新刊
はっけんずかんプラス 妖怪

はっけんずかんプラス 妖怪(Gakken)

しかけをめくると妖怪が登場!今大人気の本格子ども向け図鑑

  • 笑える
  • びっくり
話題
まほうのさんぽみち

まほうのさんぽみち(評論社)

絵本が大好きな女の子とパパの、幸せであたたかいお話。

絵本ナビホーム  >  スペシャルコンテンツ  >  インタビュー  >  プレNEOシリーズ最新刊!和の心を伝える「にっぽんの図鑑」編集長 青山明子さんインタビュー

───脚注の「体験につなげるヒント」など、親御さんがお子さんと図鑑を読むときの声かけを後押しするアドバイスも多いですよね。編集される上でどんな思いが込められているのでしょうか?

「プレNEO」シリーズ共通のポリシーとして、「体験すること」「考えること」につながるような図鑑づくりを創刊当初から目指しています。本で読んだ知識も大切ですが、やはり実際に体験しないと身につかないと思うんです。その最初のきっかけとして親御さんと一緒に図鑑を見て、感想を言いあって、体験を促してあげられるように脚注の「体験につなげるヒント」や「やってみよう」のページにも力を入れています。

───「すしを にぎってみよう(p86-87)」や「はにわを つくろう(p42-43)」など、一見「本当にできるの?」とビックリするような体験も写真で手順が書かれているので、親子でワイワイ楽しみながらチャレンジできそうです。

「はにわを つくろう」は私たちもかなり盛り上がったページなんです。本物の埴輪も同じような手順で作っていたそうなんですよ。

───実際に取材に出かけて作ったページも多いと思います。特に思い出に残っている取材などはありますか?

監修をお願いした藤森先生は小学校の校長先生であり、大学の教育学部でも教鞭をとっている、学校教育に精通している方です。

 とても研究熱心な先生で、毎年のように研究授業でイギリスの学校に行かれるのですが、「おり紙」を通して不登校の子がクラスのヒーローになったという実体験をお持ちで、そこからおり紙がいかに海外で注目されている日本文化なのかを教えてくれました。 
その話を聞いてとても興味が湧いたので、巻末特集で「おりがみこうじょうを みてみよう(p184-185)」という取材を行いました。

───おり紙の工場、この図鑑で初めて見ました! どうやって作られるのか、写真で大きく紹介されていて、分かりやすいですよね。

おり紙がどうやって作られているかまったく知らなかったので、おり紙用の特殊なインクが使われていることや、真四角にするために職人の技が必要なことを知ったのはとても新鮮でした。

───あと、衝撃だったのは、「にっぽんいち ちいさい すし(p132-133)」! 

「一粒寿司」ですね。外国の方に人気のメニューなんだそうです。撮影では、本物そっくりに並べようとスタッフ一同意気込んでいました(笑)。ネタは本物と同じものから切り出すんです。海苔も包丁で一粒サイズに切って使っていて、まさに職人技と思いました。

───寿司やおり紙のページを見て、「日本は匠の国なんだ」と改めて感じました。

そうなんです。『にっぽんの図鑑』を通して、子どもたちに職人の物づくりの技術に誇りに思ってほしいです。もうひとつ、直接図鑑の内容には関わりませんが、どうしても伝えたかったのが、『にっぽんの図鑑』で使われている紙に込められた匠の技なんです。

───日本製紙石巻工場の話は、メディアでも取り上げられていますが、それが実際に図鑑になって手にとることができるのは感慨深いです。

普段はあまり製作現場のことを表に出すことはしないのですが、どうしてもこの図鑑が匠の結晶そのものであることを知ってほしくて、敬意を示す意味も込めて掲載しました。

───そして、『にっぽんの図鑑』の最後に「にっぽんは「わ」の くに(p186-187)」という特集が組まれているのが、とても印象的で・・・母親としてハッとさせられる内容でした。

このページを作っているとき、「憲法改正問題」が取りざたされているときでした。

「日本国憲法 前文」をあえて載せたのは、「2度と戦争をしない」ということが日本のオリジナリティで、それが憲法で守られているのが日本であるということを今、ちゃんと伝えなきゃいけないという思いからでした。ただ、このことを表現するのはとても難しくて、藤森先生と何度も相談して、絵コンテも何回も描き直しました。
未来を担う子どもたちがいて、人ではないけど妖怪もいて、みんな一緒に桜の花の中で平和に遊んでいる…とても象徴的なページになったと思います。

───「和の国」日本と平和の「和」がつながっているというのが、とても感動しました。今の時代、親としてはこの先の日本への不安ばかりが先走りがちですが、『にっぽんの図鑑』を通して、日本の良さを感じることができました。最後に絵本ナビユーザーの皆さんにメッセージをお願いします。

実は、「プレNEO」シリーズを絵本のように読み聞かせる方が意外といらっしゃるんです。テーマが見開きで完結しているので、寝る前に好きなページを開いて読むのがちょうどいいと感想をいただいています。

───そうなんですね! 図鑑の読み聞かせ、新発見です。

お母さん方の本音を考えると図鑑はひとりで読んでくれた方が嬉しいと思うのですが、最初の一歩は、お子さんと一緒に観ていただけたら嬉しいです。

『にっぽんの図鑑』には今のお父さんお母さんも知らないことが出てくると思います。そのときは是非、お祖父ちゃんお祖母ちゃんと一緒に読んでみて、三世代でコミュニケーションを取っていただくのも新しい図鑑の楽しみ方だと思います。

───もちろん、今までの「プレNEO」シリーズ同様、受験問題や教科書に対応した内容も充実しているので、教材としても長く使えそうですね。

就学前のお子さんから小学生をメイン層にしていますが、外国の方と交流する機会の増える中学生の方にもおすすめです。海外の方に日本について説明するときに難しい表現を使わなくても『にっぽんの図鑑』に載っていることをそのまま訳せば、国際交流にも十分に役立てられるくらい、わかりやすさにもこだわっています。是非、永いお供にしていただけたら嬉しいです。

───ありがとうございました。 『にっぽんの図鑑』を手に、子ども達と今一度日本の素晴らしさについて、考えてみたいと思います。

インタビュー: 竹原雅子 (絵本ナビ編集部)
文・構成: 木村春子(絵本ナビライター)
撮影:所靖子

『にっぽんの図鑑』発売を記念して、ギフトボックス入り「プレNEO」シリーズ2冊セットを販売中です。絵本ナビでは『にっぽんの図鑑』と「にっぽん」をテーマにセレクトした2冊セットを4種類ご用意しました。
読めばもっと日本のことを知りたくなる、大好きになる図鑑セット。お子さんの入園・入学、お誕生日のお祝いやギフトにどうぞ。


絵本ナビでは「にっぽんを感じる」をテーマに、最新刊「にっぽんの図鑑」と「きせつの図鑑」を絵本ナビでセレクトしました。日本の文化や、四季を通した自然、行事、くらしの魅力を伝え、和のこころを豊かに育んでくれる2冊。親子で長く読み継いでいきたい図鑑です。
 


絵本ナビでは「にっぽんを楽しむ」をテーマに、最新刊「にっぽんの図鑑」と「こくごの図鑑」をセレクトしました。日本のくらしや文化を学び、日本語の美しさやおもしろさを感じられる2冊。子ども達に日本の魅力を豊かなことばで表現できるようになってほしい、そんな思いを込めて贈りたいセットです。
 
 


絵本ナビでは「にっぽんでくらす」をテーマに、最新刊「にっぽんの図鑑」と「せいかつの図鑑」をセレクトしました。日本のくらしや文化のすばらしさを感じながら、生活に役立つ知恵や生きる力が身に付く2冊。園や学校生活を送る子ども達の強い味方になってくれること、間違いなしです。
 


絵本ナビでは「にっぽんをかんがえる」をテーマに、最新刊「にっぽんの図鑑」と「よのなかの図鑑」をセレクトしました。日本の暮らしや文化と、それを支える世の中のしくみがまるわかり!社会への探究心が育まれるセットは、小学生になっても長く楽しんでいただけます。

>>ご購入はこちらから!!

 class=
今、あなたにオススメ

出版社おすすめ



児童書出版社さん、周年おめでとう! 記念連載
絵本ナビの入園入学特集2024
全ページためしよみ
年齢別絵本セット