INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー INSECT LAND(インセクトランド)ホタルのアダムとほしぞらパーティー
作: 香川 照之 ロマン・トマ  出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!

mittnさんの公開ページ

mittnさんのプロフィール

ママ・30代・北海道、女の子9歳 男の子6歳

mittnさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 毎日伝えたい言葉  投稿日:2014/10/09
あなたがだいすき
あなたがだいすき 作・絵: 鈴木 まもる
出版社: ポプラ社
まずかわいらしい絵柄に惹かれます。
お母さんが子供を抱っこしている絵がとてもあたたかくて優しくてドキッとしました。

内容は、子供に伝えたいメッセージがそのまま書いてある。
読んでいると子供の生まれて間もない頃から、今までの成長していく姿(まだ3歳ですが…)がよみがえってきて、あらためて「そうだよね」と思える本でした。

子供と一緒に読んで「だいすき」を伝えられるのはもちろんですが、毎日の生活の中で自分自身の子育てに迷ったり、ブレそうになったときにも勇気付けられる本だと思います。
この本のような子育てがしたいです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 泣けます  投稿日:2014/09/24
ちょっとだけ
ちょっとだけ 作: 瀧村 有子
絵: 鈴木 永子

出版社: 福音館書店
弟が生まれて、お姉ちゃん暦1年になった娘に読みました。
ひとりでも頑張る「なっちゃん」の姿が娘と重なりました。

自分で「ちょっとだけ」できた時のなっちゃんの笑顔がかわいくて、せつなくて、読んでいくにつれて涙があふれてきました。
娘に読んでいるときも、堪えきれずに泣いてしまうほどです。

2人目が生まれてから、右ひざに下の子・左ひざに上の子を抱っこする機会が増えました。(うちでは「半分こ抱っこ」と呼んでいます)
半分こ抱っこをしている時、お姉ちゃんはどこか不満そうでしたが
私自身にも余裕が無く「ママのからだが2つに分かれればいいのに。」なんて
途方もない事を何度も思いました。

下の子が1歳になり、少し余裕ができた時にこの本に出会うことができました。
もう少し早く出会えていたら、お姉ちゃんの気持ちに気付いて
不満な顔をさせずにすんだのかな。
きっといっぱい我慢してる事があるんだよね。
いっぱい、いっぱい抱っこしてあげたい。
お姉ちゃんとして頑張っている娘が愛おしいと思える絵本でした。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本 オランダ<前編>

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット