新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
話題
しばわんこの和の行事えほん

しばわんこの和の行事えほん(白泉社)

お正月、節分、夏祭り...季節に縁のある遊びに触れながら、親子で楽しめる日本の行事をご紹介。

  • 全ページ
  • ためしよみ
子育てがんばる、カメムシのおかあさん ベニツチカメムシとボロボロノキ

子育てがんばる、カメムシのおかあさん ベニツチカメムシとボロボロノキ

  • 絵本
作・写真: 新開 孝
出版社: 小学館 小学館の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,430

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年07月07日
ISBN: 9784097251088

小学全般
200mm×225mm 40ページ

この作品が含まれるシリーズ

出版社からの紹介

卵を守り、幼虫のために食べ物を運びます。

九州と沖縄の里山に生えるボロボロノキ。
細い枝が折れやすいことから、この名前がつきました。
このボロボロノキの近くでは、まっ赤なカメムシの集団が見つかります。
このベニツチカメムシには、不思議な習性があります。

卵を産んだおかあさんは、お腹に卵をかかえて、大事に守ります。
そして、卵から幼虫が生まれる直前、クリームのような液体を卵にかけます。
この液体には、おかあさんの腸内の共生細菌が入っていて、生まれた幼虫たちが食べる最初の食べ物になります。

幼虫たちが生まれると、おかあさんは、巣から外に出て、ボロボロノキの実をさがし歩きます。
実の重さは、おかあさんの体重の1.5倍もありますが、いっしょうけんめい、幼虫たちが待つ巣に持ち帰ります。
幼虫たちが育つためには、この実の汁が欠かせません。
しかも、実の汁を消化するためには、おかあさんからもらった共生細菌も必要なのです。

幼虫たちが、自分の力だけで食べ物を見つけるようになると、やがて、おかあさんは……。

人々の暮らしのすぐそばで、毎年、くり返される、ベニツチカメムシの細やかな子育てとボロボロノキの四季のうつろいを描く写真絵本です。

【編集担当からのおすすめ情報】
カメムシというと、少し苦手な方も多いかもしれません。
しかし、この写真絵本の主人公のベニツチカメムシは、まっ赤で、とてもかわいらしい昆虫です。
卵を守り、一生懸命、幼虫のために食べ物を運ぶ姿はいじらしく感じます。
しかも、親から子に共生細菌を引き継ぐという仕組みはとても不思議です。
ぜひ、この写真絵本で、昆虫たちの一生懸命に生きる姿を感じていただけたら幸いです。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • なまえのないねこ
    なまえのないねこの試し読みができます!
    なまえのないねこ
     出版社:小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!
    ぼくは ねこ。なまえのない ねこ。ひとりぼっちの猫が最後にみつけた「ほんとうに欲しかったもの」とは…
  • わたしたち
    わたしたち
     出版社:岩崎書店 岩崎書店の特集ページがあります!
    母と子の強い絆を描いたチリの絵本。いつか旅立ってゆく、あなたへおくるメッセージ

新開 孝さんのその他の作品

うまれたよ! ベニシジミ / 虫のしわざ探偵団 / 里山のヤママユ / むしこぶ みつけた / うまれたよ!クモ / うまれたよ!カメムシ


絵本ナビホーム > 児童 > 絵本 > 生物学 > 子育てがんばる、カメムシのおかあさん ベニツチカメムシとボロボロノキ

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

子育てがんばる、カメムシのおかあさん ベニツチカメムシとボロボロノキ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット