もうなかないよ、クリズラ もうなかないよ、クリズラ
作: ゼバスティアン・ロート 訳: 平野 卿子  出版社: 冨山房 冨山房の特集ページがあります!
読み手の年齢を選ばない子どもから大人まで、それぞれの感性で理解してうけとめる事のできる「みんなの本」です。
【出産のお祝いに】絵本みたいなカタログギフト「おめでとセレクション」
旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本

  • 絵本
文: 千葉 望
絵: 阿部伸二
出版社: 理論社 理論社の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,400 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

作品情報

発行日: 2016年08月
ISBN: 9784652201572

A5変型 32ページ

この作品が含まれるテーマ

出版社からの紹介

日本は月の満ち欠けで日付を知る旧暦で長い間行事を行ってきました。たとえば七夕の7月7日は上弦の月がのぼり、天の川がくっきりと見える秋の行事でした。旧暦を知れば行事の意味をより深く知ることができます。子どもたちに伝えたい知識絵本。

●編集者コメント
今見上げているお月さまは千年前の人も見ていた同じお月さま。お月さまのこよみ=旧暦は昔の人の生活を垣間見せてくれるタイムマシンツールかもしれません。

ベストレビュー

今の当たり前が当たり前じゃないとき

このお話は、昔のこよみの読み方(お月さまのこよみ)と今普及しているこよみの読み方(お日様のこよみ)を紹介してある絵本でした。旧暦の行事が今も残っているもののあるのですが、一年の数え方や行事の行われ方など当たり前が違っていた時代もあるのを知って、うちの子は不思議だな〜と言っていました。
(イカリサンカクさん 30代・ママ 男の子9歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ


阿部伸二さんのその他の作品

日本の材木 杉 / 日本の風景 松



おいしいものをめぐるぼうけん、食べもののルーツを大紹介!

旧暦で行事をたのしむ お月さまのこよみ絵本

みんなの声(2人)

絵本の評価(4.33




全ページためしよみ
年齢別絵本セット