新刊
ねえ、おぼえてる?

ねえ、おぼえてる?(偕成社)

国際アンデルセン賞画家賞受賞作家最新刊

  • 泣ける
  • ためしよみ
新刊
うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜

うごく! しゃべる! ぬりえーしょん 恐竜 (小学館集英社プロダクション)

お子さまの塗ったぬりえが、アニメーションになる!フランス生まれの画期的なぬりえシリーズ!

  • かわいい
  • 盛り上がる
女王バチ

女王バチ

作: グリム
絵: フィリップ・デュマ
訳: 大庭 みな子
出版社: 西村書店 西村書店の特集ページがあります!

税込価格: ¥1,100

【重要】取り寄せのお届け日について
  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

作品情報

発行日: 1992年
ISBN: 9784890138326

出版社からの紹介

2人の兄たちにバカにされている王子は、命を助けた動物たちと一緒に城を救いに出かける。

ベストレビュー

絵とお話の組み合わせの意外感

ワンス・アポンナ・タイム・シリーズはお話と絵の距離感が感じられるシリーズです。
絵を描く作者の独善的というか、独自の解釈というか、ついていくのに大変なシリーズ。
よく言うと挿絵の芸術性を強く出している作品群です。
自分としてはあまり積極的なファンではないけれど気になるシリーズです。

この『女王バチ』は、3人の王子の末っ子が助けたアリやカモやハチの恩返しで、魔法で眠りについたお城の王女様を助け、3人姉妹の末っ子を当てて結婚するというハッピーエンド物語。
ストーリーとしては分かりやすいお話なのですが、フィリップ・デュマの絵はなんだか思わせぶりが強いのです。

ですが、兄弟がどう見ても仲の良い3人の友だち。
3人の姉妹はどうみても普通の女の子たち。
舞台もそれほど昔ではない「むかしむかし」の素朴な郊外風景。
子どものごっこ遊びに見えてしまうのですが、その受け取り方で良いのでしょうか?

きっと違う作家が描いたら、グリムらしさが出てくるのでしょうが、あいにくと他に『女王バチ』の絵本を探すことができませんでした。
とても良い話ですが、意味ありげなデュマの絵に、ちょっぴり違和感を覚えます。
3人の王子は3人の王女と結婚して、なんだか仲良くごっこ遊びを続けているラストシーンを、城(どう見ても屋敷)の中から見ている二人の透明な男たち。

何かを象徴しているのでしょうか。

(ヒラP21さん 50代・パパ 男の子15歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,210円
880円
1,650円
770円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

715円
1,320円
385円
1,760円

出版社おすすめ




編集長・磯崎が新作絵本を推薦!【NEXTプラチナブック】

女王バチ

みんなの声(1人)

絵本の評価(3.5

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら