貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

てつじんこさんの公開ページ

てつじんこさんのプロフィール

ママ・30代・愛知県、男の子8歳 男の子5歳

てつじんこさんの声

1285件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
自信を持っておすすめしたい いいこって難しい  掲載日:2018/6/18
いいこってどんなこ?
いいこってどんなこ? 作: ジーン・モデシット
絵: ロビン・スポワート
訳: もきかずこ

出版社: 冨山房
いいこってどんなこ?と息子たちからたずねられると、私は何と答えるんだろうとしばらく考えてしまいました。
毎日「靴はそろえなさい」だとか「宿題早くやっちゃいなさい」とか、何かと小言を言っている私ですが、はたしてこれがすべて守れる子がいいこなのかというと、決してそう思ってるわけではないのに。なのに、なんでこんなにあれこれ口うるさく言ってるんだろう…
うさぎのお母さんが言っている通り、息子たちが自分らしくしてくれるのが一番うれしいと、私もそう思っているはずなのに。毎日自分らしく元気に楽しく過ごせているならそれが一番幸せでそれで充分なはずなのに。
読み終えた後も、いろいろと考えさせられています。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほんとうにお化け屋敷  掲載日:2018/6/10
お化け屋敷へようこそ
お化け屋敷へようこそ 作・絵: 川端 誠
出版社: BL出版
4人の男の子がお化け屋敷と言われている屋敷を探検するお話です。自分もメンバーに入ってるような気持ちになって、読み進めていきました。男の子4人はそれぞれに性格が違っていて、平気そうに楽しんでいる子もいれば、早く出たくて仕方ないような子もいて面白いです。
最後にきれいな女の人が現れて、ふすまのおばけの絵が消えてることに気づいた4人はここがほんとのお化け屋敷だったと分かります。
そのときの4人と、興奮と恐怖の気持ちを共有できた気分です。
きっとうちに帰って親に話したり、学校で友達に話したり、きっと大変だったことでしょう。
こういう冒険って、子どもの頃の貴重なたからものになりそうですね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい とってもためになる  掲載日:2018/6/10
ドラえもん社会ワールド 情報に強くなろう
ドラえもん社会ワールド 情報に強くなろう マンガ: 藤子・F・不二雄
監: 藤子プロ 山田 肇

出版社: 小学館
小3の息子が大好きなシリーズで、図書館で見つけるたびに借りてきます。漫画が面白いのはもちろんですが、載ってるコラムがとってもためになるところも良い点です。漢字には振り仮名がふってあるし、難しい話も分かりやすく説明してあるし、息子にちょうど良いです。私が読んでも、知らなかったことやびっくりする知識がたくさん出てくるので、親子で大好きな本です。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ジョージ、ナイスパス  掲載日:2018/6/10
おさるのジョージ バスケットボールをする
おさるのジョージ バスケットボールをする 著者: M.&H.A.レイ
訳: 福本 友美子

出版社: 岩波書店
今までたくさんのジョージの絵本を読んできた息子が、読んだことがない絵本を図書館で見つけたと喜んで借りてきて読みました。
ジョージとおじさんが公園に出かけ、車いすの少女、ティナと出会います。どんな子とでもすぐに仲良くなるジョージを見ていると、毎回みんなから好かれる理由が分かります。
今回は、車いすのティナと他のバスケをして遊ぶ子供たちとの懸け橋ともなって、ジョージは大活躍でした。
毎回みんなを幸せにしてくれるジョージ、わたしたち親子も大好きです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 待つのはつらい  掲載日:2018/6/10
がまんのケーキ
がまんのケーキ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 教育画劇
おいしそうなものが目の前にあるのにおあずけで、今すぐにでも食べたいのに食べちゃいけないなんてつらいです。かめぞうさんとこいたろうのどうにも待てない気持ちがとっても伝わってきました。とうとう我慢できなくなって、食べようとしたときに見つけたけろこさんからのメモ。これは効果抜群でしたね。
かめぞうさんとこいたろうの心の格闘が最初から最後まで面白かったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい わくわくたからさがし  掲載日:2018/6/10
たからさがし
たからさがし 作: 中川 李枝子
絵: 大村 百合子

出版社: 福音館書店
たからさがしにでかけて、まほうのつえを見つけたゆうじでしたが、それをほぼ同時に見つけたウサギのギックと取り合いになってしまいます。勝負をして、勝ったほうの物にすることにしますが、かけっこをしても、相撲をしても、幅跳びをしても互角で決着がつきません。
そこで、決着はギックのおばあちゃんにつけてもらうことになりました。おばあちゃんが出てきた時点でなんとなく結末が想像つくような気がしましたが、2人も納得、そしてうれしい結末となってよかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい カエルの水泳特訓  掲載日:2018/6/10
がまくん かろくん
がまくん かろくん 作: 馬場 のぼる
出版社: こぐま社
仲良しカエルのがまくんとかろくんですが、かろくん、がまくんの衝撃の事実を知ってびっくりしてしまいます。がまくん、かえるなのに泳げないんです。じゃあ、おたまじゃくしのころはどうしてたんだろうと親子で疑問に思いました。
がまくんが泳げるようにしてあげようと、アイデアを出すかろくん、友達想いの優しいカエルですね。ブランコで泳ぐ練習をするかろくんの姿は面白かったです。息子も楽しそうに見ていたので、こんど公園でやるんじゃないかとちょっと心配です。
ついにかろくんが泳げるようになったときは、私もうれしくなりました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 妖怪大集合  掲載日:2018/6/10
妖怪交通安全
妖怪交通安全 作: 広瀬 克也
出版社: 絵本館
妖怪いっぱいのにぎやかな表紙が気になって図書館から借りてきた本です。
妖怪の名前をダジャレにして使って作った交通安全の標語がたくさん出てきて、なかなか面白いです。けれど、息子に読んであげてもいまいち意味が分からないものがあったりするらしく、「ねえ、これってどういう意味?」と聞かれても説明するのが難しかったりしました。
この本一冊で出てくる妖怪の数はとても多く、知らない妖怪もいっぱいでした。これってどんな妖怪なんだろうねとおしゃべりするのも楽しかったです。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい こんな出前困ります  掲載日:2018/6/10
ふしぎなでまえ
ふしぎなでまえ 作・絵: かがくい ひろし
出版社: 講談社
出前って、自分で食事を作るのがおっくうで、すぐに何かおいしいものを食べたい!というときに頼むものですよね。なのに、まさか頼んだ出前がお皿だけでうちにきて、それでは作ってくださいみたいに言われるなんて。びっくりがっかりもいいとこですね。
それでも仕方なく作り始めるじゃがさんとさつまさんはえらいなあと思います。作ったものがおいしくないと言われ、料理魂に火が付くじゃがさんたちにも笑えます。最初からその気持ちがあったらよかったのに。
息子は楽しく読んでいましたが、気分が乗らないときに料理をする面倒さが分かっている私は、こんな出前絶対いやだなと最後まで思っていました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい おいもはどっちに  掲載日:2018/6/10
ねずみのえんそく もぐらのえんそく
ねずみのえんそく もぐらのえんそく 作・絵: 藤本 四郎
出版社: ひさかたチャイルド
地上ではねずみの遠足が、地下ではもぐらの遠足が同時進行で進んでいくので、両方一気に見られて面白いです。
ときどき、ねずみが穴に落としたどんぐりがもぐらの頭に落ちてくるなど、地上と地下でつながりを感じる場面があったりして、息子も面白がっていました。
ラストでは、埋まったサツマイモを地上のねずみと地下のもぐらでつなひきのように引っ張り合い、一体どちらがお芋を引っ張り出せるのか見ごたえたっぷりでした。結局ねずみが引っ張り出したお芋でしたが、もぐらまでついてきてねずみさん、びっくり仰天だったことでしょう。最後はねずみももぐらも一緒に楽しそうにお芋を姿がほほえましかったです。
参考になりました。 0人

1285件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

フリフリえほん たかいよしかずさん&編集者・清水剛さん インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット