エメラルドのさがしもの エメラルドのさがしもの エメラルドのさがしものの試し読みができます!
作・絵: そのだ えり  出版社: 文溪堂 文溪堂の特集ページがあります!
人気急上昇中!あの、“りすのエメラルド”待望の続編!

さみはさみさんの公開ページ

さみはさみさんのプロフィール

ママ・40代・東京都、男の子10歳 男の子5歳

さみはさみさんの声

2012件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いつの世も同じ?  掲載日:2018/5/7
右大臣道真の怨霊 学問の神さまはこうして生まれた
右大臣道真の怨霊 学問の神さまはこうして生まれた 出版社: 理論社
4年生の長男と一緒に伝記を読み進めています。

気楽に漫画シリーズでと思ったのですが、菅原道真に関しては漫画版はなく、少し出版年が古いもののこちらを読んでみました。

権力争いの平安時代版ですね。学者として努力の末に成功を手にした道真とそれを妬む人々。道真は無実の罪で九州太宰府に左遷され、悲嘆に暮れながら病死しますが、その直後から京の都には様々な災いが起こるようになります。道真の怨霊のせいだと恐れる人々の恐怖心が太宰府天満宮を建立させたのだとか。

巻末の説明では京都の北野天満宮のことなども載っていてわかりやすいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う わかりやすい  掲載日:2018/5/7
学習漫画 日本の伝記 卑弥呼/邪馬台国のなぞの女王
学習漫画 日本の伝記 卑弥呼/邪馬台国のなぞの女王 出版社: 集英社
4年生の長男と一緒に漫画の伝記を読み進めています。

色々な出版社から伝記シリーズが出ていますが、どこも史実としてわかっていることをできるだけ忠実に、というコンセプトのようです。

と言ってもどこまでが研究でわかっているのかを知らないので、その辺りの評価はできませんが、謎は謎のまま興味を惹くように描かれていますし、日本各地の弥生時代の遺跡マップや漢委奴国王印の実物大写真など、わかりやすく書かれていて歴史に興味を持った小学生の最初の1冊としては十分ではないかと思いました。

絵も可愛くていいです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 具体的な勉強の仕方  掲載日:2018/5/7
学校では教えてくれない大切なこと(13) 勉強が好きになる
学校では教えてくれない大切なこと(13) 勉強が好きになる 編: 旺文社
出版社: 旺文社
今このシリーズが小学生に人気だと聞いたので、図書館で何冊か借りてきて3年生の長男に勧めてみました。

この本は、どうやったら勉強がうまくできるかというものです。勉強ができるようになりたいと思っていて、そのための努力も惜しまないけれど、具体的な方法がわからないというマジメな子に向いているような気がします。

主人公も、今4年生で、3年生までは勉強ができていたけど急にできなくなったという設定になっています。

今のところ学校での勉強に困っていない息子にはあまり響かなそうでした。どちらかというと、なぜ勉強しなければならないのか、という内容の法が彼には必要だったのかもしれません。

でも、なぜ習ったことをまた宿題でやらなければならないのか(繰り返すことで記憶が定着するため)など、単調な勉強の意味がわかりやすく説明してあるので、ためになると思います。

大人の視点から見ても、ご褒美ではなくて、達成感を持たせることのほうがやる気が出るなど、励まし方のヒントが書かれていて興味深かったです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 世の中危険がいっぱい  掲載日:2018/5/7
学校では教えてくれない大切なこと(10) 身近な危険
学校では教えてくれない大切なこと(10)  身近な危険 編: 旺文社
出版社: 旺文社
今このシリーズが人気だと聞いて、図書館で何冊か借りてきて3年生の長男に勧めました。

自転車の乗り方など日頃から家庭でも口を酸っぱくして言っていることや、学校でも度々指導を受ける、あやしい人に遭遇した時の対処法なども載っていますが、犬や猫に注意するとか、キッチンにある危ないものなど、見過ごされがちな点も取り上げられています。

漫画で読みやすいので、くどくど説明するよりずっと素直に受け止められそうです。オススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 大事なこと  掲載日:2018/5/7
学校では教えてくれない大切なこと(15) 数字に強くなる
学校では教えてくれない大切なこと(15) 数字に強くなる 編: 旺文社
出版社: 旺文社
このシリーズが人気だと聞いて、図書館で何冊か借りてきました。小学校3年生の長男に勧めると、面白がってあっという間に読んでしまいました。

この「数字に強くなる」編は、数字のトリック(売るために誤魔化されそうな点など)をどう見破るかなどの話でした。1000mlで150円のコーラと1500mlで210円のコーラはどちらが安いのか、など全体的に損得の計算で貫かれています。

また、多数決は一度とればそれがみんなの意見を反映したことになるのか、という話や、同じ500円の価格でも欲しい人には安く感じられ、不要な人には高く感じられるというようなことも書かれています。

「なぜ勉強しないといけないのか」と子供に聞かれたら、「将来騙されずに賢く生きていくために必要」だと答えるという話を以前どこかで読みましたが、ちゃんと算数の勉強をしておかないと、すぐに騙されて損するということが小学生にもよくわかる本でした。

小学校中学年くらいにオススメです。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 小学生には少し早いかな  掲載日:2018/5/6
こども「学問のすすめ」
こども「学問のすすめ」 著: 齋藤 孝
出版社: 筑摩書房
同じ著者の論語の本が良かったので、こちらも読んでみました。

私も原典は読んだことがなく、「天は人の上に人を造らず、人の下に人を造らず」の部分しか知りませんでしたが、どの部分もとてもためになる話でした。

息子は4年生ですが、ちょっとまだ早かったかなと思いました。人生に何か迷いが生じて、しかもそれを自分でなんとかしたいと思うような年齢にならないと、ただ「言葉の意味を知っている」という知識になってしまいそうです。

さらに書かれた当時の時代背景を理解しないと得るものも半減するような気がします。個人的には中学生くらいにちょうど良いのでは?と思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わかりやすい!  掲載日:2018/5/6
小学生のための論語
小学生のための論語 著: 齋藤 孝
出版社: PHP研究所
4年生の長男がことわざや慣用句などが好きでよく読んでいるので、ちょっと範囲を広げて読んでみました。

見開きの片面に漢文と書き下し文が大きく書かれていて、もう片面に著者が小学生にわかりやすく説明した文章が載っています。長すぎず短すぎず、ちょうどよい量です。

温故知新、一を聞いて十を知るなどの「論語」の言葉が、その由来とともに説明されています。それにしても2500年も前の言葉なのに、今を生きる私たちにもぴったりと当てはまるとは・・・面白いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 地図を作る情熱!  掲載日:2018/5/6
学習漫画 世界の伝記NEXT 伊能忠敬 正確な日本地図を信念と歩測だけでつくった男
学習漫画 世界の伝記NEXT  伊能忠敬 正確な日本地図を信念と歩測だけでつくった男 出版社: 集英社
4年生の長男が歴史物や伝記に興味を持ち始めたので、まずは漫画で色々と一緒に楽しんでいます。

日本史で習った記憶のある伊能忠敬。でも学校で習っただけでは名前を漢字で書くまでで精一杯、具体的なことは何も覚えていませんでした。

この漫画では算術の才能に恵まれていた伊能忠敬が、婿養子として婚家の商売を成功させながらも、天文学研究の夢を諦めず、隠居後に上京して勉強し、のちに幾多の調査旅行をおこなって日本地図を完成させたことが詳しく描かれています。

昔の測量の仕方も絵で説明されているので分かりやすかったです。それにしても出来上がった物の正確さはすごいですね。実物を見たくなりました。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 発掘の情熱!  掲載日:2018/5/6
ハワード・カーター
ハワード・カーター 漫画: 西公平
シナリオ: 黒沢翔

出版社: 集英社
4年生の長男が歴史物に興味を持ち始めたので、まずは手軽に漫画で伝記を色々一緒に読んでいます。

今や色々な人物の伝記があるのですね。私が小学生の頃は、かなり限られた種類しかなかったように思います。

貧しい家に生まれ、勤勉な働きぶりからエジプトの考古学の世界に入っていったカーターが、情熱をかけてツタンカーメン王の墓を発見するまでが描かれています。

彼の人生を知るのにも面白いですが、エジプトの王家の谷の発掘史や、当時の列強とエジプトとの関係、考古学者としての職業倫理など、考えさせられるテーマが色々と含まれています。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 祖国エジプトを守るため  掲載日:2018/5/6
クレオパトラ 祖国を守るために戦った強くて優しい女王
クレオパトラ 祖国を守るために戦った強くて優しい女王 漫画: 松本 夏実
シナリオ: 堀ノ内 雅一
監修: 長谷川 奏

出版社: 集英社
4年生の長男が歴史物に興味を持ち始めたので、手軽な漫画で色々一緒に読んでいます。

高校の世界史で習ったはずのエジプトの歴史ですが、ピラミッドもクレオパトラもごちゃごちゃで、ほとんど忘れていました。

ギリシャ系の王朝の最後のファラオだったのですね。祖国エジプトを守るために戦ったことがよく分かりました。カエサルやアントニウスとの関係も印象的でした。
参考になりました。 0人

2012件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

母であることのすべてがつまった、一生の宝物になる絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット