恐竜トリケラトプスシリーズ

恐竜トリケラトプス

トリケラトプスの子どもリトルホーンが、父親のビッグホーン、仲間の恐竜たちとともに繰り広げる冒険を描いた「恐竜トリケラトプス」シリーズ。1992年に発売されて以来、子どもたちに大人気のシリーズを一覧でご紹介します!


恐竜の大陸
草食恐竜トリケラトプスが新天地を求めて、肉食恐竜、巨大ワニなどとたたかいながら旅をする物語。

たたかう恐竜たち
リトルホーンとビッグホーンが肉食恐竜たちとたたかいながら、緑豊かな新天地を守る物語。

恐竜だいぼうけん
リトルホーンが父親のビッグホーン、友だちのプテラぼうやと共に大活躍する物語。

黒川みつひろ恐竜えほん25周年記念特別出版

恐竜 トリケラトプス はじめてのたたかい 絵本

累計150万部突破の黒川みつひろ恐竜えほんシリーズの原点がここに!25周年記念出版。
わかいオスのトリケラトプス、ビッグ。ティラノサウルスにおそわれたトリケラトプスのむれをすくうため、
はじめてティラノサウルスとたたかいます。ビッグホーンがまだむれをもたず、ひとりぼっちでいたころの物語。

恐竜だいぼうけん

恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス

恐竜トリケラトプスとテリジノサウルス 絵本

本体価格: ¥1,000+税

もっと恐竜とあそぼう!

もっと恐竜とあそぼう! 児童書

本体価格: ¥1,000+税

たたかう恐竜たち

恐竜トリケラトプスの大逆襲

恐竜トリケラトプスの大逆襲 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスと大空の敵

恐竜トリケラトプスと大空の敵 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスと恐怖の大王

恐竜トリケラトプスと恐怖の大王 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスの大めいろ

恐竜トリケラトプスの大めいろ 絵本

本体価格: ¥1,000+税

恐竜トリケラトプスとアロサウルス

恐竜トリケラトプスとアロサウルス 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜あいうえお

恐竜あいうえお 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦

恐竜トリケラトプスのジュラ紀決戦 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスのジュラ紀めいろ

恐竜トリケラトプスのジュラ紀めいろ 絵本

本体価格: ¥1,000+税

恐竜トリケラトプスとひみつの湖
  • 品切れ中

恐竜トリケラトプスとひみつの湖 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス

恐竜トリケラトプスとギガノトサウルス 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスとスピノサウルス
  • 品切れ中

恐竜トリケラトプスとスピノサウルス 絵本

本体価格: ¥1,300+税

トリケラタンクのタイムマシンめいろ

トリケラタンクのタイムマシンめいろ 絵本

本体価格: ¥1,000+税

恐竜トリケラトプスと決戦赤い岩
  • 品切れ中

恐竜トリケラトプスと決戦赤い岩 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜ABC

恐竜ABC 絵本

本体価格: ¥1,000+税

恐竜ティラノサウルス大図解

恐竜ティラノサウルス大図解 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜の大陸

たたかえ恐竜トリケラトプス
  • 品切れ中

たたかえ恐竜トリケラトプス 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜リトルホーンと巨大翼竜

恐竜リトルホーンと巨大翼竜 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスと巨大ワニ

恐竜トリケラトプスと巨大ワニ 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス
  • 品切れ中

恐竜トリケラトプスとティラノサウルス 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ

恐竜トリケラトプスと巨大ガメ 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスジュラ紀にいく

恐竜トリケラトプスジュラ紀にいく 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜トリケラトプスの大決戦

恐竜トリケラトプスの大決戦 絵本

本体価格: ¥1,300+税

恐竜図解新事典

恐竜図解新事典

本体価格: ¥2,800+税

持ち運びに便利なミニ版

ミニ版 恐竜トリケラトプスの大逆襲

ミニ版 恐竜トリケラトプスの大逆襲 絵本

本体価格: ¥650+税

ミニ版 恐竜トリケラトプスの大めいろ
  • 品切れ中

ミニ版 恐竜トリケラトプスの大めいろ 絵本

本体価格: ¥650+税

ミニ版 恐竜あいうえお

ミニ版 恐竜あいうえお 絵本

本体価格: ¥650+税

カルタ・すごろく

恐竜かるた

累計10万部突破のロングセラーかるた。 読み札で恐竜の生態や名前を覚えながら、ひらがな・カタカナが身に付きます。 付録の「トリケラトプスふくわらい」も家族みんなで楽しめます。

恐竜大すごろく

恐竜大すごろく

本体価格: ¥1,000+税

著者紹介

黒川 みつひろ(くろかわみつひろ)
1954年、大阪に生まれる。大阪市立美術研究所で絵を学ぶ。恐竜絵本作家として活躍中。古生物研究についても造詣が深い。現在、東京都練馬区にアトリエを構える。 作品は『恐竜の大陸1〜7巻』『恐竜図解新事典』『たたかう恐竜たち既11巻』『恐竜ティラノサウルス大図解』(小峰書店)『絵巻えほん 新・恐竜たち』『恐竜の谷』(こぐま社)など、多数出版されている。

ロングセラー恐竜絵本! 「恐竜トリケラトプス」シリーズの世界に迫る

トリケラトプスの子どもリトルホーンが、父親のビッグホーン、仲間の恐竜たちとともに繰り広げる冒険を描いた「恐竜トリケラトプス」シリーズ。1992年に発売されて以来、子どもたちに大人気のシリーズです。この本を生み出した絵本作家の黒川みつひろさんは、自身も化石発掘に行くほどの恐竜好き。今回は「恐竜トリケラトプス」シリーズのお話を伺いに、黒川さんのアトリエにお邪魔しました。貴重な恐竜の化石が見られるかも? ドキドキワクワクなインタビュー、スタートです。

続きを読む

みんなのレビュー


『恐竜トリケラトプスとティラノサウルス』

迫力ある恐竜たちの戦い!
(多夢さん 50代 ママ)
このレビューコンテストで、このシリーズ絵本を知らなければ、
手に取らなかった分野です。
お蔭で、この前、本屋さんに行ったときに初めて目にとまり、
いろいろ出ててるんだな〜と、改めて驚きました。

トリケラトプスたちが大活躍する恐竜絵本シリーズの第2弾! 
第1弾の続きの話になっているんですね。
主人公たちは、第1弾でおなじみのビッグホーン、リトルホーン、プテラぼうや。
カルカロドントサウルスの「カルドン」との戦いが終わって帰るところから始まります。
ということは、前途多難?
続きを読む



『恐竜トリケラトプスうみをわたる モササウルスとたたかうまき』

シリーズ、揃えたくなります。
(jujuさん 30代 ママ)
先日『恐竜トリケラトプスとウミガメのしま』を読みました。
順番通りに読まなくても十分楽しめるシリーズですが、息子もわたしもすっかりこちらのシリーズのファンになってしまい、ビックホーンとリトルホーンが歩む通りに冒険を読み進めたくて、2作目はこの作品を読みました。
舞台は海。ウミガメのしまからの帰り道のお話しです。トリケラトプス親子のビックホーンとリトルホーンがプテラノドンのプテラぼうやとウミガメのアーケロンと一緒に海をわたっていると、突然現れたウミトカゲのモササウルスに襲われてしまいます。ピンチになったビックホーンとリトルホーンを
続きを読む



『恐竜トリケラトプスとティラノサウルス』

恐竜たちの厳しい世界!
(ムスカンさん 30代 ママ)
恐竜大好きさかりの7歳の息子と読みました。
このシリーズ、絵も色彩豊かで恐竜当時の様子が活き活きと描かれており、文章も小学校低学年向き。
読む前から息子はワクワクしてくれています。

今回は特に息子の大好きなティラノサウルスと戦うお話。
トリケラトプスのリーダー、ビックホーンと、
その息子リトルホーン、そして仲間のトリケラトプス達が主人公なので、
ティラノは悪役として描かれています。

もちろんトリケラトプス達がそのチームワークを発揮して、
ティラノを打ち負かしてめでたく終わるのですが、
めでたいだけでないのが、この絵本のすごいところ。

冒頭に、同じ角竜のカスモサウルスという恐竜が出てくるのですが、
続きを読む



『恐竜トリケラトプスとウミガメのしま カルカロドントサウルスとたたかうまき』

勇敢なトリケラトプス☆
(アップルレモンさん 30代 ママ)
太古の昔、恐竜時代のお話。なんだか、想像するだけでワクワクします。
ウミガメを守るため、草食恐竜のトリケラトプスが肉食恐竜のカルカロドントサウルスに勇敢に立ち向かっていく。恐竜のお話なので戦いの怖いシーンがあったら‥と少し心配しましたが、そんなことは全くなく、戦い方も子供に見せやすく、スカッと気持ちよく分かりやすいお話になっていました。悪いものが戦いに敗れ、反省するという単純ですが、子供にはとても良い話の内容だと思いました。

続きを読む



『恐竜トリケラトプスと巨大ガメ』

恐竜の世界への扉♪
(いちりんのはなさん 30代 ママ)
6歳になった息子は今まさに恐竜ブーム!
恐竜のDVDや図鑑に夢中なので
もちろんこのシリーズも一目ぼれでした。

先日磯遊びをしたせいか、数あるシリーズのなかでも
まっさきにウミガメの絵が描かれたこれを選びました。

リトルホーンの冒険は海の中でも極彩色!!
息子の大好きなアンモナイトがいたり、
アーケロンの背中にこの間海の岩にびっしりついていた
フジツボがあるのを発見したり・・・。
リトルホーンの成長も感じられて、
図鑑のようでいてお話もしっかり楽しめるのが
このシリーズの楽しいところだと思います。

続きを読む



『恐竜トリケラトプスと決戦赤い岩』

小さな勇気が大きな力に・・・
(マイアサウラ☆ママさん 30代 ママ)
6歳になった息子は今まさに恐竜ブーム!
恐竜のDVDや図鑑に夢中なので
もちろんこのシリーズも一目ぼれでした。

先日磯遊びをしたせいか、数あるシリーズのなかでも
まっさきにウミガメの絵が描かれたこれを選びました。

リトルホーンの冒険は海の中でも極彩色!!
息子の大好きなアンモナイトがいたり、
アーケロンの背中にこの間海の岩にびっしりついていた
フジツボがあるのを発見したり・・・。
リトルホーンの成長も感じられて、
図鑑のようでいてお話もしっかり楽しめるのが
このシリーズの楽しいところだと思います。

続きを読む



『恐竜トリケラトプスと大空の敵』

オビラプトルを覚えた!
(はんなりとうふさん 30代 ママ)
息子は恐竜が好きで、このシリーズをよく読みます。
よく名前が知られているものから初めて聞くものまで色々な種類の恐竜が登場して私も勉強になります。
本作品でも新しい恐竜に出会いました。
トリケラトプスにプテラノドン。
うん、この二種類は私も知ってるぞ!
オビラプトル?
モササウルス?
初めて聞く名前でした。
お話の内容でオビラプトルはプテラノドンのたまごを持って行ってしまいます。
そして”オビラプトル”という名前が本当に”たまごどろぼう”という意味であることを図鑑で調べて知りました。

続きを読む

全ページためしよみ
年齢別絵本セット