ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
0歳の子と読みたい絵本ベストセレクションよりこの3冊をご紹介(1)
  • イベント
  • 東京都

2017/11/23(木)〜 2017/12/25(月)

アニタ・ローベル『アンナの赤いオーバー』原画展 青猫書房(東京都北区)にて開催♪

■■■『アンナの赤いオーバー』絵本原画展■■■


アニタ・ローベルが描いた『アンナの赤いオーバー』の原画展です。

貴重な原画14点を展示します。


【場所】

青猫書房

東京都北区赤羽2-28-8 TimberHouse 1F

http://aoneko-shobou.jp/


【開催期間】

2017年11月23日(木)〜2017年12月25日(月)


【絵本について】

『アンナの赤いオーバー』

ハリエット・ジィーフェルト/文
アニタ・ローベル/絵
松川真弓/訳
定価(本体価格1,300円+税)
ISBN978-4-566-00288-3

(あらすじ)
戦争が終わったら、アンナは新しいオーバーを買ってもらうことになっていた。
でも戦争が終わっても、お店はからっぽ、オーバーも食べものも、なんにもない。
そこでお母さんは……?
第二次大戦後、ほんとうにあったお話。


第36回課題図書
厚生労働省社会保障審議会推薦
第24回・よい絵本
教科書採用(教育出版・3年下)

詳細はこちら

提供:評論社
最終更新日:2017年11月2日


『こねて のばして』ヨシタケシンスケさんインタビュー

出版社おすすめ

  • こねこのチョコレート
    こねこのチョコレート
    作:B・K・ウィルソン 絵:大社 玲子 訳:小林 いづみ 出版社:こぐま社 こぐま社の特集ページがあります!
    これは弟のプレゼント。おいしそう、でも食べちゃダメ、食べちゃダメ…。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット