貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
おじいちゃんとかくれんぼ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

おじいちゃんとかくれんぼ

  • 絵本
作・絵: ロブ・ルイス
訳: かねはらみずひと
出版社: ほるぷ出版 ほるぷ出版の特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「おじいちゃんとかくれんぼ」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • dケータイ払いプラス

  • 後払い

※「dケータイ払いプラス」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

課題図書すばこ

この作品が含まれるテーマ

ベストレビュー

大胆なおつかいに仰天☆

おじいちゃんと孫・フィンリーのシリーズ2作目です☆
フィンリーの大好きなおじいちゃんは
お友達もいっぱいで 
毎日 充実した生活を送っている…というのが垣間見えます。
大人と過ごす時は 普通のおじいちゃんなんだ〜っていうのが 私の感想です☆
ただのふざけん坊じゃなかったのですね(笑)

1作目『おじいちゃんだいすき』と同様に
3編のお話で構成されています。

題名になってるのは 2つ目の作品でした。
かくれんぼしていたはずおじいちゃん…
いつのまにか…
っていう所が「あるある〜!」って思えるお話(笑)

3つ目のお話の「ミミズ」は 
まったく予想もしていなかった結末に驚かされました。
そして その結末から このおじいちゃんは  
フィンリーのお母さんのお父さんに違いない…とも。
だって こんな大胆なおつかいを頼むようなお母さんなんですもの。。。(笑)
このシリーズ…これでおしまいなのかなぁ。
もっと読みたいな〜って思いました。
(西の魔女さん 30代・ママ 女の子13歳、男の子9歳)

出版社おすすめ


ロブ・ルイスさんのその他の作品

ボズウェルの家出 / みんないっしょに / と・も・だ・ち / おじいちゃんだいすき / トレバー、がんばって / トレバーはおかたづけ

かねはらみずひとさんのその他の作品

かいじゅう ぼく / ハロウィンナー / つるつるしわしわ / おてんき / かたちいろいろ / おやすみのじかん



頬をひっぱったら?お子さん・お孫さんといっしょに!

おじいちゃんとかくれんぼ

みんなの声(4人)

絵本の評価(4.2




全ページためしよみ
年齢別絵本セット