新刊
そうじきの なかの ボンボン

そうじきの なかの ボンボン(フレーベル館)

世界にはまだ、誰も知らない不思議とすてきでいっぱい!

  • かわいい
  • 学べる
新刊
しごとのどうぐ

しごとのどうぐ(偕成社)

この道具を使うのはどんな職業の人?なぞときにもなる、かっこいい絵本

  • 学べる
  • 全ページ
  • ためしよみ
恐竜トリケラトプスとウミガメのしま カルカロドントサウルスとたたかうまき

恐竜トリケラトプスとウミガメのしま カルカロドントサウルスとたたかうまき

  • 絵本
作・絵: 黒川みつひろ
出版社: 小峰書店 小峰書店の特集ページがあります!

在庫あり

原則月曜から土曜は朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

税込価格: ¥1,100

絵本ナビ在庫 残り2

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • atone翌月後払い

  • Amazon Pay

  • d払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

  • Line

中面を見る

作品情報

発行日: 2012年07月24日
ISBN: 9784338276016

出版社のおすすめ年齢:低学年〜
B5変型判 32ページ

関連するスペシャルコンテンツ


【結果発表】「恐竜トリケラトプス」シリーズレビュー大賞発表!

みどころ

続きを読む
恐竜トリケラトプスとウミガメのしま カルカロドントサウルスとたたかうまき

出版社からの紹介

恐竜トリケラトプスとプテラノドンは、カルカロドントサウルスからアーケロンのたまごをたすけることができるのか?! トリケラトプスの子リトルホーンが大活躍する「恐竜だいぼうけん」シリーズ、第一弾!

ベストレビュー

坊やがお気に入り

「恐竜だいぼうけん」シリーズ、第一弾。
この主人公リトルホーンは、ほかのシリーズでもおなじみのトリケラトプスの子なんですね。
過去にたくさんの絵本が出版されていることを知り、人気のある恐竜絵本なんだと感心しました。

娘はこのリトルホーンに出会うのは初めて。
女の子だけどどうかな??と思ったのですが、かなり夢中になっていました。
空を飛ぶ恐竜プテラノドンのプテラぼうやが気に入ったそうです。
お話も起承転結はっきりしていて、わかりやすいのが良かったのだと思います。

この絵本を読んで思ったのが、登場する恐竜が割とカラフルなこと。
恐竜の色って、まだまだ解明されていないものがほとんどなんですよね。
本当はどんな色だったんだろう??と考えるきっかけにもなる1冊になりそうです。

(こりえ♪さん 40代・ママ 女の子6歳)

関連記事

この作品を見た人はこんな作品も見ています

1,100円
1,430円
1,650円
1,980円
1,540円

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

1,430円
880円
1,980円
1,320円

出版社おすすめ




児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載

恐竜トリケラトプスとウミガメのしま カルカロドントサウルスとたたかうまき

みんなの声(37人)

絵本の評価(4.45

何歳のお子さんに読んだ?

プレミアムサービス


全ページためしよみ
年齢別絵本セット

閉じる

入荷リクエスト
ありがとうございます

入荷のお知らせが欲しい方はこちら