ぬけちゃった ぬけちゃった
作: スティーブ・アントニー 訳: せなあいこ  出版社: 評論社 評論社の特集ページがあります!
「スマホが手放せない」時代の子ども(と大人)へ……。 外の世界には、新しい冒険が待っている!
絵本が毎月届く「ワクワク」をぜひお子様に。 絵本ナビの定期購読「絵本クラブ」 お申し込みはこちらから>>>
とんだ トロップ
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

とんだ トロップ

作・絵: 小野 かおる
出版社: 福音館書店 福音館書店の特集ページがあります!

作品情報

発行日: 1963年

5才〜6才向き
こどものとも 1963年3月号

出版社からの紹介

北の国に住むトロップは、夏のお祭りのとびあがり競争の練習をしますが、兄さんのように高くは跳べません。それを見ていたまほうつかいは、跳び方を教え、魔法の黄色い紐を靴に結んでやります。でも、跳ぶときに声を出すなと言われたのを忘れ、お祭りの日に跳ぶとき、大声で「ぴょーい」と言ってしまうと……。躍動感あふれる絵本。(「こどものとも」84号)

ベストレビュー

頑張る トロップ

 『とんだトロップ』は、同じタイトルで、2冊でています。横長の「こどものとも」版(1963年)と、縦長のハードカバー版(1998年)です。おはなしの大筋は同じですが、文章も絵も違い、内容も細かいところで少し違います。

 まほうつかいの大男は、前者では一人ですが、後者では兄弟二人です。おまじないの言葉も違います。比べて読むのも面白く、どちらが好きかは人によって分かれるようです。
 
 小野かおるさんの絵は味があり、登場人物の表情が豊かで親しみやすく感じました。お兄さんのように何でもできるようになりたいと憧れるトロップ。頑張って頑張って、ジャンプの練習をするトロップに 少し上を目指したい 子どもらしい感情が伝わってきました。そして、力みすぎて、おまじないの言葉を間違えて、トロップが どんどんどんどん 高く高く飛んでしまうところが面白かったです。

 ジャンプ競争のごほうびの靴を お兄さんと分かち合って(「こどものとも」では変わりばんこに、ハードカバー版では、かたっぽづつ履いています)、使っているところは微笑ましく、兄弟の仲が良いことが感じられて、良いなぁと思いました。
(なみ@えほんさん 50代・ママ )

出版社おすすめ

  • パンダ銭湯
    パンダ銭湯
    作・絵:ツペラ ツペラ(tupera tupera) 出版社:絵本館 絵本館の特集ページがあります!
    いま、明かされるパンダのひみつ。

小野 かおるさんのその他の作品

こどものとも 日本の昔話 ねずみのおよめさん / こんや、妖怪がやってくるー中国のむかしばなしー / たぬきのばけたおつきさま / トン・ウーとはち / くまさん くまさん おはいんなさい / みぎあしくんと ひだりあしくん



切なくてあたたかい、小さな気持ち<br>『わすれもの』豊福まきこさんインタビュー

とんだ トロップ

みんなの声(6人)

絵本の評価(4.43

その他の方の声 1人

その他の方の声一覧へ




全ページためしよみ
年齢別絵本セット