もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
自宅でも、おでかけ中でも。名作絵本ムービー見放題♪ 【プレミアムサービス】
オーパルひとりぼっち
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

オーパルひとりぼっち

作: オーパル・ウィットリー
絵: バーバラ・クーニー
訳: 八木田 宜子
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

在庫あり

平日朝8時までの注文で当日発送
※お届け日は翌日以降(詳しくはコチラ

本体価格: ¥1,400 +税

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 1994年
ISBN: 9784593503162

6歳から

出版社からの紹介

両親のいない少女オーパルはいつもひとりぼっち。でも、やさしく心をなぐさめてくれるのは、森の動物たちや木や草花でした……。1920年にアメリカで刊行されて以来読まれている、女の子の日記の絵本化。

ベストレビュー

背景を知ってから読み直すと…

寂しげなクーニーさんの絵と、散文のようなオーパル・ウィとリーの文章。
なんとなく素通りして、作者の後書き、訳者の後書きを目にしたら、この絵本に描かれているものが、とても大きく思えてきました。
文章はオーパルが5、6歳の頃に書きとめた「日記」だったのです。
その日記は、義理の姉に破かれたものの捨てきれずにオーパルがしまっておいたものだったのです。
その「日記」が形になったのはオーパルが20歳になった時。
どうしてこのようなことになったのでしょう。
破かれたのは義理の姉が目にした内容に対する怒り?
どうして義理の姉と一緒に生活していたのでしょう。
オーパルは小さくして両親を失っていたのです。
そしてこの絵本に登場するのは養女として彼女を迎え入れた新しいお母さん。
オーパルは寂しかったのです。
20歳にしてこの絵本を出す際に、オーパルには日記に書かれたほどに養母に憎しみはなかったに違いありません。
ただ、5、6歳のオーパルには、養母は厳しい存在だったのです。
様々に心に染み入る要素をもった絵本です。
寂しさの中で仲良くなった動物たちや、木にまで付けた名前はとても意味をもった名前ばかり。
幼い子供が伝説や歴史上の人物の名前を、繰り出せたのは死んだ両親が残した「本」を読んで得た知識。
子どもの視線で書かれていながら、年齢以上の深みと子どもならではの純粋さに満ち溢れています。
何度も転居を繰り返したオーパル。
噛みしめるほどに味わいのある絵本でした。
(ヒラP21さん 50代・パパ )

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • こどものなかま
    こどものなかま
     出版社:BL出版 BL出版の特集ページがあります!
    ペンギンのなかま、クジラのなかま、サイのなかま、なかまと出会い遊んだあとで、ぼくがみつけたのは…

バーバラ・クーニーさんのその他の作品

クリスマス / 雪の日のたんじょう日 / 3びきのこいぬ / どうぶつたちのクリスマス / 福音館文庫 キルディー小屋のアライグマ / ちいさな曲芸師 バーナビー

八木田 宜子さんのその他の作品

紙芝居 きかんしゃ シュッシュ / ねこがおどる日 / 21世紀版少年少女世界文学館(3) ロミオとジュリエット / 紙芝居 ガサゴソ だーれ? / 紙芝居 ひとつずつ / くもねこ



賢治の祈り『雨ニモマケズ』柚木沙弥郎さん×松田素子さんインタビュー

オーパルひとりぼっち

みんなの声(5人)

絵本の評価(3.83




全ページためしよみ
年齢別絵本セット