新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  絵本紹介  >  サーモン? それともトロ? 『おすしが ふくを かいにきた』【NEXTプラチナブック】

連載

人気作品・注目の新刊をご紹介!絵本ナビプラチナブック

連載トップへ

絵本紹介

2022.12.21

  • twitter
  • Facebook
  • line

サーモン? それともトロ? 『おすしが ふくを かいにきた』【NEXTプラチナブック】

絵本ナビがおすすめする「NEXTプラチナブック」(2022年11月選定)から、ご紹介する一冊はこちら!

 おすしが服を買いにきた!? 今日はサーモン、それともトロ? 毎月発売される新作絵本の中から、絵本ナビが自信をもっておすすめする「NEXTプラチナブック」。今回ご紹介する絵本は、『おすしが ふくを かいにきた』。ミニチュア写真家・見立て作家として大人気の田中達也さんが手がける写真絵本。さて、どんな内容なのでしょう。

NEXTプラチナブックとは…?

絵本ナビに寄せられたレビュー評価、レビュー数、販売実績など、独自のロジックにより算出された人気ランキングのうち、上位1000作品を「絵本ナビプラチナブック」として選出し、対象作品に「プラチナブックメダル」の目印をつけてご案内しています。

そして、毎月発売される新作絵本の中からも、注目作品を選びたい! そんな方におすすめするのが「NEXTプラチナブック」です。3か月に一度選書会議を行い、「次のプラチナブック」として編集長の磯崎が自信を持って推薦する作品を「NEXTプラチナブックメダル」の目印をつけてご案内します。

サーモン? それともトロ? 『おすしが ふくを かいにきた』

おすしが、アイスが、ソーセージが!

  • おすしが ふくを かいにきた

    みどころ

    おすしが買い物にやってきた。ずらりと並んだ華やかなネタ……いえ、服を見ながら迷います。

    「サーモンにします?」
    「おもいきって、トロにしようかな?」

    続いてアイスは帽子を買いに、箱の親子はリボンの着付け、サウナにやってきたのはシュウマイ、ソーセージは車を買いにきます。いちごが自分のベッドに選んだのは……?

    ミニチュア写真家・見立て作家として大人気田中達也さんが手がける写真絵本第2弾。「おすしがふくを」という言葉だけで、すでに期待に胸が膨らみます。いったいどんな「みたての世界」が繰り広げられているのでしょう。

表紙にはお皿のビル。洋服屋の奥にはいくらのネックレス、板チョコのカウンター、ふかふかなパンの車にレタスの海、マカロンのソファーに美味しそうなベッド。使われているのは見たことのあるものばかりだけれど、登場するのは最高にワクワクする見たことのない景色。

一枚の写真でも楽しめる田中達也さんの作品だけれど、こうして絵本になってみると、じっくりゆっくり見れば見るほど、さらにストーリーが広がっていくようです。隣の部屋はどうなってるのかな、パンの車の乗り心地はどんなかな、ケーキのベッドはいい香りがしそうだな。ページのすみずみまで眺めていると、その世界の中に入っていけるような気持ちになってきます。

さて、買い物を済ませた彼らは、その後どんな一日を過ごすのでしょう。あるいは次に登場するとしたら、どんなお店がいい? みんなでわいわい、ひとりで静かに。想像の世界の中を楽しんでくださいね。

編集長のおすすめポイントは……

リアルと空想が入り混ざって

普段使っているものが、全然別のものに。見立ての世界の中で生き生きと暮らす彼らに、ぐぐっとカメラが近づいたり、ぐーんと引いて俯瞰の景色になったり。どこまで細かく見ても、しっかりと作り込んであるのですからたまりません。リアルと空想が入り混ざったおかしな楽しさは、いつまででも見ていたい! 不思議な魅力でクセになってしまうのです。

この書籍を作った人

田中達也

田中達也 (たなかたつや)

ミニチュア写真家・見立て作家。日常にあるものを別の物に見立てたアート「MINIATURE CALENDAR」を、2011年からInstagramで毎日発表し続ける。展覧会を国内外で開催。主な著書に『MINIATURE LIFE』、『MINIARURET TRIP IN JAPAN』、『MINIATURE at HOME』、絵本『くみたて』(福音館書店)、『おすしが ふくを かいにきた』(白泉社)など。Instagramのフォロワーは360万人を超える。

田中 達也 作品一覧

磯崎 園子(いそざき そのこ)

絵本情報サイト「絵本ナビ」編集長として、絵本ナビコンテンツページの企画制作・インタビューなどを行っている。大手書店の絵本担当という前職の経験と、自身の子育て経験を活かし、絵本ナビのサイト内だけではなく新聞・雑誌・テレビ・インターネット等の各種メディアで「子育て」「絵本」をキーワードとした情報を発信している。著書に『ママの心に寄りそう絵本たち』(自由国民社)、監修に『父母&保育園の先生おすすめの赤ちゃん絵本200冊』『父母&保育園の先生おすすめのシリーズ絵本200冊』(玄光社)がある。

今、あなたにオススメ

出版社おすすめ

  • はるのおくりもの
    はるのおくりもの
    出版社:日本標準 日本標準の特集ページがあります!
    雪を見たいカエルと見せてあげたいキツネとウサギ。心あたたまるお話を美しい四季の絵にのせてお届けします


児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載
可愛い限定商品、ゾクゾク♪
全ページためしよみ
年齢別絵本セット