だれか ぼくを ぎゅっとして! だれか ぼくを ぎゅっとして!  だれか ぼくを ぎゅっとして! の試し読みができます!
作・絵: シモーナ・チラオロ 訳: おびか ゆうこ  出版社: 徳間書店 徳間書店の特集ページがあります!
小さな子どものサボテン、サボタの「だきしめてほしい思い」を描いた、心がほっとあたたまる絵本です。

及川 和男

及川 和男

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

いのちは見えるよ

いのちは見えるよ

作:及川 和男  絵:長野 ヒデ子  出版社:岩崎書店  本体価格:¥1,300+税  
発行日:2002年2月10日  ISBN:9784265006212

1件見つかりました

及川 和男さんの作品のみんなの声

  • いのちを感じる

    • レイラさん
    • 40代
    • ママ
    • 兵庫県
    • 男の子21歳、男の子19歳

    小学生のエリちゃんのお隣さんは、全盲のルミさん、弱視のアキラさん夫婦。 ルミさんは妊娠中で、アキラさんがけがで入院してしまったので、 エリちゃんはルミさんのお手伝いを申し出るのですね。 夏休みに・・・続きを読む

  • 心がやわらかいうちに

    あーやってしまいました。 また読みながら泣いてしまった(汗。 泣くつもりはなかったのに。 三さいで目が見えなくなってしまったルミさんの 話(おかあさんの顔をおぼえている、とか、おかあさんが ・・・続きを読む

  • 小学生に勧めたい

    • ヤキングさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子9歳、女の子4歳

    最近、長野ヒデ子さんの「おかあさんがおかあさんになった日」「おとうさんがおとうさんになった日」など、出産に関する絵本をたくさん読んだ娘が次に選んだ絵本もまた長野ヒデ子さんの出産に関する絵本でした。 ・・・続きを読む

  • 5歳と3か月の娘が幼稚園の蔵書から自分で選んで借りてきました。 母はすでに読んだことがあり、娘にはまだ少し難しいかもしれないと感じたのですが、「この本が目に付いた。楽しそうだと思った。」と彼女は言い・・・続きを読む

  • 綺麗な瞳を輝かせているから、目が見えないなんて信じられない子も孫 が通っている園にはいます。この絵本のルミさんのように目を瞑ってい ると明らかに見えないとわかるのですが、目が見えないという・・・続きを読む


『誰も知らない世界のことわざ』翻訳者・前田まゆみさんインタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット