貝の火 貝の火
作: 宮沢 賢治 絵: おくはら ゆめ  出版社: 三起商行(ミキハウス) 三起商行(ミキハウス)の特集ページがあります!
親子のひばりは、沢山おじきをして申しました。 「これは貝の火という宝珠でございます。 王さまのお伝言ではあなた様のお手入れ次第で、この珠はどんなにでも立派になる
絵本選びに迷いのあるママへ 定期購読サービス「絵本クラブ」 がお手伝いします。 詳しくはこちら>>>
くろぞうとあおぞう
チェックする  
気になった作品はチェックして、マイページであとからゆっくり確認できます。(要サインイン)

くろぞうとあおぞう

作・絵: 石倉 ヒロユキ
出版社: ひさかたチャイルド ひさかたチャイルドの特集ページがあります!

本体価格: ¥1,200 +税

  • ハッピー・リユース・プログラム対象作品

「くろぞうとあおぞう」は現在購入できません

  • 利用できる決済方法
  • クレジットカード

  • 代金引換

  • d払い

  • 後払い

※「d払い」はスマートフォンからのみご利用いただけます。

出版社からの紹介

小さな森に住む「くろぞう」と「あおぞう」。
2頭の象は広い森を求め、
北と南に別れて旅立ちます。
本当に大切なものとは…?心にしみる絵本です。

ベストレビュー

幸せって

いろいろ考えさせられる絵本です。
でも難しいものではなく、読後感はさわやかです。

狭い森に暮らすくろぞうと、あおぞう。
狭さが嫌になり、それぞれ北と南に移動しました。

そこには狭い森にはなかった満足感はあったけど
思い出すのは狭い森・・・

人も同じですよね。
いろいろ望むけど、失って初めて身近にあった幸せに気づく。

ステキな絵本でした。

絵の雰囲気もすごくいいです。
(環菜さん 20代・ママ 男の子4歳、男の子3歳)

この作品を見た人はこんな作品も見ています

この作品を見た人はこんなグッズを見ています

出版社おすすめ

  • はるがきた
    はるがきた
    作・絵:ロイス・レンスキー 訳:さくま ゆみこ 出版社:あすなろ書房 あすなろ書房の特集ページがあります!
    おひさま ぽかぽかかぜは さわやか

石倉 ヒロユキさんのその他の作品

ばい菌とカラダ / 睡眠とカラダ / うんことカラダ / 栄養とカラダ / トコトコとこちゃん / 〈とうもろこしから〉そだてる オムレツ



しかけをめくると、大へんしん! 『ドアをあけたら』しまだともみさんインタビュー

くろぞうとあおぞう

みんなの声(4人)

絵本の評価(4




全ページためしよみ
年齢別絵本セット