新刊
つきをなくしたクマくん

つきをなくしたクマくん(文溪堂)

谷口智則さん最新刊!つきをなくした二人の物語

ふわふわクレヨン

その他の方・20代・埼玉県

  • Line

ふわふわクレヨンさんの声

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい まるでわたしたち  投稿日:2022/01/28
おやすみなさい おつきさま
おやすみなさい おつきさま 作: マーガレット・ワイズ・ブラウン
絵: クレメント・ハード
訳: せた ていじ

出版社: 評論社
うさぎの子がベッドに入ってから寝るまでの時間を描いた絵本。

初めてこの絵本を読んだとき、まるで私と妹だ!と感動しすぐに購入しました。

いつも飾ってある絵に描いてあるものを毎晩見直したり、物にもちゃんと挨拶したり「…おやすみ くしとブラシ」 、挨拶していなかった物がないか思い出そうとして寝付けなかったり……。

こういった、私にとって大切でカットできない儀式だけど、ひょっとしたら周りの皆に「そんなことしてるの?」と笑われてしまうかもしれないとも思ったこっそり系ルーティーンを、宝物のように切り取って描いてくれたこの絵本がとっても愛おしいです。
あの大切な気持ちが永遠になったような、不思議な嬉しい感覚です。

幼い頃に出会っていたら確実に何度も読み直していたであろう絵本です。
子どもたちにはもちろん、小さい頃は自分も「しずかにして早く寝なさい」なんて言われていた大人たちにもおすすめ!
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい なんだか明日はお外の自然を感じたくなる?  投稿日:2021/12/30
アンリーのドライブ はるののはらへ
アンリーのドライブ はるののはらへ 作: スタジオチャビコロ
絵: さっさ りょうえい

出版社: 美術年鑑社
ありの子アンリーがパパママと一緒にドライブに出かけ、広くて大きくて鮮やかな世界を楽しむある春の日が描かれています。

私たち大人はしゃがみこんでやっと子どもたちの目線を思い出しますが、アンリーのパパママはアンリーとほとんど同じ大きさ。
アンリーが初めて体験するわくわくをまさに同じ目線で一緒に楽しむ姿にほっこりします♪

画家の方の絵本だからか全てのページがダイナミックかつ繊細に丁寧に描かれていて、絵として部屋に飾っておきたくなるほど素敵です。

葉っぱ花びら一枚一枚が自然な色でだからこそ美しく、ステイホームな日々でもぽかぽかな春の外を思い出しました。
絵本の中だけの特別な世界というより、私たちが今いる世界そのままが、改めて手元でいつもよりも大きく広がっていく感じ。

子供のためにと買った絵本が気がつけば自分のお気に入りに…というのはよく聞くお話ですが、この本も家族みんなが癒されるお気に入り絵本になるのではないでしょうか。
参考になりました。 1人

2件中 1 〜 2件目最初のページ 前の10件 1 次の10件 最後のページ

みんなで参加しよう!えほん祭

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット