貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる

いとう まさあき

いとう まさあき

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

のうさぎ にげろ

のうさぎ にげろ

作:いとう まさあき  絵:滝波明生  出版社:新日本出版社  本体価格:¥1,068+税  
発行日:1979年01月30日  ISBN:9784406005876

1件見つかりました

いとう まさあきさんの作品のみんなの声

  • 素敵な絵本です。

    小学1年生の娘が小学校で読んできました。 学校にある絵本らしく,実によい絵本です。 野生に生きる野うさぎの生態が本当によく描かれています。 イラストも漫画的なものではなく美しくリアリティがあるの・・・続きを読む

  • 野生

    のうさぎは野生に生きるだけあってとてもすばしこくって注意力もある しそのように能力も備わっているなあって思いました。 のうさぎは、生まれた時に身体の毛が生え目が見えるのに、飼いうさぎ ・・・続きを読む

  • よく出来た絵本

    私が小学生の頃に、一人でそぅっと何度も読んだ本です。 娘と読みたくて借りてきたのですが、なかなか興味を持ってもらえず。 ところが読み始めると、語り口調の、動物物ドキュメンタリーのような文章にすっか・・・続きを読む

  • 緊迫感ある

    • 風の秋桜さん
    • 40代
    • その他の方
    • 埼玉県
    • 男の子16歳、男の子14歳

    学校では推薦書になっている本です のうさぎがきつねに狙われ、命からがら逃げるシーン、子供を生み、こうさぎが親離れし、いぬわしにに襲われるシーンなど、自然界の厳しさと迫力が伝わってきます お話の中で・・・続きを読む

  • 飼いウサギと野うさぎの違いがはっきり

    私自身が小学生の時読書感想文の課題の本でした。帰省の時 みつけたので子供達に読み聞かせをしました。 のうさぎは生まれたときから目が見えて毛がはえてて動けれる ようになっています。お母さんウサギが・・・続きを読む


『てるちゃんと ようかいさんの おはなし』もへろんさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット