話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

まほういろのえのぐ

まほういろのえのぐ

作・絵: つちだ よしはる
出版社: 金の星社 金の星社の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,210

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

ご注文いただけません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 2005年11月
ISBN: 9784323070513

出版社からの紹介

誰かを勇気づけるためには何が出来るだろう?

病院に絵を描くことになり、くま先生の病院にやって来たきつね。絵を描いて旅をしているこのきつねの絵は、みんなの心を明るくします。
しかし車いすの少女だけは心を閉ざしたままでした。そして…。
きつねの描いた絵が起こした奇跡とは!?!

ベストレビュー

絵がもたらすパワー

つちださんが山形県の病院に頼まれて
絵を描いたときに感じたことを元にしたお話だそうです。
カバー折り返しにもありますが「えのもつふしぎなちから」について
この本を読んで考えました。

病院にきつねの描いた絵が出来上がって、
患者の動物達の心が明るくなって行くのがいいです。
寝ているウサギさんのお部屋に描かれた絵も、とても素敵でした。
皆、絵のもつ不思議な力で明るくなっていくのです。

子供のためといいつつ絵本を読んでますが、絵からパワーをもらい、
時には癒されたりしてるのは、実は私だったりします。。
病気の子ならなおさらだと思います。

あとがきにあった作業の様子を見て、
病院の子供達の心が少しでも元気になればいいなと思いました。
(きゃべつさん 30代・ママ 男の子8歳、男の子5歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


つちだ よしはるさんのその他の作品

おかあさんに おはなししたいこと / ちょっと昔の子どもたちのくらし(2) カヨちゃんちはとうふ屋さん〔山形県〕 / ねずみくんのおくりもの / やくそくの「大地踏」 / はなびらがとんできた / はなみず じゅるじゅる せき ごほごほ



出版社いちおし!新刊&オススメ絵本情報

まほういろのえのぐ

みんなの声(1人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット