新刊
きみとぼく

きみとぼく(文溪堂)

谷口智則さん最新刊 全然違う「きみ」と「ぼく」の物語

話題
移動するものたち

移動するものたち(小学館集英社プロダクション)

谷川俊太郎さん推薦! 黒い夜の森を捨て、旅に出る動物たち……移民の旅の現実を描くサイレント絵本

  • 泣ける
  • 学べる
ハーメルンの笛吹男

ハーメルンの笛吹男

作: グリム童話
出版社: (不明) (不明)の特集ページがあります!
  • Line

作品情報

ベストレビュー

怖いお話ですが,教訓も!

「ハーメルンのふえふき」の本は,親の私は何冊か読んで来ましたが,やっぱり怖いお話だな〜と思います。
親の身としては余計に感じます。
見返りが怖すぎるお話ですが,約束をやぶってはいけない,いいように利用してはいけない,など教訓もあり,深い深いお話であると思います。
子供だけでなく大人にもオススメのグリム童話ですね。
(まゆみんみんさん 40代・ママ 女の子8歳)

関連記事

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

ハーメルンの笛吹男

みんなの声(2人)

絵本の評価(4

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら