宮沢賢治の絵本 貝の火 宮沢賢治の絵本 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

おたまじゃすきんさんの公開ページ

おたまじゃすきんさんのプロフィール

ママ・30代・埼玉県、女4歳

おたまじゃすきんさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う ゆったりしたひとときを過ごせます  投稿日:2006/12/23
クリスマスのころわん
クリスマスのころわん 作: 間所 ひさこ
絵: 黒井 健

出版社: ひさかたチャイルド
娘が2歳になりたてのクリスマスにプレゼントしました。
こたつに入っている私やおばあちゃんのところへ持ってきて膝にちょこんと座って一緒に見るのです。
何度も読んでいたので、そのうち覚えたらしく、自分で絵本を開いてつぶやいていることもしばしばありました。

教育じみたところがなく、難しく考えるテーマでもなく、ただただほわんと暖かい気分で読める絵本です。
そういうひと時が過ごせることも絵本の魅力の一つだと思います。

娘は4歳になりましたが、今でも読んでほしいと持ってきますよ。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 私もラストが・・・  投稿日:2006/12/08
よるくま クリスマスのまえのよる
よるくま クリスマスのまえのよる 作: 酒井 駒子
出版社: 白泉社
ぼのさんに同感です!
娘へのクリスマスプレゼントは毎年絵本にしているので今年も本屋さんで物色していたところ、この絵本を見つけて一発で決めそうになりました。娘は保育園かどこかで「よるくま」を読んだらしく(うちにはない)、とても気に入って私に話して聞かせてくれたので、きっとこの絵本も喜ぶに違いないと思ったのです。
ほぼ決定の気持ちでサラッと内容を確認してみたところ、悩みました。そう、ラストなんです。ママの手とプレゼント・・・。結局買うのを一旦保留してしまいました。娘のためにはまだまだサンタさんの存在を大切にしたい。でもすてきな本なんですよねぇ。ものすごく迷います。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

『100円たんけん』<br>岡本よしろうさんインタビュー

出版社おすすめ

  • えんそく
    えんそくの試し読みができます!
    えんそく
    作:くすのき しげのり 絵:いもと ようこ 出版社:佼成出版社 佼成出版社の特集ページがあります!
    楽しみにしていた秋のいもほり遠足に行けなくなり落ち込むコンタに、友だちがしてくれたこととは……? 

全ページためしよみ
年齢別絵本セット