ぺんぎんたいそう ぺんぎんたいそう
作: 齋藤 槙  出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!
赤ちゃんでも楽しめる「ぺんぎんたいそう」

マリア・ウェレニケ(まりあうぇれにけ)

マリア・ウェレニケ(まりあうぇれにけ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

パパとわたし

パパとわたし

作:マリア・ウェレニケ  訳:宇野 和美  出版社:光村教育図書  本体価格:¥1,200+税  
発行日:2012年10月20日  ISBN:9784895728461

1件見つかりました

マリア・ウェレニケ(まりあうぇれにけ)さんの作品のみんなの声

  • 父と娘の距離感

    娘から見た父親の位置、娘が感じる父親からの距離感、さりげなく父と娘の家族関係が綴られています。 手の届く位置にいることが、何だか微笑ましく感じました。 大好きなお父さんだけど、自分にも自我か芽生え・・・続きを読む

  • よくわかりあえる相棒

    タイトルとモノクロの絵に惹かれました。 父のことは大好きだったし、一番の理解者でした。思春期を別として、一緒にたいくないと思ったことはなかったなあと思いました。 父と娘って似た者同士の場合・・・続きを読む


「とびだすミニブック」シリーズ 編集者 清水剛さんインタビュー

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

全ページためしよみ
年齢別絵本セット