くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

chelseaさんの公開ページ

chelseaさんのプロフィール

ママ・50代・千葉県

chelseaさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい 個性の違う友だち、思いやり、優しさ  掲載日:2018/1/24
やもじろうとはりきち
やもじろうとはりきち 作: 降矢 なな
出版社: 佼成出版社
3年生の読み聞かせに使いました。

赤ちゃんの頃から大の仲良しだったやもじろうとはりきち。
だけど、やもじろうは、かけっこも遅く、木登りもできないはりきちと遊ぶのがつまらなくなってくる。ある日、やもじろうは、「はりきちなんか大っ嫌い」と言ってしまう。
そんな時、大事件が起きて…。

最後、はりきちがやもじろうをおんぶしようとする場面では、3年生の子どもたちは、あっダメダメ、と、はりきちのトゲが刺さっちゃうのを心配して声をあげ、やもじろうがあいたたたたっと言うと爆笑。

集団生活の中では、子どもだって大人だって、人間関係は悩みの種ですよね。
自分とは違う個性を認めあうこと、思いやりと優しさの大切さを教えてくれる素敵な絵本です。おすすめです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい すごく良い!  掲載日:2018/1/23
新装版 ともだち
新装版 ともだち 作・絵: 太田 大八
出版社: 講談社
6年生の読み聞かせにおすすめ。進路について真剣に考え始める中3にもいいかも。
前半は、小学生の子供数人の一人一人の特徴やいいところが紹介される。後半はその子供達の20年後。
年月の流れがしみじみと心に染み渡り、脳裏にスタンドバイミーの曲が響く。
ただ、映画スタンドバイミーが、大人になってから見たほうが感動するように、この絵本も、子供たちは大人のようには感動しないかもしれない。それでも、子供たちが未来に想いをはせるきっかけとなるのでは。
参考になりました。 0人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

日本出版10周年記念! アリスン・マギーさんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット