もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。

リーセ・マニケ(りーせまにけ)

リーセ・マニケ(りーせまにけ)

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

2件見つかりました

表示

運命の王子

運命の王子

作・絵:リーセ・マニケ  訳:大塚 勇三  出版社:岩波書店  本体価格:¥1,700+税  
発行日:1984年  ISBN:9784001105858
ライオンとねずみ

ライオンとねずみ

作・絵:リーセ・マニケ  訳:大塚 勇三  出版社:岩波書店  本体価格:¥1,600+税  
発行日:1984年  ISBN:9784001105841

2件見つかりました

リーセ・マニケ(りーせまにけ)さんの作品のみんなの声

  • 古代エジプトのお話では

    イソップ物語の『ライオンとねずみ』と似て非なる世界でした。 パピルスに書き記された古代文字で描かれたのは、なんと人間の悪さに苦しむ動物たちの姿。 ライオンとねずみの逸話は、メインテーマではありませ・・・続きを読む

  • 古代エジプトの世界観

    • さみはさみさん
    • 30代
    • ママ
    • 東京都
    • 男の子5歳、男の子1歳

    5歳の長男に読みました。 エジプトの古い物語だそうで、得てしてそういう話は大人には興味深く感じられても、子供が理解するのは難しいものですが、しかしこの絵本は意外とすんなり受け入れることができます・・・続きを読む

  • 王子のウソ

    パピルスに記された古代エジプト文字のヒロエグリフから掘り起こしたという物語。 内容について考えると、物語の中でいくつも疑点が出てくるのですが、古代の不思議さを感じさせられるお話です。 文字解析から・・・続きを読む

  • エジプトのお話

    古代エジプトのお話だったんですね。お話自体は知っていましたが、エジプトだということを、初めて知りました。 さて、お話のほうですが、正直言って「うーん」 ライオンとネズミの二人の関係性よりも、人・・・続きを読む

  • エジプトを感じます

    • おるがんさん
    • 40代
    • ママ
    • 高知県
    • 女の子、男の子

    作者がいろいろと調べて、苦労をして書いた絵本のようです。 物語は、3000年も前に書かれたもので、それも途中までしかなかったので、他の神話などを参考にして書き上げたそうです。 絵も昔に書かれた・・・続きを読む


たたかえ!じんるいのために!

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット