くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から― くらやみのゾウ ―ペルシャのふるい詩から―
再話: ミナ・ジャバアービン 絵: ユージン・イェルチン 訳: 山口 文生  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「群盲象を評す」としても知られる物語。3世紀の世界的なペルシャ詩人、ルーミーの詩をもとにしたお話です。

平野 剛(ひらのたけし)

平野 剛(ひらのたけし)

1969年東京生まれ。多摩美術大学彫刻科卒業。1985年、父親との共作で16歳でさし絵を担当。

作品一覧

※検索キーワードをスペースで区切って複数指定すると、絞り込んで検索できます。

表示順

表示件数:

1件見つかりました

表示

ぴよぴよぴよ

ぴよぴよぴよ

作・絵:平野 剛  出版社:福音館書店  本体価格:¥800+税  
発行日:1987年6月30日  ISBN:9784834002737
  ためしよみ

1件見つかりました

平野 剛(ひらのたけし)さんの作品のみんなの声

  • ピヨピヨのリズムが楽しい♪

    0歳にオススメのロングセラー絵本と紹介されていたので、購入しました。 やっぱりロングセラー絵本はハズレなしです! 0歳〜1歳頃の息子のお気に入り絵本の一冊になりました。あきらかに他の絵本よりも食い・・・続きを読む

  • ぴよぴよだけ〜(笑)

    • てんぐざるさん
    • 40代
    • ママ
    • 埼玉県
    • 女の子21歳、女の子16歳

    福音館書店から出ているあかちゃん向けの作品です。 発行が1987年なので、まだジャンルとしてあまり確立していない「012」才向けではないかと思います。 ひよこたちが、母親のめんどりのところに行・・・続きを読む

  • 99%ぴよ(笑)

    ぴよ、だけでほぼ全てが表現されている絵本。 一歳の頃に図書館で借りたところ、何度も読みたがるため、思いきって購入。 まだあまり言葉が出なかった頃でしたが、「ぴよ」だけは一緒に言ってました(笑)その・・・続きを読む

  • ぴよぴよぴよ

    ぴよぴよぴよ がずーっと繰り返される絵本。 声の調子を変えながら、こんなんでいいのかな〜?って少し悩みながら読みました。 最初はじーっと見ていたけど、しばらくするとつぼに入ったのかゲラゲラ笑いだし・・・続きを読む

  • 猫をどう読めばいいんだろう?

    1歳2カ月の子に読みました。 ぴよぴよぴよ がほとんどのとてもシンプルな絵本です。 が、それゆえに読むのが難しい! 文字で書かれているのはひよこなですが、実際は猫の動きを追って読む絵本です・・・続きを読む


『ゼツメツキグシュノオト』イベントレポート&インタビュー

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット