新刊
ほげちゃんとおともだち

ほげちゃんとおともだち(偕成社)

Twitter&Instagramで#うちのほげちゃんプレゼントキャンペーン実施中!

  • 笑える
  • 盛り上がる
  • ためしよみ
季節
お正月が やってくる

お正月が やってくる(ポプラ社)

お正月かざりを売るなおこさん一家の年末年始をとおして、人びとの暮らしに息づくお正月を迎えるよろこびを描いた絵本。

  • かわいい
  • 学べる

ようのすさんの公開ページ

ようのすさんのプロフィール

ママ・30代・東京都、男2歳

ようのすさんの声

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う なかなか本格的ですよ!  投稿日:2008/04/24
ピアノ調律師
ピアノ調律師 作・絵: M.B.ゴフスタイン
訳: 末盛千枝子

出版社: すえもりブックス
 実は私自身がピアノ調律師。
主人公の女の子と同じように、ピアノを弾くより中身に興味を持ったのは小学生の時でした。
 文字も多く、小さいお子さんには難しいですが、ピアノを習っている小学生の中学年からなら、「いつも音が鳴っている黒い箱=ピアノ」の中身がこうなっているんだ…とか、ピアノには演奏する人以外に直す人もいるんだ…と興味を持ってもらえると思います。

 調律の方法は日本で主流になっているものと異なりますが、ちゃんと注釈もあったり、最終頁には工具のイラストもあってびっくり!
 大人にとっては、大人の期待と裏腹な方向に向いていく子供の興味を、認めて受け入れる事も必要なんだ…と思わせられます。

 おじいさんが専任しているピアニストのおじさんのプレゼントが、女の子には何よりだったと思うし、この女の子はこの出来事を励みに、きっと調律師さんになるだろうと思いました。

大人としては、子どもをこんな形で励ましてあげられたらいいですね。
 
私自身の2歳の子供が、もうすこし大きくなったら読んであげるのを楽しみにしています。
 職業紹介の本としても参考になりそうです。
参考になりました。 1人

1件中 1 〜 1件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

4月の新刊&オススメ絵本情報

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット