虫・むし・オンステージ! 虫・むし・オンステージ!
写真・文: 森上信夫  出版社: フレーベル館 フレーベル館の特集ページがあります!
いよいよ夏、真っ盛り。虫たちのアツいステージを見逃すな!!!
まことあつさん 30代・ママ

虫を見る目がかわる
虫好きな息子たちのために 今まで様々…

花*花乃さんの公開ページ

花*花乃さんのプロフィール

ママ・40代・東京都、女の子15歳 男の子11歳

花*花乃さんの声

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 静かな世界  投稿日:2017/03/11
たびだちのとき
たびだちのとき 作・絵: エリック・バテュ
訳: 木坂 涼

出版社: フレーベル館
ことりが、冬のある日、一羽のとりに会い
一緒に冬を過ごしますが、
春の朝、目覚めるとそのとりはいなくなっていて
ことりは待つのを止めてひとり旅立っていくというお話です。
出会いの場面も別れの場面も
感情を表すような言葉はほとんどなく、淡々としています。
絵も静かなトーンで描かれていて、小さな鳥達の腹の赤が印象に残ります。
「待つことをやめたのです。」
という言葉の突然さに最初ページを飛ばしてしまったのかと思いました。
でも、それがいいのかも。
静かに心を揺らす絵本でした。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい プレゼントでいただいた本  投稿日:2017/03/10
ふたりはともだち
ふたりはともだち 作: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
知人にいただいた本です。
子供が小さい頃から読み聞かせていましたが、
2年生の時、国語でこの本の中の一つのお話『おてがみ』をやってから、
さらに好きになったようで、子供自身しょっちゅう読んでます。
私も学校で読み聞かせをする時、
よくこのシリーズからいくつかお話をしています。
この一冊の中にお話が5つあり、一つ一つが短いので、
小さい子供でも集中して聞けます。
がまくんとかえるくんのほのぼのとした日常の1コマに大人も子供も癒やされます。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい がまくんとかえるくんのシリーズ  投稿日:2017/03/10
ふたりはいっしょ
ふたりはいっしょ 作・絵: アーノルド・ローベル
訳: 三木 卓

出版社: 文化出版局
2年生の国語で同じシリーズ『ふたりはともだち』の中の
「おてがみ」を読んでから、子供が欲しがって購入しました。
この一冊に5つのお話が入ってます。
がまくんとかえるくんのほのぼのとした日常。
挿し絵も味があり、読むとほっこりします。
この本の中の子供のお気に入りは「クッキー」です。
参考になりました。 0人

3件中 1 〜 3件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

せなけいこさん 絵本作家デビュー50周年記念連載 せなさんを囲む人たちインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット