せかいかえるかいぎ せかいかえるかいぎ
作: 近藤 薫美子  出版社: ポプラ社 ポプラ社の特集ページがあります!
せかいかえるかいぎが あるらしい──。こんなうわさが、かえるたちの間に広まって、世界中のかえるたちが大集合します!

☆うさこ☆さんの公開ページ

☆うさこ☆さんのプロフィール

ママ・30代・千葉県、男の子1歳

マイ絵本棚

他の本棚

持っている

公開

  • 0〜5歳児指導計画の書き方がよくわかる本
  • かみなのに
  • うんこ!
  • おばけのきもだめし
  • なんのぎょうれつ?
  • おはよう!
  • ミニ版 はらぺこあおむし
  • くずかごおばけ
  • もくもくふわふわ にじいろロディ
  • アンパンマンマグネットシート1 パンこうじょうへようこそ
  • ずっとママといっしょがいいの!
  • さわって学べる算数図鑑
  • アブナイかえりみち
  • あかちゃんまんとニガウリマン

☆うさこ☆さんの声

1234件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ
なかなかよいと思う 仕掛けが楽しい  投稿日:2020/06/27
はっけんずかん のりもの 改訂版
はっけんずかん のりもの 改訂版 絵: 西片 拓史
監修: 大山昌夫

出版社: 学研
のりものが日に日に好きになる1歳の息子に読んでみた図鑑です。中の様子や仕組みがわかって大人も面白いです。小さい子は仕掛けも楽しめるところもいいですね。ちょっと小さすぎる子には力加減に注意が必要かもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 楽しくなってきます  投稿日:2020/06/25
レインボウブックス リズム
レインボウブックス リズム 作・絵: 真砂 秀朗
出版社: 三起商行(ミキハウス)
意味はわからないけれど、不思議な言葉とリズムになんだかウキウキしてきますね。読んでいるうちに自然とリズミカルになって体も動き出しそうです。膝で弾んでみたり、動ける子なら一緒に踊ってしまってもいいかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい お家に置いておきたい図鑑  投稿日:2020/06/24
げんきの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO)
げんきの図鑑(小学館の子ども図鑑 プレNEO) 監修: 中村裕
出版社: 小学館
げんきの図鑑というタイトルがなんだか新しいですね。本当に運動音痴の母なので息子には運動神経は普通でいいのでせめて体を動かすことを好きだと思える子になって欲しいと思い選びました。基本的な生活やかけっこや鉄棒のヒントなどが書かれているので、こういった図鑑はリビングに置いておきたいと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほっこりします  投稿日:2020/06/24
かさじぞう
かさじぞう 文: 令丈 ヒロ子
絵: 野村 たかあき

出版社: 講談社
貧しくても心の優しいおじいさんとおばあさんのお話。心がほっこりとあたたかくなります。最後は「はい、おしまい。」とぴしゃんと終わってしまうのもそれはそれでおもしろいですね。冬じゃなくても子どもには読んであげたい大好きな昔話のひとつです。おまけの十二支のお話もいいですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 読み比べてもいいかもしれません  投稿日:2020/06/24
ももたろう
ももたろう 文: 石崎 洋司
絵: 武田 美穂

出版社: 講談社
賛否両論のある「つんぶら」の表現ですが、私もももたろうはたくさんの絵本を読んだことがありますが、ちょっと違和感がありました。けれど、それはそれでこの作品のオリジナリティのある良いところなのだと思います。イラストは武田美穂先生で元気でダイナミックな感じが可愛いですね。
参考になりました。 0人

なかなかよいと思う 切ないです  投稿日:2020/06/24
つるのおんがえし
つるのおんがえし 文: 石崎 洋司
絵: 水口 理恵子

出版社: 講談社
イラストがとてもきれいなのが印象的でした。つるのおんがえしのお話は絵本や紙芝居、人形劇など様々な表現で見ています。しかし、何度読んでも切なくなってしまいます。ハッピーエンドで終わることが多い絵本ですが、最後になんだか切なく不完全燃焼な気持ちになれるのも魅力のひとつかもしれませんね。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい イラストと内容が…  投稿日:2020/06/24
かもとりごんべえ
かもとりごんべえ 文: 令丈 ヒロ子
絵: 長谷川 義史

出版社: 講談社
かもとりごんべえのお話のユニークな雰囲気と長谷川先生のイラストの組み合わせがとてもよくて最後まで楽しく読むことができました。お話自体は有名とまではいかないかもしれませんが、だからこそ新鮮な気持ちで読むことができる絵本だと思います。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 可愛い顔して  投稿日:2020/06/24
へっこきよめさま
へっこきよめさま 文: 令丈 ヒロ子
絵: おくはら ゆめ

出版社: 講談社
可愛い顔でなかなかなオナラをするお嫁さん。このお話もずいぶん前に読んだことはありますが、久しぶりに読んで「こういうお話だった!」と思い出しました。親しみやすいイラストと子どもが好きな「おなら」が出てくるのでお話会などでも人気が出そうですね♪
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい 涙もろいんです  投稿日:2020/06/24
いろんなこそだてずかん
いろんなこそだてずかん 作: 平田 昌広
絵: スギヤマ カナヨ

出版社: PHP研究所
いろんな生きものの育て方が載っているのでおもしろいです。最後は人間の子どもの育て方について…みんなみんな愛されてくるはずの子どもたち、今はいろいろなニュースで悲しいこともあります。息子は今気持ちよさそうに眠っています。そんなときにこの絵本を読んで、悲しい気持ちの子どもが少なくなってほしいと泣けてきました。
参考になりました。 0人

自信を持っておすすめしたい ほのぼの  投稿日:2020/06/24
赤ちゃんずかん(0・1・2さい)
赤ちゃんずかん(0・1・2さい) 作・絵: 桑原 伸之
出版社: あすなろ書房
赤ちゃんのための図鑑ですね。イラストがちょっとゆるっとした感じでほのぼのします。色はほんものとは違っていますが、赤ちゃん絵本なので個人差はあると思いますが、あまり気になりません。動物や果物・野菜・のりものなどいろんな種類が描かれているのでページの順番にこだわらずに楽しめます。
参考になりました。 0人

1234件中 1 〜 10件目最初のページ 前の10件 1 2 3 4 5 ... 次の10件 最後のページ

【連載】こんにちは!世界の児童文学&絵本

出版社おすすめ


全ページためしよみ
年齢別絵本セット