話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

かくれんぼねこ

かくれんぼねこ

  • 絵本
作: つじにぬき
出版社: あかね書房 あかね書房の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,650

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2021年09月18日
ISBN: 9784251099471

3〜5歳
32ページ

この作品が含まれるテーマ

みどころ

リーんリーん。首に鈴をつけた見知らぬねこが、縁側でお人形遊びをしているりんちゃんのところにやってきました。「りんりん、かくれんぼしよう」目の前で急に大きくなったねこが、りんちゃんを誘います。「もういいかい?」「まだよ、まだまだ」りんちゃんが庭で隠れる場所を探していると、まわりはいつの間にか鬱蒼とした森になって……。

ちいさな女の子とねこのかわいいかくれんぼ、と思いきや、どんどんと不穏な空気になっていきます。追いかけてくる猫の姿やまわりの風景が、騙し絵や隠し絵になっているのです。木の節も目に見えてきてなんだかこわい。心がざわざわとしてきます。少し絵本を離して、じっとページを見つめてみてください。あれあれ?何かが浮かんできませんか?

細やかな鉛筆画でこの不思議な世界を描き出すのはイラストレーターのつじにぬきさん。2020年イタリアボローニャ国際絵本原画展に入選するなど今大注目の作家さんです。こちらが絵本デビュー作。ページを何度もめくって、あやしくも美しい世界をたっぷり堪能してくださいね。

(出合聡美  絵本ナビライター)

出版社からの紹介

りんちゃんが縁側でお人形遊びをしていたら、猫が「かくれんぼしよう」と誘ってきました。りんちゃんは隠れますが、ちょっと様子が変です。「あれ? うちのお庭にこんなところあったかな?」 いつの間にか知らない場所に迷い込んだようです。猫の気配はするのに、どこにいるか分かりません。よく見ると、景色の中に猫が浮かび上がってきます。そして……。猫と女の子の、ちょっと怖いだまし絵かくれんぼ絵本。

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ




みんなで参加しよう!えほん祭

かくれんぼねこ

みんなの声(0人)

絵本の評価(3

  • 5つ星のうち星5つ 0
  • 5つ星のうち星4つ 0
  • 5つ星のうち星3つ 0
  • 5つ星のうち星2つ 0
  • 5つ星のうち星1つ 0
プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット