ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

岡田 潤

岡田 潤

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

豆わたし

豆わたし

原案:上嶋 常夫  構成・絵:岡田 潤  文:おおたに みねこ  出版社:岩崎書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2015年04月  ISBN:9784265830244
こども電車

こども電車

作者:岡田 潤  出版社:金の星社  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2010年12月  ISBN:9784323063300

2件見つかりました

岡田 潤さんの作品のみんなの声

  • お箸がつないだ村の平和

    「豆わたし」という言葉は初めて耳にするのですが、お箸で豆を器から器へ移す競い合いがあったのでしょうか。 川をはさんだ両岸の村のいがみ合いは水利でした。 お互いに協力し合うという発想が生まれるには、・・・続きを読む

  • 夢だけど夢ではない

    • みちんさんさん
    • 30代
    • ママ
    • 愛知県
    • 女の子3歳、女の子1歳

    こども列車は名前の通り、こどもしか乗れない列車。私も乗ってみたいな。幼いころに乗っていたのかなと思うと素敵ですね。 乗るだけでも楽しそうなのに現実のお友達とその楽しみが共有できることで2倍にも3倍に・・・続きを読む

  • 主人公は五年生

    息子が今年の感想文に選んだ本です。 主人公が五年生ということで、親近感もわいたようです。 子ども時代は短いというところと、父が自分をかばって死んだ事を抱え続ける遼の気持ちが私としては心に残・・・続きを読む

  • クラスメートの心模様

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子17歳、男の子15歳

    2011年度読書感想文全国コンクール小学校高学年の部課題図書。 5年1組の慧(けい)は転校生を見てびっくりします。 今まで本当だと信じていなかった、こども電車での友だち、遼に現実の世界で 再会し・・・続きを読む


ドイツで大人気!バニーが日本上陸

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット