその他の作品

よるがやってくる / みどりバアバ / 死んだかいぞく / りこうな子ども アジアの昔話 / 恐竜がいた / そして



『たんぽぽのちいさいたねこちゃん』なかやみわさんインタビュー

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット