庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木− 庭のマロニエ −アンネ・フランクを見つめた木−
文: ジェフ・ゴッテスフェルド 絵: ピーター・マッカーティ 訳: 松川 真弓  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
【アドベントカレンダーあります】クリスマスまでの毎日を、ワクワク楽しみましょう♪
発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち

作・絵: 内山登紀夫監修 / 安倍陽子編 / 諏訪利明編
出版社: ミネルヴァ書房

本体価格: ¥1,800 +税

「発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2006年03月03日
ISBN: 9784623045525

AB・56ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

人と上手につきあえない、コミュニケーションがうまくとれない、想像力がとぼしい・こだわりがある……それが自閉症のおともだちの特徴です。
この絵本は、「なるほど、おともだちのちょっと困ってしまう行動には、こんな理由があるんだ。じゃあ、こうすればもっと楽しく過ごせるね!」……そんな気づきをもたらします。

学校やおうちでよく見られるケースをイラストでわかりやすく伝え、学校の授業や暮らしの中でできる工夫を具体的に紹介。子どもと大人がいっしょに考え学べる工夫がいっぱい!

■もくじ――
第1章 どうしよう!?こんなとき
ますみくんの場合――予定が変わると不安になっちゃう
なおやくんの場合――みんなのゼリー食べちゃった
のぞみさんの場合――リコーダーの音ががまんできない
あかねさんの場合――楽しくても手をかんじゃう!
ひできくんの場合――水遊びがやめられない
ふりかえってみよう

第2章 自閉症って何?
○自閉症は生まれつきの障害
○自閉症の特徴は3歳くらいまでにあらわれる
○知的なおくれのある自閉症
○手助けのポイント
○自閉症の人をもっと知ろう

保護者の方へ
参考資料など

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち

ベストレビュー

生まれつき

芸能人等でも自閉症であることを告白する人がいたりで認知度は増えたかなと思います。
いろいろな人がいるわけですが、この本での対処の仕方は参考になりました。
自分の腕をかんでしまう人にはつい「かんじゃダメ!」って言ってしまいそうですが、首からかんでいいものをさげさせて、かもうとしたときには「それをかんで」とする等、具体的で分かりやすかったです。
(みちんさんさん 30代・ママ 女の子4歳、女の子2歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


内山登紀夫監修 / 安倍陽子編 / 諏訪利明編さんのその他の作品

発達と障害を考える本(2) ふしぎだね!?アスペルガー症候群[高機能自閉症]のおともだち



『プルバックでゴー!』しかけ絵本専門店「メッゲンドルファー」 嵐田一平さんインタビュー

発達と障害を考える本(1) ふしぎだね!?自閉症のおともだち

みんなの声(2人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット